太川陽介

日本の俳優、タレント、歌手

太川 陽介(たがわ ようすけ、1959年昭和34年〉1月13日 - )は、サンミュージックプロダクションに所属する日本俳優タレント司会者、元アイドル歌手である。京都府中郡大宮町(現:京丹後市)出身。身長171cm。血液型はA型。妻は女優の藤吉久美子

太川たがわ 陽介ようすけ
太川陽介(2023年7月23日撮影)
基本情報
出生名 坪倉 育生
(つぼくら いくお)
生誕 (1959-01-13) 1959年1月13日(65歳)
出身地 日本の旗 日本京都府京丹後市
学歴 日本学園高等学校卒業
ジャンル 俳優
タレント
歌手
活動期間 1976年 -
事務所 サンミュージックプロダクション
公式サイト サンミュージック公式

来歴・人物 編集

1975年に公開された桜田淳子主演映画『スプーン一杯の幸せ』の相手役オーディションに応募するも、そのときすでに締め切りを過ぎていたため選外となった。しかし、その履歴書がスタッフの目に留まったことが芸能界デビューのきっかけとなった[1]。上京にあたり、京都府立峰山高等学校から日本学園高等学校へ転校[2]

1976年、「陽だまりの中で」でレコードデビュー。デビュー時のキャッチフレーズは「昇れ!太陽くん」。芸名は都倉俊一によるものといわれているが、実はサンミュージックプロダクション創業者の相澤社長が決めたもので、「太陽という文字を入れてみました」とのことで[1]、「介」は文字の形が末広がりで縁起がいいと思ったからということである[1]

 
「ルイルイ」のジェスチャー

1977年、3曲目の「Lui-Lui」が太川自身最大のヒット曲となり、同年暮れの第19回日本レコード大賞をはじめ、各音楽大賞の新人賞を総なめにした。歌詞の最後で「Lui-Lui(ルイルイ)!」と叫ぶポーズが、太川のトレードマークとなっている。1979年よりNHK総合レッツゴーヤング」の司会を務めるなど、昭和50年代を代表するアイドルであった。明るい曲調でヒットした「Lui-Lui」の次の曲が硬派路線の「Cry Cry Cry」だった。太川は「ルイルイの後はクライを三連発する曲となったけど、本当はB面の方が明るい曲でそちらを歌いたかった」と語ったことがある。

その後、アイドル歌手から主にタレント・司会者・俳優業に転向、1989年のミュージカル『エニシング・ゴーズ』に起用されたこと[3]がきっかけで舞台俳優として頭角を現す。舞台版の『細雪』では1998年より「啓坊」こと奥畑啓三郎役を演じている。もともとアイドルとしては茶目っ気や庶民性を前面に出すタイプであったこともあり、ホームドラマやコメディに適した俳優としてNHKなどでは特に厚遇された。ラジオパーソナリティ、旅番組などでも幅広く活動している。

1995年、女優の藤吉久美子と結婚(太川は初婚だったが藤吉は再婚)。2001年には長男が誕生した。芸能界のおしどり夫婦として有名で、なれそめは1994年にNHK大阪で藤山直美主演のドラマ新銀河『大阪で生まれた女やさかい』の撮影で共演したことだった。撮影終了後に新大阪駅に向かうタクシーで相乗りし、そのまま新幹線で東京まで一緒に帰り食事をして交際につながった。ちなみに前述のドラマでは、二人が一緒に出てくるシーンは一度しかなかった。また、それ以前はお互い顔と名前を知る程度で特に面識はなかったという[4]

2007年10月から2017年1月まで蛭子能収とともに『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』に出演していた。太川のリーダーシップと計画性、さらにはチームメンバーに対する細やかな気遣いには定評があった。なかでも正反対の性格である蛭子とのやりとりが好評で、ベストコンビといわれていた。このことは業界でも高く評価されており、水道橋博士は「蛭子さんを扱えるのは太川さんだけ」「自分たちの中で太川さんの何が凄いかといったら、蛭子さんと3泊4日一緒に過ごせること。なおかつ番組として成立させられてしまうのだから本当に凄い」と、評価していた。これは問題行動や問題発言をよく繰り返す蛭子にうまく対処できない人が多いからであった(だからといって、それでも常に蛭子をコントロールできていたというわけではなく、道中で蛭子の心無い一言に激怒して感情的になったりしていた[5] のは日常茶飯事)。

