太田 秀穂(おおた ひでお、1874年明治7年)12月21日[1]- 1950年昭和25年)12月23日[1])は、日本教育者

太田秀穂

経歴編集

茨城県出身。太田茂兵衛の四男。1898年(明治31年)、東京帝国大学文科大学哲学科を卒業し、さらに大学院で学んだ[2]新潟県新潟師範学校教諭、山梨県師範学校校長、新潟県高田師範学校校長、長野県師範学校校長を歴任[2]1912年(明治45年)、朝鮮総督府視学官に転じ[2]、さらに京城女子高等普通学校校長も兼ねた[3]1917年大正6年)、佐賀県師範学校校長となり、1919年(大正6年)には台湾総督府視学官に転じ、翌年には台湾総督府台北師範学校も兼ねた[3]

1923年(大正12年)からは多摩少年院院長を務めた[2]1934年(昭和9年)に退官した後は、八王子中学校校長に就任した[2]

脚注編集

参考文献編集

  • 原田登編 『帝国大学出身録』帝国大学出身録編輯所、1922年。 
  • 人事興信所編 『人事興信録 第12版(上)』人事興信所、1939年。 
  • 『20世紀日本人名事典』日外アソシエーツ、2004年。 
公職
先代
(新設)
  多摩少年院長
1923年 - 1934年
次代
小野五郎
先代
隈本繁吉
  台湾総督府台北師範学校長
1919年 - 1922年
次代
志保田鉎吉
先代
森山辰之助
佐賀県師範学校長
1917年 - 1919年
次代
副島松一
先代
桑原護一
  京城女子高等普通学校
1914年 - 1917年
次代
滋賀荘三郎
先代
柴垣則義
長野県師範学校長
1911年 - 1912年
次代
星菊太
先代
校長事務取扱
中山文雄
新潟県高田師範学校長
1905年 - 1911年
次代
小柳三郎
先代
小野恒剛
山梨県師範学校長
1900年 - 1905年
次代
安藤喜一郎
その他の役職
先代
(新設)
八王子中学校
1935年 - 1945年
次代
市川英作