メインメニューを開く

太子太傅(たいしたいふ)は前漢以降の官職名。官秩は前漢では二千石で、後漢になると官秩が中二千石となった。

太子少傅と共にいにしえの官を引き継いだものとされ、皇太子の師となって教え導くことが職務とされた。

続漢書』百官志によると太子太傅は属官を持たず、太子門大夫、庶子等の属官は太子少傅に属した。

参考文献編集

巻19上百官公卿表上

百官志四