太伯(たいはく)・虞仲(ぐちゅう)は、中国王朝の古公亶父の子で兄弟。后稷を始祖とすることから、宗家と同じ(き)。紀元前12世紀紀元前11世紀頃の人物。二人とも季歴の兄、文王の伯父に当たる。

太伯は長男で、(句呉)の祖とされる人物。泰伯とも。

虞仲(ぐちゅう)は次男。仲雍、呉仲とも[1]

目次

経歴編集

古公亶父には長子・太伯、次子・虞仲、末子・季歴がいた。季歴が生まれる際に様々な瑞祥があり、さらに季歴の子の昌(文王)が優れた子であったので、古公亶父は「わが家を興すのは昌であろうか」と言っていた。

父の意を量った太伯と虞仲は、季歴に後を継がせるため荊蛮の地へと自ら出奔した。後になって周の者が二人を迎えに来たが、二人は髪を切り全身に刺青を彫って、自分たちは中華へ帰るに相応しくない人物だとしてこれを断った。

太伯は句呉(こうご)と号して国を興し、荊蛮の人々は多くこれに従った。この国は呉ともいわれる。太伯が死んだとき子がいなかったため、弟の虞仲(仲雍)が跡を継いだ。

武王は虞仲の曾孫・周章を改めて呉に封じ、その弟・虞仲(同名の別人)を北方の虞に封じた。これにより太伯・虞仲は呉と虞の二か国の祖となった。

評価編集

史記』では世家の第一に「呉太伯世家」を挙げているが、これは周の長子の末裔である呉に敬意を表したものであろう。

論語』泰伯篇では、季歴に地位を譲ったことについて孔子が「泰伯(太伯)はそれ至徳と謂う可きなり」と評価している。

日本での伝承編集

髪を短く切るのは海の中で邪魔にならないための処置であり、刺青をするのは模様をつけることで魚に対する威嚇となる。この二つの風習は呉地方の素潜りをして魚を採る民族に見られるという。歴代中国の史書でに関する記述にも同じような風習を行っていることが記されている。

中国では早くから、日本は太伯の末裔だとする説があり、たとえば『翰苑』巻30にある『魏略逸文や『梁書』東夷伝[2]などには、倭について「自謂太伯之後」(自ら太伯の後と謂う)とある[3]。同様の記述は李氏朝鮮の『海東諸国紀』や『日東壮遊歌』等にもある。

日本では、南北朝時代の禅僧・中巌円月が、日本を太伯の末裔だと論じたといわれている[4]。一方で北畠親房の『神皇正統記』応神天皇条は、「異朝ノ一書」に「日本ハ呉ノ太伯ガ後也ト云」とあるのを批判しており、室町時代の一条兼良も、『日本書紀纂疏』巻一で太伯末裔説を批判している[5]イエズス会宣教師ジョアン・ロドリゲスの『日本教会史』は、神武天皇は太伯の2番目の弟である季歴(虞仲と季歴を混同したものか)の第6代の子孫であるとしている[6]。江戸時代に入ってからは、儒学者林羅山が『神武天皇論』で神武天皇の太伯末裔説を肯定した[7]

なお、林羅山・鵞峰父子の編纂した『本朝通鑑』に、日本の始祖が太伯の末裔である、という記述があるのを見て憤慨した徳川光圀が『大日本史』を編纂させた、とする伝説があるが、これは事実ではない[8]

  • 九州宮崎県諸塚山には、句呉の太伯が生前に住んでいて、死後に葬られたという伝承がある。
  • 鹿児島神宮(大隅国隅正八幡)には、全国の神社で唯一、太伯が祭られている。
  • 新撰姓氏録』では、松野連(まつののむらじ)は呉王夫差の後とある。

脚注編集

  1. ^ 史記』「周本紀」では弟が虞仲とあるが、「呉世家」では仲雍とあり、『呉越春秋』呉太伯伝では一名呉仲とある。
  2. ^ 梁書 巻54 諸夷伝 倭(中国語版ウィキソース)「倭者,自云太伯之後,俗皆文身。」
  3. ^ 星野 1980, p. 4.
  4. ^ 星野 1980, pp. 1-5.
  5. ^ 星野 1980, pp. 5-6.
  6. ^ 星野 1980, pp. 12-15.
  7. ^ 星野 1980, pp. 1-18.
  8. ^ 尾藤正英 『元禄時代』 小学館〈日本の歴史 第19巻〉、1975年8月10日、189-194頁。ISBN 4-09-621019-6 

参考文献編集

  • 星野良作 『研究史 神武天皇』 吉川弘文館1980年11月1日 

関連項目編集