メインメニューを開く

太田 泰彦(おおた やすひこ、1961年2月 - )は、日本ジャーナリスト日本経済新聞論説委員編集委員ボーン・上田記念国際記者賞受賞。

目次

人物・経歴編集

東京都出身。北海道大学理学部物理化学専攻卒業。マサチューセッツ工科大学大学院科学技術公共政策専攻修了。1985年日本経済新聞社入社。1998年経済部編集委員。2000年フランクフルト支局長。2004年から論説委員兼国際部編集委員を務め[1]シンガポールに駐在。中華人民共和国一帯一路構想の検証報道などで、2017年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞[2]

著書編集

  • 『プラナカン 東南アジアを動かす謎の民』日本経済新聞出版社 2018年

出典編集

外部リンク編集