メインメニューを開く

概要編集

アルバムのリカットシングルを除けば「星屑のセレナーデ」以来となる完全な新曲のみで構成されたシングル。

元々太陽はベスト盤「傑作撰」の自身解説やその時期のその他の場所では「ちょっと一曲歌わせて〜」という最初の部分を思いつき、それが言いたいがための曲と直太朗は言っている。

太陽はこのシングルが発売される前からラジオやライブをはじめとして既に披露されていた楽曲であり、2004年第一弾シングルとして発売されるに至った。本作の発売は通例の水曜日ではなく、土曜日に発売された。

映画『半落ち』に直太朗の楽曲を使いたいという要望があった際に以前から製作していたこの楽曲を渡したところ、映画のテーマを捕らえた作品であったということから採用された。ゆえに「声」は映画の書下ろしではない。

後に第一生命CMソングとしても採用され、2007年現在もシリーズとして続けられている。

収録曲編集

  1. 太陽
    ノンタイアップソングであるが、ライブではファンにおなじみで音源化の要望の高かった楽曲。ライブ時の頃とはわずかながらアレンジやテンポが変更されており、歌詞もわずかに変わっている。現在でもライブではややテンポを落として詠われたり、殆ど弾き語りで披露されることも多い。なお、このシングルに収録されているものはイントロに「イヨー」という声が入ったものである。

  2. 全国東映映画半落ち主題歌。後に第一生命CMソングとしてもOA。『半落ち』の予告などで使用されていたのはこの楽曲のサビ部分が主であったが、第一生命のCMではAメロ部分が使われている。
  3. 太陽(instrumental) -「太陽」の所謂カラオケバージョン。
  4. ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』 のテーマ
    「第29回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」テーマソング。この年のラジオ・チャリティー・ミュージックソンが終了する際には参加者全員でセッションされた。この模様は後にアルバムに収録する予定とも報じられていたが、現在まで音源化には至っていない。

脚注編集