メインメニューを開く
太田朝敷
尚昌侯爵帰朝祝賀会。前列左2人目が太田、右隣は尚昌、その右隣は漢那憲和

太田 朝敷(おおた ちょうふ、1865年5月2日尚泰18年4月8日) - 1938年昭和13年)11月25日[1]は、沖縄新聞人政治家。慶應義塾で福沢諭吉の薫陶を受ける。琉球新報(戦前)の設立に参画し、のちに社長となる。また言論人としては沖縄県の本土への同化を強く唱えた。著書に『沖縄県政五十年』など。

来歴編集

同化主義的言論編集

太田は日清戦争で親中派の頑固党に対し、親日的開化党の立場で論陣を張り、その後、一貫して沖縄の本土への同化を強く訴えた。[3][4] 太田は1900年の講演で「沖縄今日の急務は何であるかと云へば、一から十まで他府県に似せることであります。極端にいへば、クシャミすることまで他府県の通りにすると云う事であります」[5]と極端な同化主義を唱えている。

人類館事件への対応編集

1903年、大阪で開かれた第五回内国勧業博覧会の際、その周辺で「学術人類館」という見世物小屋が建てられ、琉球人女性がアイヌ人、台湾人、朝鮮人、中国人、インド人、ハワイ人などとともに「陳列」される事件が起こった。これに対し、韓国や中国の留学生が抗議の声をあげ、太田も琉球新報紙上で「隣国の対面を辱めるものである」と批判したが、一方で「琉球人が生蕃(台湾先住民)やアイヌと同一視され、劣等種族とみなされるのは恥辱」と差別意識丸出しの論評を行なった。[6]

記念切手のモデル編集

琉球郵便1953年10月1日発行の新聞週間記念切手に太田の肖像があしらわれている。デザイン洋画家大城皓也[7]

参考文献編集

  • 石田正治大田朝敷における愛郷主義とナショナリズム(一)」『法政研究』66(3), 885-932, 1999-12-20.
  • 石田正治大田朝敷における愛郷主義とナショナリズム(二)」『法政研究』66(4), 1443-1498, 2000-03-27.
  • 石田正治大田朝敷における愛郷主義とナショナリズム(三・完)」『法政研究』67(1), 93-143, 2000-08-10.
  • 石田正治沖縄における近代化の希求:太田朝敷の論説を中心として」『法政研究』64(1), 21-100, 1997-07。
  • 石田正治沖縄ジャーナリズムの源流・太田朝敷を語る」『月刊・琉球フォーラム』第145号、2005年。
  • 比屋根照夫・伊佐眞一編集、琉球新報監修『太田朝敷選集 全3冊』第一書房、1993-1996。ISBN 978-4-8042-0063-7 ISBN 978-4-8042-0101-6 ISBN 978-4-8042-0104-7

脚注編集

  1. ^ 沖縄コンパクト事典”. 琉球新報 (2003年3月1日). 2011年11月11日閲覧。
  2. ^ 沿革”. 琉球新報. 2011年11月11日閲覧。
  3. ^ 琉球新報
  4. ^ 石田正治「大田朝敷における愛郷主義とナショナリズム(一)」
  5. ^ 杉山貴昭「沖縄のアイデンティティ 独立論・復帰論・反復帰論」より引用。太田の著作権は死後70年を経過しており、消滅。
  6. ^ 新城俊昭『教養講座 琉球・沖縄史』編集工房東洋企画
  7. ^ 沖縄郵政管理事務所編『琉球郵政事業史』494ページ