太田 光(おおた ひかる、1996年10月14日 - )は、岡山県倉敷市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

太田 光
東北楽天ゴールデンイーグルス #2
EOhta2.jpg
(2019年2月23日 沖縄セルラースタジアム那覇にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県倉敷市
生年月日 (1996-10-14) 1996年10月14日(23歳)
身長
体重
178 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2018年 ドラフト2位
初出場 2019年6月7日
年俸 1,450万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

倉敷市立連島東小学校2年時に西浦少年野球から軟式野球を始め、小学5年時に捕手を始める。倉敷市立連島中学校では倉敷ドリームボーイズに所属した[2]

広陵高校進学後、2年秋から4番キャッチャーに定着し、3年夏は決勝で今春の甲子園に出場した広島新庄高校を破り第96回全国高等学校野球選手権大会に出場したが、初戦の三重高校戦で延長11回サヨナラ負けを喫した[3]

大阪商業大学では1年春から正捕手としてレギュラーを獲得し、1年春は打率1割だったが岡田明丈らをリードし、チーム防御率1.50を記録し投手陣を盛り立て、関西六大学野球リーグ優勝に貢献。最優秀選手賞を獲得した[4]第64回全日本大学野球選手権大会では打撃でも打率.333(12打数4安打)で大商大32年ぶりのベスト8に貢献した。その後も1年秋、3年春秋、4年春と4度ベストナインを受賞し、8季中6回リーグ優勝に貢献[5]。特に4年の春は打率.522を記録し、首位打者に輝いた[6]。4年秋は下級生に経験を積ませるために指名打者での出場が多くなった[7]。3学年先輩には吉持亮汰、同期には滝野要がいる。

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受け[8]、11月12日に契約金7000万円、年俸1200万円で契約した[9]背番号2

楽天時代編集

2019年はキャンプを一軍で迎える[10]。開幕は二軍で迎えたが、6月7日に一軍に昇格し、その日の中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)では8回表に代打として初出場した。6月8日の中日戦で7番捕手として先発出場した。[11]。正捕手の嶋基宏が故障や不振で一軍を外れる機会が増える中、堀内謙伍と捕手の枠を争う事となり、最終的に一軍の試合には55試合に出場した。

2020年は嶋の退団、ポジションを争った堀内が手術による出遅れによってオープン戦から率先的に起用されるようになり、2年目ながら開幕スタメンマスクを被ることになった。

選手の特徴編集

  • 二塁送球1.9秒台を誇る強肩キャッチャー[5]。遠投115メートル[12]。広陵高校の先輩小林誠司が使用しているミットと全く同じものを貰っており、新人時の春季キャンプでは使用していた[13]

人物編集

  • 漫才コンビ・爆笑問題太田光(おおた ひかり)と読み方が違うものの同姓同名であることが話題になった。ドラフト後の会見時にも「太田光と言えば断然、爆笑問題さん。それが自分に変わるぐらいになりたい」と語っている[15]。爆笑問題がパーソナリティを務めるラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)には、広陵高校時代(2014年8月31日)に父親が電話出演。ドラフトで楽天に指名された際(2018年10月28日)には本人が事前収録でメッセージを寄せた。その際に爆笑問題・太田は「申し訳ない。同じ名前で嫌な思いしてきたと思う」としながらもエールを送っている[16]。2019年12月29日にはスタジオ生出演し、爆笑問題・太田と初めて対面した[17]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2019 楽天 55 112 96 10 21 2 0 1 26 6 1 0 8 0 7 0 1 23 2 .219 .279 .271 .550
通算:1年 55 112 96 10 21 2 0 1 26 6 1 0 8 0 7 0 1 23 2 .219 .279 .271 .550
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



捕手






















2019 楽天 53 261 31 3 3 .990 2 38 24 14 .368
通算 53 261 31 3 3 .990 2 38 24 14 .368
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

初記録

背番号編集

  • 2(2019年 - )

脚注編集

  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2019年12月12日閲覧。
  2. ^ 阪神なども熱視線 大商大・太田は「勝てる捕手」壮行会で日本一宣言 スポニチアネックス 2018年5月31日配信
  3. ^ 広陵 対 三重
  4. ^ 『ホームラン ドラフト直前! アマ球界ヒーローズ200人』廣済堂、2018年、77頁。
  5. ^ a b 太田光(東北楽天ゴールデンイーグルス)週刊ベースボールONLINE
  6. ^ <ドラフト>楽天2位 太田光捕手(大商大)「打てる捕手目指す」 河北新報 2018年10月26日配信
  7. ^ 大商大・太田光「入学してからない」10点差完敗 日刊スポーツ 2018年9月16日配信
  8. ^ 楽天2位に大商大・太田光! “同姓同名”爆問超えだ日刊スポーツ 2018年10月25日掲載
  9. ^ 2位太田と入団合意=プロ野球・楽天時事ドットコム 2018年11月12日掲載
  10. ^ ドラ1辰己ら新人6人が1軍メンバー/楽天キャンプ日刊スポーツ 2019年1月16日掲載
  11. ^ 楽天 ルーキーズそろい踏み!平石監督「勇気を持って思い切りやってくれれば」スポーツニッポン 2019年6月8日掲載
  12. ^ https://yakyutaro.jp/p/?h=yJSTtNrnYd
  13. ^ 【楽天】ドラ2・太田、高校先輩のG小林との“初対戦”心待ち - スポーツ報知 2019年2月23日掲載
  14. ^ 広陵 対 済美
  15. ^ 【楽天】爆笑問題・太田光と同姓同名の大商大・太田、ドラ2指名に「番組に呼んでもらえるぐらい結果を出す」 - スポーツ報知 2018年10月16日掲載
  16. ^ 爆問・太田、楽天D2位の太田光に「申し訳ない。同じ名前で嫌な思いしてきたと思う」 - サンケイスポーツ 2018年10月29日掲載
  17. ^ 爆笑問題『太田光』×楽天ゴールデンイーグルス『太田光』 ついにこの二人が初対面!”. 爆笑問題の日曜サンデー. TBSラジオ (2019年12月22日). 2020年2月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集