ぶらり途中下車の旅」の旅人としても長く活躍しており、旅番組のイメージが強い[6]。また、近年では旅番組にかぎらず太川が出演すると視聴率が跳ね上がることが多く、業界内では「太川は何かを持っている」という評価をもたれているとされる[7]

実家は丹後ちりめんの卸販売をしている株式会社つぼりゅう[1]香川県高松市に叔母がいる。

2017年6月27日、「京丹後市観光大使」に就任[8]

2017年12月14日、妻で女優の藤吉と大阪・朝日放送の50歳代既婚男性プロデューサーとのダブル不倫疑惑を報じられ、謝罪会見を行った[9]

「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅」シリーズでは、太川(バス)チームのリーダーを務める。

ディスコグラフィ 編集

シングル 編集

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
ビクター
1 1976年
12月20日
A面 陽だまりの中で いではく 穂口雄右 SV-6140
B面 握手でグッバイ 樹里久美
2 1977年
4月5日
A面 南風 石原信一 穂口雄右 高田弘 SV-6197
B面 きみにときめきすぎて
3 1977年
7月5日
A面 Lui-Lui 都倉俊一 SV-6253
B面 銀の糸
4 1977年
10月25日
A面 Cry Cry Cry 杉山政美 都倉俊一 田辺信一 SV-6307
B面 恋の五線紙 都倉俊一
5 1978年
2月5日
A面 もって行け思い出 中村泰士 高田弘 SV-6362
B面 春にふられて 森雪之丞 小笠原寛
6 1978年
4月25日
A面 ヨーヨー 杉山政美 筒美京平 船山基紀 SV-6404
B面 ドクター・ラブ
7 1978年
7月5日
A面 ぼくの姉さん 上條恒彦 桑原研郎 高田弘 SV-6448
B面 君に夢中さ 馬場孝幸
8 1978年
8月25日
A面 それはないよお嬢さん 杉山政美 筒美京平 船山基紀 SV-6463
B面 秋風によろしく
9 1979年
2月5日
A面 ビーナス・イン・ブルージン 山川啓介 馬飼野康二 SV-6544
B面 さらば愛しき女よ
10 1979年
5月25日
A面 ムーンライト・カーニバル 森雪之丞 平尾昌晃 あかのたちお SV-6589
B面 SOLO SOLO 三浦徳子 梅垣達志
11 1979年
10月25日
A面 走れ!江の電 藤公之介 小笠原寛 SV-6642
B面 コンサートのあとで 保富康午 岩久茂 松井忠重
12 1980年
2月21日
A面 おとぎ話 太川陽介 福留順一 SV-6690
B面 母恋歌 荒木とよひさ 小笠原寛
13 1980年
5月21日
A面 心の翼 小椋佳 戸塚修 SV-7001
B面 止してもらいたい 青木望
14 1981年
4月21日
A面 そこに微笑みが 太川陽介 馬場孝幸 松井忠重 SV-7108
B面 静かな夜 窪田万梨 こすぎやすお
ワーナー・パイオニア
15 1985年
9月25日
A面 Hey,ミスター・バイク![10] SHOW 小田裕一郎 入江純 L-1714
B面 (インストゥルメンタル) -

アルバム 編集

オリジナル・アルバム 編集

ベスト・アルバム 編集

  • 太川陽介 ベスト・ヒット・アルバム(1978年発売)〈全14曲〉
  • 青春の軌跡(1980年発売)〈全14曲〉
  • 太川陽介 ゴールデン☆ベスト(2007年9月21日発売)〈全21曲、初CD化19曲〉
  • サンライズ・ベスト(2019年3月6日発売)〈CD+DVDの2枚組。全19曲、初CD化16曲〉

