メインメニューを開く

太田 彪雅(おおた ひょうが、1997年12月9日 - )は、日本柔道家栃木県栃木市出身。階級は100kg超級。身長178cm。体重115kg。段位は初段。組み手は右組み。得意技は内股。現在は東海大学に在学[1]。2020年春からは旭化成への所属が内定している[2]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
グランドスラム
2018 エカテリンブルグ 100kg超級
2016 東京 100kg超級
ユニバーシアード
2017 台北 無差別
世界カデ
2013 マイアミ 90kg超級
アジアジュニア
2015 バンコク 100kg超級

目次

経歴編集

柔道は7歳の時に岩舟柔道会で始めた[1]。小学校6年生の時には全国少年柔道大会で優勝すると、全国小学生学年別柔道大会50kg超級でも優勝を飾った[1]。足利第一中学3年の時には全国中学校柔道大会90kg超級で優勝を成し遂げた[1]白鴎大足利高校に進むと、1年の時には全日本カデで優勝した[1]世界カデでも準決勝までは全て一本勝ち、決勝もボスニアヘルツェゴビナの選手を指導1で破って優勝を果たした[3][4]全国高校選手権の無差別では準決勝で修徳高校3年の小川雄勢に指導2で敗れて3位になると、団体戦でも決勝の大将戦において小川に指導2で敗れて2位に終わった[1]。2年の時には全国高校選手権の無差別で優勝を飾った[5]。3年の時にはインターハイで個人戦、団体戦ともに5位に終わった。全日本ジュニアでは3位に入った[1]アジアジュニアでは優勝を飾った[1]

2016年には東海大学へ進学した[1]。1年の時には6月の優勝大会で優勝を飾った[6]。9月の全日本ジュニアでは初優勝を飾った[7]。11月の講道館杯では3回戦で世界選手権2位である九州電力七戸龍に反則勝ちするなどして決勝まで進むが、大学の5年先輩となる王子谷剛志に指導3で敗れて2位だった[8]。12月のグランドスラム・東京では準決勝で王子谷に指導で敗れて3位だった[9]。2017年2月のヨーロッパオープン・ローマでシニアの国際大会初優勝を飾った[10]

2年の時には4月の体重別準決勝で大学の5年先輩である旭化成王子谷剛志支釣込足で敗れて3位だった[11]。6月の優勝大会では決勝の明治大学戦で小川雄勢を大内刈の技ありで破ってチームの優勝に貢献した[12][13]。8月のユニバーシアード無差別では決勝でエストニアのジュハン・メティスを破るなどオール一本勝ちで優勝を飾った。団体戦では準々決勝のドイツ戦に出場して一本勝ちすると、その後チームも優勝を飾った[14][15][16]。9月には嘉納治五郎記念ウラジオストク日露ジュニア柔道交流大会に出場すると、決勝で地元ロシアの選手を技ありで破って優勝した[17]。2018年3月のグランドスラム・エカテリンブルグでは決勝まで進むと、100㎏級の元世界2位であるオランダのヘンク・フロルに反則勝ちしてIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[18][19]

3年の時には4月の体重別初戦で小川に反則負けを喫した。続く全日本選手権では3回戦で日本大学1年の山口貴也にGSに入ってから内股で敗れた[20]。6月の優勝大会では決勝で筑波大学と対戦すると、中堅戦で一本勝ちするも大将戦で村田大佑が敗れて1-1に追いつかれるが、代表戦で81kg級の佐々木健志を払腰で破ってチームを3連覇へ導いた[21]。9月の学生体重別では決勝で国士舘大学3年の竹村昂大を体落で破って優勝を飾った。この際に、「世界に挑戦するためにまずは国内(制覇が目標)。講道館杯で優勝を目指したい」とコメントした[22][23]。11月の講道館杯では準決勝で大学の2年先輩であるJRA影浦心に敗れて3位だった[24]。2019年3月のグランドスラム・エカテリンブルグでは2回戦でイスラエルのオル・サッソンに反則負けを喫した[25]

4月の体重別では準決勝で日本製鉄佐藤和哉に技ありで敗れて3位だった[26]。続く全日本選手権では3回戦で国士舘大学3年の飯田健太郎大内返、準々決勝で百五銀行原沢久喜をGSに入ってから袖釣込腰の技ありで破るも、準決勝で千葉県警加藤博剛巴投げで敗れた[27]。6月の優勝大会では決勝の筑波大学戦で一本勝ちするなどしてチームの4連覇に貢献した[28]

IJF世界ランキングは1100ポイント獲得で34位(19/4/22現在)[29]

戦績編集

90kg超級での戦績

100kg超級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 「柔道全日本強化選手名鑑 2019」近代柔道 ベースボールマガジン社、2019年4月号
  2. ^ 立川、太田が旭化成へ 柔道男子のホープ サンケイスポーツ 2019年6月24日
  3. ^ 男子90キロ超級で太田がV  世界カデ選手権 MSN産経ニュース 2013年8月12日
  4. ^ 悔しさが生んだ激しい闘志 柔道界の逸材・太田彪雅選手 MSN産経ニュース 2014年1月11日
  5. ^ 柔道:高校日本一、太田選手が足利市長に報告 「東京五輪はオール一本勝ちで金!」
  6. ^ 東海大が2年ぶり21度目V!全日本学生優勝大会/柔道[リンク切れ] サンケイスポーツ 2016年6月26日
  7. ^ 平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  8. ^ 平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  9. ^ Judo Grand-Slam Tokyo 2016[リンク切れ]
  10. ^ 100キロ超級は太田が優勝、81キロ級で藤原が3位 欧州OP/柔道 サンケイスポーツ 2017年2月20日
  11. ^ 平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  12. ^ 平成29年度全日本学生柔道優勝大会[リンク切れ]
  13. ^ 東海大が明大下し2連覇、史上最多22度目V 柔道 - 柔道 日刊スポーツ 2017年6月25日
  14. ^ 柔道で金メダル4個=体操野々村は平行棒制す-ユニバーシアード 時事通信 2017年8月23日
  15. ^ 柔道団体、男女とも金 時事通信 2017年8月24日
  16. ^ Daily Competition Schedule Judo
  17. ^ Jigoro Kano International Judo Tournament
  18. ^ 藤原、太田、高山が優勝 GSエカテリンブルク大会/柔道 サンケイスポーツ 2018年3月19日
  19. ^ Grand Slam Ekaterinburg 2018
  20. ^ 平成30年全日本柔道選手権大会
  21. ^ 太田、エースの活躍 東海大がV3/柔道 サンケイスポーツ 2018年6月24日
  22. ^ 太田が100キロ超級制す=全日本学生体重別柔道 時事通信 2018年9月30日
  23. ^ 太田、成長示す体落とし「大学入ってから教えてもらった」/柔道 サンケイスポーツ 2018年9月30日
  24. ^ 平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  25. ^ Grand-Slam Ekaterinburg 2019
  26. ^ 平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  27. ^ 平成31年全日本柔道選手権大会
  28. ^ 東海大が4連覇=全日本学生柔道 時事通信 2018年9月30日
  29. ^ World ranking list

外部リンク編集