太初(たいしょ)は、南北朝時代劉劭の治世に行われた元号453年。劉劭はもなく、正統と認められていないため、正史の元号に挙げられていない。3ヶ月ほどしか使われなかった。

出来事編集

  • 元嘉30年2月:皇太子劉劭、文帝を殺害し即位。踰年改元すべきとの意見があったが、西晋恵帝が即位とともに改号した例があるとの意見に従い、改元した。
  • 元年4月:武陵王劉駿により殺害。

西暦・干支との対照表編集

太初 元年
西暦 453年
干支 癸巳

関連項目編集


前の元号:
元嘉
中国の元号
宋 (南朝)
次の元号:
元嘉