失われた20年(うしなわれた20ねん)とは、日本経済安定成長期終焉後である1991年(平成3年)3月から約20年以上にわたり低迷した期間(好景気時でも実質経済成長率が5%以下の低成長)を指す語である。

目次

概要編集

初出は朝日新聞「変転経済」取材班による「失われた<20年>」(2009年岩波書店[1]

3年後の2012年3月に、一橋大学経済研究所の深尾京司による『「失われた20年」と日本経済』が日本経済新聞社から刊行。

更に船橋洋一田原総一郎などの朝日新聞・テレビ朝日系、岸井成格などの毎日新聞TBS系、双方のメディア・グループをまたぐ寺島実郎星浩後藤謙次などの評論家が好んで用い、船橋は自らが主催する日本再建イニシアティブで、"失われた20年の検証"プロジェクトを立ち上げて、『検証 日本の「失われた20年」』と題する報告書を東洋経済新報社から2015年5月に出版している[2]

経緯編集

デフレーションと失われた20年編集

バブル景気の後期から、日本では実体経済と資産価格のずれから経済に軋みが生じ始めていた。1989年4月1日から消費税が導入され、さらに日本銀行による急速な金融引き締め方針や総量規制の失敗を端緒とした信用収縮などから、経済活動は次第に収縮に転じ、日経平均株価は1989年の最高値38,915円87銭をピークに下落、翌1990年には23,848円71銭にまで急落し、1990-1991年頃にバブルの崩壊を招いた。

1990年代編集

日本経済は1990年代初頭にバブル崩壊を経験して以来、低いながらも名目経済成長は続いていた。村山内閣で内定していた消費税の税率3%から5%への増税を橋本内閣1997年4月に断行。消費税にはビルト・イン・スタビライザーの機能は備わっておらず、増税による景気悪化が懸念されていた[注釈 1]。1997年当時米国財務副長官であったローレンス・サマーズは、第2次橋本内閣が予定どおり3%から5%への消費税を断行すれば日本経済は再び不況にみまわれるだろうと日本政府に対して繰り返し警告していた[3]

翌年の1998年度には名目GDPは前年度比約マイナス2%の502兆円まで約10兆円縮小し、GDPデフレーターはマイナス0.5%に落ち込み[4]失業率は4.1%に達し、これ以降日本は本格的なデフレーションへ突入し、「失われた10年」を経験することになる。1999年度には、1997年度と比べ所得税収と法人税収の合計額が6兆5千億もの税収減となり[5]、失業者数は300万人を超えた。さらに1997年には日本銀行法が改正され、内閣が日本銀行総裁の解任権を失うことになった。

日本の名目GDP等動向 1994-1999[6]
年度 名目GDP
(10億円)
名目経済成長率
(%)
失業者数
(千人)
労働力人口
(千人)
失業率
(%)
1994 486526.3 1.19 1920 66450 2.88
1995 493271.7 1.38 2100 66660 3.15
1996 502608.9 1.89 2250 67110 3.35
1997 512248.9 1.91 2300 67870 3.38
1998 502972.8 -1.81 2790 67930 4.10
1999 495226.9 -1.54 3170 67790 4.67

参考:名目GDPは2006年の価格で評価

2000年までの「失われた10年」においては、歴代内閣において以下のようないわゆるケインズ政策が取られた。

  • 1992年8月 - 総合経済対策(事業規模10.7兆円)
  • 1993年4月 - 新総合経済対策(13.2兆円)
  • 1993年9月 - 緊急経済対策(6.2兆円)
  • 1994年2月 - 総合経済対策(15.3兆円)
  • 1995年4月 - 緊急・円高経済対策(7兆円)
  • 1995年9月 - 経済対策(14.23兆円)
  • 1998年4月 - 総合経済対策(16兆円)
  • 1998年11月 - 緊急経済対策(24兆円)
  • 1999年11月 - 経済新生対策(18兆円)

