メインメニューを開く

太物(ふともの)は、和服用の織物の呼称の一つ。絹織物に対して綿織物麻織物を太物と称した[1]

着物、すなわち本義としての呉服があり、その繊維と比較して太い木綿を主として、を太物と呼んだ。

江戸時代からの呉服商の看板に「呉服 太物商」の表記が見られる[2]

2000年代現在では、呉服・太物を区分する例は少なく[3]、 一般的に呉服や和服・着物が、素材の種別を問わず総称として使用されることが多い。

また、繊維の種類も多様化しているため、昭和時代以降の太物といえば、ウールも包含される。

脚注編集

  1. ^ 日本国語大辞典(小学館
  2. ^ 石川英輔 2009, p. 118.
  3. ^ 日本大百科事典(小学館)

参考文献編集

  • 石川英輔『実見江戸の暮らし』講談社、2009年。ISBN 9784062159357
  • 鳥居清長『恵美須屋見世先図』江戸東京博物館所蔵、江戸中期。

関連項目編集

外部リンク編集