太田町(おおたちょう)は、かつて岐阜県加茂郡にあったである。

太田町
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 美濃加茂市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
加茂郡
面積 4.86km2.
総人口 7,218
(1954年)
隣接自治体 加茂郡古井町坂祝村
加茂野村蜂屋村
可児郡土田村
太田町役場
所在地 岐阜県加茂郡太田町3370-1
 表示 ウィキプロジェクト

中山道太田宿を中心にした町である。

現在の美濃加茂市の一部であり、旧古井町とともに美濃加茂市の中心地である[1] 。区画整理で地名が大きく変わっているが、おおよその位置は、美濃太田駅より西の地域である。現在の地名は、太田町、太田本町、加茂川町、深田町、草笛町、前平町、西町、山手町、大手町などである。

歴史編集

学校編集

交通編集

観光など編集

出身の有名人編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 合併時、太田町と古井町は、ほぼ同規模の町であったが、人口では古井町のほうが多かった。

関連項目編集