経済原理としては日本政府が足元の景気対策に全力を挙げるべき時期であったが、当時は55年体制の崩壊、自民党分裂と非自民・非共産連立政権の誕生、その後の自社さ連立政権政権の枠組みが次々と代わり、有効な景気対策が打てないまま時が過ぎて行った。それでも、カンフル剤注入政策効果で1993年頃を底として景気が緩やかに回復し(カンフル景気)、好転の兆しも見せていた。

この時代の経済思想は、宮澤喜一に代表される。宮沢は、1991年11月から1993年8月まで内閣総理大臣として総合経済対策、新総合経済対策を推進したほか、1998年小渕内閣の大蔵大臣に返り咲いた。宮沢ほかの経済思想は、財政出動を中心とする典型的なケインズ政策であったが、「失われた10年」と呼ばれたように、結果として長期不況から脱出できなかった。

この原因については、さまざまな説が上げられている。財政再建を急ぐ政府は、税収を確保する手段として消費税に活路を見出し、阪神・淡路大震災の復興の為の財源を確保するため、国民の反発を押しきって踏み切った橋本政権の消費税増税は消費の急激な落ち込みを招き、同時期に発生したアジア通貨危機不良債権問題を処理するためのバランスシート調整に伴う金融機関の相次ぐ破綻などが重なり、結果として経済情勢が悪化した。1995年には、兵庫銀行が破綻、これは戦後初の銀行倒産だった。その後、1998年12月までに北海道拓殖銀行日本長期信用銀行日本債券信用銀行、証券会社では三洋証券山一證券が経営破たんした。

小泉構造改革編集

その後のインターネット・バブルとその崩壊による景気の変動ののち、2001年4月、小泉旋風に乗って小泉純一郎が内閣総理大臣に就任すると、民間から経済学者の竹中平蔵経済財政政策担当大臣に指名し、以後2006年9月まで、いわゆる小泉=竹中改革(聖域なき構造改革)を推進した。この間、日本銀行は2001年3月19日から2006年3月9日まで第一次量的緩和を推進した。また大規模な為替介入も行っている。

この影響もあり、円ドル為替レートは弱含みに推移し(1ドル110円から120円)、輸出が増大し、リーマン・ショック直前まで緩やかな景気回復が続いた。これはいざなみ景気と呼ばれる。

小泉政権下で銀行の不良債権処理を進めて完了し、大企業は業績が改善した。処理成長率は2%前後で維持し続け、日経平均株価も上昇した。しかし、日経平均株価は20,000円を超えることはなく、2007年7月9日の18,261円98銭が最高であった。これは、1990年代の平均よりも低い値である。GDPデフレーターに関しても、1990年に100%を切りデフレへと陥って以降、そこから回復できなかった[7]

景気回復期間は、2002年2月からリーマン・ショック直前の2008年2月まで73ヶ月に及び、「戦後最長の景気回復」とも呼ばれたが、実質GDP成長率は、年1パーセントを超えることができず、また労働者の賃金が上昇しなかったため、「実感なき景気回復」とも呼ばれた。

リーマン・ショック東日本大震災編集

2008年には、北米サブプライムローン問題をきっかけとする世界同時不況により、景気が急激に悪化。皮肉にも小泉改革の負の側面が一気に噴出し、GDPがマイナス成長となった。2008年9月以降、円ドルレートは1ドル100円を切る円高に推移し、リーマンショックによる世界経済の冷え込みもあったが、2009年以降3年間の民主党政権の期間は、事業仕分けによる1兆円弱の財政の精査や、介護ビジネスの規制緩和、米国の量的緩和政策に伴うドル安などで、ドルベースの国内総生産で成長率5%を回復する期間もあった。1990年代の10年間に続く2000年代の10年は、「失われた20年」と呼ばれる。また、リーマン・ショックやギリシャ危機により、ドルやユーロの価値が急落したため、円の価値が相対的に上がった。しかし、政府や日銀の対応の遅れから円高傾向を食い止めることができずに80円台半ばにまで上昇し、加えて原油の高騰などによって輸出の減少や企業の海外流出が進んだ。日本やアメリカ合衆国の経済はマイナス成長に陥り、中間層の没落(貧困層への転落)が急速に進む。

2010年には世帯所得が昭和62年並に低下した[8]帝国データバンクによると、2000年に比べ2010年の日本全体の企業の売上高は3.9%減少しており、減少額は13兆8482億円となっている[9]

