太和(たいわ)は、五胡十六国時代後趙の君主石勒の治世に使用された元号。328年1月 - 330年8月。石勒は319年に王を自称し、元号は328年より使用を開始している。


西暦・干支との対照表編集

太和 元年 2年 3年
西暦 328年 329年 330年
干支 戊子 己丑 庚寅

参考文献編集

  • 李崇智『中国歴代年号考』(中華書局 2004年)

関連項目編集


前の元号:
中国の元号
後趙
次の元号:
建平