メインメニューを開く

太子道

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

太子道(たいしみち)とは、日本の古代道路街道のうち、聖徳太子が通ったとされ、その通称がつけられたものをさす。

主なものとして、

などがある。

その他編集