2011年には、東日本大震災福島第一原子力発電所事故米国債ショックなどが起こり、経済に少なからず影響を与え、一時的に急激な株安、円高になった。

統計編集

1992年から2009年までの18年間の実質経済成長率は平均0.7%、名目経済成長率は平均0.1%、GDPデフレーターは平均-0.7%となっている[10]。1990年以降、OECD加盟国のほとんどは2%以上の実質経済成長率、4%程度の名目経済成長率を達成している(2010年時点)[11]

池田信夫は「2009年の日本の実質経済成長率は、1991年の水準を100とすると120程度である。アメリカの160、ヨーロッパの140と比べても低く、日本のGDPは20年で実現可能な水準と比べて20%以上低下した」と指摘している[12]

政治学者ジェラルド・カーティスは、こういった国内総生産の数字は誤解を招きやすく、国民1人当たりで見ると、失われた20年の成長もさほど悪くもなく、西欧諸国の平均と同じくらいと指摘している[13]

1998年末時点で日本の不動産の価値は2797兆円に及び、住宅・宅地の価値は1714兆円と不動産全体の約六割を占めていた[14]。バブル崩壊後の「失われた20年」で株と不動産の損失は1500兆円とされる[15]内閣府国民経済計算によると日本の土地資産は、バブル末期の1990年末の約2456兆円をピークに、2006年末には約1228兆円となりおよそ16年間で約1228兆円の資産価値が失われたと推定されている[16]

就職状況編集

有効求人倍率[注釈 2]も1991年頃をピークに急落に転じ、求人数よりも求職者数が上回るようになり、大卒生の就職率も7割前後にまで下落。就職氷河期と呼ばれるようになった。

1990年後半から2000年代前半にかけて状況はさらに悪化し、1999年には有効求人倍率が0.48(パートを含まなければ0.39)になり、大卒生の就職率も6割前後にまで下がった。また、2.5%前後だった失業率も5%前後にまで上昇し、自殺者数も1998年から3万人を超えるようになった[17]

2000年代中ごろ(いざなみ景気時)から、就職状況が好転し、有効求人倍率も1.06(パートを含まなければ0.94)にまで回復、大卒生の就職率も7割前後にまで回復、失業率も4%前後にまで回復したが、回復したのは都市が中心であり、地方では就職難が続いた。アルバイトや派遣労働者といった非正規雇用率も増え続け、2005年では女性は全世代平均が51.7%と5割を超えた状態を維持、男性は15から24歳で44.2%と高い状態のまま、25から34歳も13.2%と2000年の5.6%と比べて2.5倍近く増えた。

2000年代終盤(世界金融危機後)には、再び就職状況が悪化、失業率は5%前後に上昇、2009年には有効求人倍率も0.47になり、大卒生の就職率も6割前後にまで落ち、再び就職氷河期となった。

その後の展望と議論編集

20世紀以降の先進国で、20年もの長いあいだ、名目値で年率1%以下の低成長が続いたことは、世界的に見ても珍しいといわれるが、イギリスの場合、GDP成長率は1960年代に3.2%、1970年代に2.4%であった。

高度経済成長期経済成長率が約10%以上)や安定成長期(経済成長率が約5%以上)の頃のような経済成長率・景気拡大が起こらない場合、「失われた30年」になってしまう可能性もあるという声もあり[18][19][20]2016年の時点で既にそうなってしまったと述べている人たちもいる[21][22]。特に、日本経済団体連合会シンクタンク「21世紀政策研究所」は2012年4月、“「失われた20年」の状況がこのまま続いた場合、日本は2050年頃に、先進国でなくなる”とする予測結果をまとめた[23]

また、2016年に入った途端に、ウクライナデフォルト、継続し続ける原油安など[24][25]、アベノミクス効果を吹き飛ばし、失われた30年へと向かう不安要素が多数出現している。

