メインメニューを開く

太田 浩(おおた ひろし、1964年 - )は日本教育学者。専門は、比較教育学教育社会学一橋大学国際教育センター教授ケルン大学客員教授、インドネシア大学客員教授、留学生教育学会副会長等も務める。

人物・経歴編集

福岡県生まれ。1987年國學院大學法学部卒業。学校法人東洋大学国際交流センター職員を経て、2001年ニューヨーク州立大学バッファロー校教育学大学院教育政策研究科修士課程修了、教職修士。同大学助手を経て、2008年ニューヨーク州立大学バッファロー校教育学大学院教育政策研究科博士課程比較・国際教育学専攻修了、博士(教育学)Ph.D.)。2002年一橋大学大学院商学研究科専任講師、2007年一橋大学国際戦略本部准教授、2009年教授、2010年一橋大学国際教育センター教授、2011年一橋大学大学院言語社会研究科教授併任。2013年留学生教育学会副会長。2014年インドネシア大学大学院日本地域研究科客員教授日本学生支援機構客員研究員、2015年ケルン大学経営・経済・社会科学部客員教授、東京大学大学院教育学研究科非常勤講師、2017年サクロ・クオーレ・カトリック大学高等教育国際化センター研究員[1][2][3]

脚注編集