太田 昇(おおた のぼる、1951年昭和26年)8月25日[1] - )は、日本政治家岡山県真庭市長(3期)。元京都府副知事

太田 昇
おおた のぼる
生年月日 (1951-08-25) 1951年8月25日(71歳)
出生地 岡山県久世町(現:真庭市
出身校 京都大学法学部
前職 京都府副知事
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2013年4月24日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

岡山県真庭郡久世町(現:真庭市)出身。1975年(昭和50年)3月、京都大学法学部卒業。同年4月、京都府庁に入庁。2010年(平成22年)5月、山内修一とともに京都府副知事に就任[2]

2013年(平成25年)2月、副知事を辞職。同年4月に行われた真庭市長選挙に出馬し無投票で初当選。4月24日、市長に就任[3]

2017年(平成29年)1月11日、東京での出張中に総務省から宿泊先への移動の途中、地下鉄の駅で階段を踏み外して左腕を骨折する3カ月の重傷を負い入院し手術を受けた(職務代理者は置かない)[4]。同年4月、無投票で再選。

2021年、無投票で3選[5]

市政編集

  • 2021年12月1日、LGBTなど性的少数者のカップルが婚姻に相当する関係にあると認める「パートナーシップ宣誓制度」の運用を開始した[6]。事実婚のカップルも制度の対象に含めたのは県内で初めて[7]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集