なお、2000年代末にはリーマンショックの影響からアメリカ合衆国や西欧諸国など他の先進国も、日本の後を追うように先が見えない景気後退に突入しており(日本化)、先進各国の不況は単なる景気循環では説明できず、成長の限界による構造的な経済停滞に突入したためであるという議論もある。ピーター・ティールは、20世紀における成長の原動力であったイノベーションが終わりを迎えたため、今後はアメリカ合衆国の大きな成長は望めないと論じた[26]

また、2011年の欧州金融不安により株価が暴落し、主力株の多くは30年前の株価に陥ってしまった。株関連でこの状況を失われた30年と呼ぶ者もいる[27]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 景気自動安定化の例として、法人税の場合は景気悪化で企業収益が悪化すれば自動的に税率が下がるために収める税額は減り、企業の負担は減る。
  2. ^ これはアルバイト、パートタイマーや派遣労働者といった非正規雇用を含むことに注意すべきである。

出典編集

  1. ^ 『物価と成長 「失われた20年」だったのか』 朝日新聞2017年12月12日「波聞風問」、原真人編集委員
  2. ^ プロジェクト 失われた20年の検証 - 日本再建プロジェクト。
  3. ^ Slow-growth economics: some lessons from Japan Jeffrey Frankel, The Guardian, 13 Sep 2013
  4. ^ 田村秀男『財務省「オオカミ少年」論』
  5. ^ 田村秀男 (2010年6月15日). “【経済が告げる】編集委員・田村秀男 カンノミクスの勘違い (1/3ページ)” (日本語). 産経新聞 (産経新聞社). オリジナル2010年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100616112438/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100615/plc1006150300003-n1.htm 2012年4月9日閲覧。 
  6. ^ National accounst of OECD countries detailed table volume 2a 1993-2004, OECD (2006)
  7. ^ 日本のGDPデフレーターの推移
  8. ^ 平成23年国民生活基礎調査。“22年世帯所得は昭和62年並みに低下、平均538万円”. 産経. (2012年7月5日). http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120705/ecc1207051847005-n1.htm 
  9. ^ 田中秀臣 『日本経済復活が引き起こすAKB48の終焉』 主婦の友社、2013年、84頁。
  10. ^ 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、12頁。
  11. ^ 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、182-183頁。
  12. ^ 池田信夫 『希望を捨てる勇気-停滞と成長の経済学』 ダイヤモンド社、2009年、89頁。
  13. ^ ジェラルド・カーティス; George Nishiyama (2014年12月5日). “【特別企画】日本は5年後も日本のまま=ジェラルド・カーティス氏”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/articles/SB12598258265585683745604580317570476296194 2014年12月6日閲覧。 
  14. ^ 三和総合研究所編 『30語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2000年、206頁。
  15. ^ 経済・マネー 黒田日銀、“実弾”100兆円投入へ! 給料アップ、株価「年内2万円も」ZAKZAK 2013年3月19日
  16. ^ 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる 最新経済のしくみ-マクロ経済からミクロ経済まで素朴な疑問を一発解消(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2008年、236頁。
  17. ^ 自殺者数の年度推移
  18. ^ 「「失われた30年」を避けるには」塩沢由典「「失われた30年」を避けるには」
  19. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「newsweekjapan」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  20. ^ 「失われた30年」となる可能性も次の10年を考えて投資しよう MONEYzine「土居雅紹のeワラントコラム」
  21. ^ いまこそ「失われた30年」をもたらした「中曽根政治」の総括が必要だ 広島瀬戸内新聞社主・佐藤周一、JANJANブログ
  22. ^ IMFは『失われた30年』認定、首相の強気は虚構 団藤保晴ブログ「Blog vs. Media 時評」2015年1月25日。団藤は朝日新聞で記者・編集委員を務めたジャーナリスト
  23. ^ 日本、先進国から脱落?…経団連の研究機関予測 読売新聞2012年4月16日
  24. ^ ウクライナがデフォルトで新たな金融危機もiFOREX 2016年1月6日
  25. ^ 米国株式市場は大幅下落、中国懸念や原油安などで3カ月ぶり安値朝日新聞 2016年1月7日
  26. ^ ピーター・ティールの「未来の終わり」論
  27. ^ 「1ドル75円」と「失われた30年」

関連項目編集

外部リンク編集