太上感応篇』(たいじょうかんのうへん)は、南宋初期に作られた道教の経典で、善行を勧め悪行を諫める善書の代表的な書物。

成立編集

道蔵の太清部に収める『太上感応篇』は30巻からなり、李昌齢の伝と鄭清之の賛が加えられている。吉岡義豊によるとこの李昌齢は『宋史』に載っている北宋の人ではなく、李石ともいう南宋紹興乾道年間(12世紀)の人である。また鄭清之(1176-1251)はそれより少し後の人物である[1]。30巻の大部分は李昌齢の伝であり、本文はごく短い。

『太上感応篇』の作者と正確な成立年は明らかでない。『宋史』では李昌齢の作とするが[2]、李昌齢は伝(注釈)を書いた人であって作者ではない。吉岡によると1164年に成立した李石『楽善録』に『太上感応篇』が全文引用されているので[3]それ以前の作であるという[1]

内容編集

『太上感応篇』は全文1274字[4]からなる。冒頭に「司過の神」が人間の罪の重さに応じて禍を与えること、三台・北斗神君などが罪を記録し、三尸竈神などが罪を報告することを記す。その後、善行と悪行を羅列しているが、悪行の方がはるかに多い。

内容は『抱朴子』の抜粋に近く、とくに内篇の対俗・微旨両編と関係が深い[5]

影響編集

道蔵本の序文によれば、『太上感応篇』は理宗による「諸悪莫作、衆善奉行」の題識を加えて出版された。

『太上感応篇』は善書の代表として流行し、図説なども作られ、民間の善書流通の基礎を作った。中期になると『太上感応篇』『陰隲文』『覚世真経』をあわせて三聖経と呼び、ひとまとめにして扱うようになった[6]

一方、茅盾の小説『子夜』では、『太上感応篇』が封建思想の象徴として使われている。

翻訳編集

『太上感応篇』は1816年にアベル・レミュザによってフランス語に翻訳された[7]。1891年にはジェームズ・レッグにより『東方聖典叢書』の一部として英語に翻訳された[8]

日本語訳(読み下し)は小柳司気太飯島忠夫『道教聖典』(1923年)に含まれる[9]

脚注編集

  1. ^ a b 吉岡(1989) pp.67-71
  2. ^ 『宋史』芸文志四・子部神仙類「李昌齢『感応篇』一巻」
  3. ^ 李昌齢『楽善録』巻四。
  4. ^ 道蔵本の跋による。実際の道蔵本は(明白な脱字である「敬老」2字を補って)1278字
  5. ^ 吉岡(1989) pp.80-90 に『抱朴子』との対応表がある
  6. ^ 酒井(1960) p.404
  7. ^ Le livre des récompenses et des peines. Paris: Chez Antoine-Augustin Renouard. (1816). https://archive.org/details/bub_gb_lMRx2UM_bfgC 
  8. ^ “The Thâi-Shang Tractate of Actions and Their Retributions”. The Sacred Books of the East. 40. Oxford: Clarendon Press. (1891). pp. 235-246. https://archive.org/details/sacredbooksofchi00laozuoft 
  9. ^ 小柳司気太飯島忠夫太上感應篇」『道教聖典』世界文庫刊行会〈世界聖典全集 後輯〉、1923年。

参考文献編集

  • 吉岡義豊「道教の研究」『吉岡義豊著作集』1、五月書房、1989年、1-277頁。ISBN 4772700846(もと法蔵館1952)
  • 酒井忠夫『中国善書の研究』弘文堂、1960年。

外部リンク編集