メインメニューを開く

太田ダム(おおたダム)は、兵庫県神崎郡神河町市川水系太田川に建設されたダム関西電力発電用ダムで、太田第一ダム・太田第二ダム・太田第三ダム・太田第四ダム・太田第五ダム(いずれもロックフィルダム)の総称である。ダム湖(人造湖)の名は太田池(おおたいけ)という。

太田ダム
(太田第一/第二/第三/第四/第五ダム)
太田池
左岸所在地 兵庫県神崎郡神河町南小田
位置 (太田第一ダム)
北緯35度07分27秒
東経134度41分54秒

(太田第二ダム)
北緯35度07分23秒
東経134度42分06秒

(太田第三ダム)
北緯35度07分46秒
東経134度42分17秒

(太田第四ダム)
北緯35度07分53秒
東経134度42分09秒

(太田第五ダム)
北緯35度07分28秒
東経134度41分48秒
河川 市川水系太田川
ダム湖 太田池
ダム諸元
ダム型式 中央土質遮水壁型ロックフィルダム
堤高 55.5 / 44.5 / 23.5 / 29.3 / 26.5 m
堤頂長 175.3 / 397.1 / 208 / 406 / 101.5 m
堤体積 645,000 / 987,000 / 159,000 / 517,000 / 113,000
流域面積 1.64 km²
湛水面積 64 ha
総貯水容量 10,150,000 m³
有効貯水容量 8,660,000 m³
利用目的 発電
事業主体 関西電力
電気事業者 関西電力
発電所名
(認可出力)
大河内発電所 (1,280,000kW)
施工業者 青木建設清水建設熊谷組五洋建設森本組
着手年/竣工年 1980年/1995年
出典 [1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

太田池は、明治時代、南小田発電所(みなみおだはつでんしょ。南小田第一発電所、南小田第二発電所の総称)の貯水池として建設された[2]関西電力は、この周囲に5基のダムを建設することで拡張し、同社の揚水水力発電所・大河内発電所(おおかわちはつでんしょ)の上池として利用している。

南小田第一発電所編集

姫路水力電気(1926年3月に中国水力電気と合併して中国合同電気[3](現在の関西電力中国電力))により建設された水路式発電所[4]、最大出力1450キロワット。1909年(明治42年)12月運用開始[5][6]

南小田第二発電所編集

姫路水力電気により建設された水路式発電所で、最大出力720キロワット。1919年(大正8年)5月運用開始[5][6]

大河内発電所編集

関西電力により建設された揚水水力発電所で、下池・長谷ダム(はせダム)との間で水を往来させ、最大128万キロワットの電力を発生する。1992年(平成4年)運用開始。

 
太田第五ダム右岸広場より望む太田池
左から順に太田第四ダム・太田第三ダム・大河内発電所取水口・太田第二ダム・太田ダム管理所・太田第一ダム。なお、さらに右側には太田第五ダムが見えるはずであるが、写真に収めきらなかった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ダム湖名・総貯水容量・流域面積・電気事業者・発電所名については「太田ダム周辺案内図」(現地案内板)、その他については「ダム便覧 [1] [2] [3] [4] [5]」による(2011年12月30日閲覧)。
  2. ^ ぷらっと快適ドライブ「高原ライン」”. 神河町. 2011年12月2日閲覧。
  3. ^ “全土を包む送電網中国電気界の趨勢”. 神戸新聞. (1927年8月31日). http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00056841&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1 2012年1月18日閲覧。 (神戸大学 電子図書館システム)
  4. ^ “姫電市営か”. 神戸新聞. (1919年2月1日). http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00096919&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1 2012年1月18日閲覧。 (神戸大学 電子図書館システム)
  5. ^ a b 発電機出力および発電電力量にかかるデータ(120発電所)”. 関西電力. 2012年1月5日閲覧。
  6. ^ a b 15.1 発電所・発電量(兵庫県統計書 平成21年(2009年))”. 兵庫県. 2012年1月5日閲覧。
  7. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1976年度撮影)

関連項目編集

外部リンク編集