タイアップ曲 編集

楽曲 タイアップ
1978年 ぼくの姉さん NHK銀河テレビ小説「ぼくの姉さん」主題歌
1980年 おとぎ話 日本テレビ系テレビドラマ「おだいじに」挿入歌
心の翼 日本テレビ系テレビドラマ「猿飛佐助」EDテーマ
1981年 そこに微笑みが 日本テレビ系テレビドラマ「かくれんぼ」主題歌
静かな夜 日本テレビ系テレビドラマ「かくれんぼ」挿入歌

出演 編集

映画 編集

Vシネマ 編集

音楽番組・バラエティー番組 編集

情報番組・教養番組 編集

テレビドラマ 編集

ラジオ 編集

舞台 編集

CM 編集

吹き替え 編集

書籍 編集

  • ルイルイ仕切り術:人生も会社も路線バスの旅も成功に導く40のツボ (小学館 ISBN 978409-3108287 2014年9月8日発売)

脚注 編集

  1. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1984年2月24日号「芸名由来記」56頁
  2. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1988年7月8日号「プロフィール」44頁
  3. ^ 32年ぶりの新曲で“CDデビュー”!太川陽介 歌謡リミテッド、2014年12月17日
  4. ^ “太川陽介 妻・藤吉久美子との出会いについてWikiの誤り指摘”. NEWSポストセブン. (2014年9月15日). http://www.news-postseven.com/archives/20140915_275909.html 2014年9月15日閲覧。 
  5. ^ 第12弾で蛭子の発言に激怒し、番組途中で「もう今回で最後にしよう、最終回です」と言い放ち、第16弾でも蛭子が太川の失敗を揶揄したことに激怒し「どういうことだよ、それは!」と言い放つなど、シリーズ終了の危機に見舞われたことが2度あった。詳細は当該項目参照。
  6. ^ ぶらりでは2019年1月に還暦を迎えた後の放送日(2月9日)に獨協大学前駅で途中下車した後、カヌーを走って追いかけるシーンがあり、還暦とは思えない姿を見せていた。
  7. ^ “太川陽介 旅番組が高視聴率連発で「何か持っている」の声も”. NEWSポストセブン. (2013年11月10日). http://www.news-postseven.com/archives/20131110_225904.html 2016年11月1日閲覧。 
  8. ^ 太川陽介さんの京丹後市観光大使任命式をYouTubeにアップ!”. 京丹後市公式Facebook. 2023年1月20日閲覧。
  9. ^ 「バカモン」一喝太川陽介、離婚は「しない」”. スポーツ報知 (2017年12月15日). 2017年12月15日閲覧。
  10. ^ デュエット:古川登志夫。「白バイ野郎パンチ&ボビー」のエンディング曲として使用
  11. ^ 太川陽介&蛭子能収「バス旅」、映画化決定! 三船美佳をヒロインに台湾へ”. シネマカフェ (2015年11月10日). 2015年11月10日閲覧。
  12. ^ 番組では「テクニカル問題」が得意であり、土居まさるからは「テクニカル王子」と呼ばれた。
  13. ^ レギュラー降板後の1989年5月7日(第481回)放送分にゲスト出演。
  14. ^ 1989年10月15日放送の「500回記念大会」には東ちづるとペアで出演した。
  15. ^ “太川陽介が「ベストテン」で30年ぶり歌番組司会”. 日刊スポーツ. (2016年9月21日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1713009.html 2016年9月21日閲覧。 
  16. ^ “太川陽介&蛭子能収コンビが復活 テレ東ゴールデンで“レギュラー旅番組”決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2130608/full/ 2019年3月1日閲覧。 
  17. ^ ローカル路線バスVSローカル鉄道乗り継ぎ対決旅3 富岡製糸場~松本城”. テレビ東京. 2021年1月18日閲覧。
  18. ^ 第13弾では舞台公演への出演ため欠席。
  19. ^ ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 ~春の伊豆半島から富士山へ!路線バスで陣取り合戦!~”. テレビ東京. 2021年1月18日閲覧。
  20. ^ ローカル路線バス対決旅 路線バスで鬼ごっこ! 群馬・高崎~伊香保温泉”. テレビ東京. 2021年4月7日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集