メインメニューを開く
飛行場の跡地にある西日本航空発祥の地の石碑

大刀洗陸軍飛行場(たちあらいりくぐんひこうじょう)は、現在の福岡県三井郡大刀洗町朝倉郡筑前町朝倉市にまたがる地域にあった日本陸軍飛行場

概要編集

1916年に陸軍が計画し、1919年10月に完成した飛行場。土地の選定理由として、中国大陸に向かう航空隊の中継基地の役割、海岸から距離があり敵艦隊の艦砲射撃の影響を受けないこと、飛行場に適した広大で障害物のない場所であることなどが考慮された[1]昭和12年頃より飛行場に付随する施設が増え、陸軍航空兵の飛行機操縦教育における拠点のひとつとなった[2]太平洋戦争終盤には本土防衛の一翼を担うが、アメリカ軍の空襲を受けて壊滅的な被害を受けた。

終戦後、飛行場用地は農地およびキリンビール福岡工場用地に転用された。当時の門柱や時計台(慰霊碑として改修)、監的壕、井戸が原地蔵公民館付近に保存されている。

また、1939年(昭和14年)に国鉄甘木線(現在の甘木鉄道甘木線)が開通したが、その目的はこの飛行場への物資輸送のためであった[3]

沿革編集

 
第5航空教育隊正門の門柱、元あった場所から少し東の大刀洗平和記念館の正面に移設されている。
  • 1919年(大正8年)10月 大刀洗陸軍飛行場完成。
    • 10月 航空第4中隊が所沢より移駐、11月には航空第4大隊に昇格。
  • 1922年(大正11年)11月 航空第4大隊は飛行第4大隊に改称。
  • 1925年(大正14年)4月 飛行第4大隊は飛行第4連隊に昇格。この時期台湾飛行第8連隊も同居していたため、当時日本最大の航空部隊の駐屯地であった。
  • 1929年(昭和4年)4月 民間の日本航空輸送株式会社が大刀洗支所を設置、1936年(昭和11年)に大刀洗から雁ノ巣飛行場に移転するまで、東京-大阪-大刀洗-釜山-京城-大連区間の郵便・荷物・旅客の取り扱いを行う。
  • 1939年(昭和14年)12月 第5航空教育隊開隊。
  • 1940年(昭和15年)2月 大刀洗航空支廠を設置、7月に大刀洗航空廠に昇格。
  • 1945年(昭和20年)2月 大刀洗陸軍飛行学校は第51航空師団に吸収。
    • 3月 アメリカ軍の空襲により被害甚大。
    • 7月 鹿児島の万世より飛行第66戦隊が移駐、北部九州の防衛に当たる。

沿革の内容は参考文献「証言大刀洗飛行場」P2-P3より抜粋

脚注編集

  1. ^ 「証言大刀洗飛行場」 P9
  2. ^ 「証言大刀洗飛行場」 P9
  3. ^ 大刀洗飛行場について”. 公益社団法人 朝倉青年会議所. 2018年4月24日閲覧。

参考文献編集

  • 飯田則夫『図説日本の軍事遺跡』〈ふくろうの本〉、河出書房新社、2004年。ISBN 4-309-76048-1
  • 大刀洗飛行場記録誌『証言 大刀洗飛行場』 福岡県筑前町 2010年

関連項目編集