失恋博物館

クロアチア・ザグレブに所在する、失恋をテーマにした博物館

失恋博物館(しつれんはくぶつかん、クロアチア語: Muzej prekinutih veza英語: The Museum of Broken Relationships)は、クロアチアザグレブに所在する、失恋をテーマにした博物館。別れた恋人が残していった私物が、簡単な説明文とともに展示されている。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 失恋博物館
Muzej prekinutih veza
Museum of Broken Relationships Zagreb 2012.jpg
2010年に開設された、ザグレブグラデツ英語版に所在する博物館建屋。
失恋博物館の位置(クロアチア内)
失恋博物館
所在地
施設情報
専門分野 専門博物館[1]
来館者数 105,586人(2017年)[2]
開館 2010年[1]
所在地 クロアチアの旗 クロアチアザグレブ
2 Sv. Ćirila i Metoda Street[1]
位置 北緯45度48分54秒 東経15度58分25秒 / 北緯45.81500度 東経15.97361度 / 45.81500; 15.97361座標: 北緯45度48分54秒 東経15度58分25秒 / 北緯45.81500度 東経15.97361度 / 45.81500; 15.97361
外部リンク brokenships.com
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

博物館は、寄付された私物の移動展示として始まり、その後ザグレブで固定展示されるようになった。2011年にはケネス・ハドソン賞英語版を受賞している[3]

2017年には来場者が10万人を超え、クロアチアで11番目に来場者が多い博物館となった[2]

2018年には東京で移動展示を行っている。

歴史編集

ザグレブを拠点とした芸術家2人のカップル、映画監督のオリンカ・ヴィシュティツァ(Olinka Vištica)と彫刻家のドラジェン・グルビシチ(Dražen Grubišić)によって設立された[4]。4年間の交際が2003年に終わった際、2人は「恋人が残した私物を収容する博物館を作ろう」という冗談をかわした[5]。3年後、グルビシチはこのアイデアを真剣に実現しようとヴィシュティツァに連絡をとり[5]、友人に元恋人が残していったものの寄付を乞い始め、コレクションが生まれた[5]。コレクションは2006年にクロアチア科学芸術アカデミー英語版の美術館において、第41回ザグレブサロンの展示作品として初めて公衆に展示された[6]

 
クンストハウス・タヘレス英語版により主催された移動展示は、ベルリンの博物館ファンの間で話題になった[7]

その後コレクションは全世界で移動展示が行われ、アルゼンチン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ドイツ、マケドニア、フィリピン、セルビア、シンガポール、スロベニア、南アフリカ、トルコ、イギリスで展示が行われた[7][8][9][10]。2006年から2010年にかけて、20万人以上が移動展示に来場した[11]。移動展示中にコレクションを寄贈する来場者もおり、ベルリン展示の際には市民から30以上のコレクションが寄贈された[7]

移動展示中、ヴィシュティツァとグルビシチはクロアチア文化省英語版に一時的な展示場所を提供するよう働きかけたが失敗したため、2人は自費でザグレブのグラデツ英語版に300平方メートルのスペースを借り、市内で初めての私設博物館とすることにした[12]。最終的に博物館は2010年10月にオープンし、その奇抜なテーマや、市内の他の博物館とは異なり毎日開館していることから、特に外国人観光客に人気を博している[13][14]

 
「元斧(ex-axe)」と題されたこの展示品はベルリンの男性から寄付された。彼は浮気された苛立ちから、元交際相手の家具をこの斧で叩き切ったという。説明文には「去ってから2週間後、彼女は家具を取りに戻ってきた。家具は既に木片の小さな山にアレンジしてあったが、彼女はそのゴミを持っていって、二度と帰ってこなかった。そして、この斧は治療器具に昇格したのだ。」と書かれている。

2011年5月、博物館はヨーロッパ博物館フォーラム英語版からケネス・ハドソン賞英語版を受賞した。この賞は「社会における博物館の役割の常識を覆すような、最も珍しく、大胆で、もしかしたら議論を呼ぶかもしれない業績を示した博物館、人物、プロジェクト、団体」に贈られる賞で、「成功した博物館の基本的要素としての公共的品質と革新性の重要性」を評価するものである。フォーラムの審査委員会はこの博物館を以下のように評価している:[15]

失恋博物館は、人間関係の脆さだけでなく、その関係をめぐって語られる物語を取り巻く政治的・社会的・文化的状況について議論や考察を促すものである。この博物館は、来場者が異なる文化やアイデンティティに内在するより広い歴史的・社会的問題を理解する能力を尊重し、寄贈者にはより個人的なレベルでカタルシスを与えるものである。

コンセプト編集

失恋博物館は、創設者によって「物(最も広義には、すなわち物質全体)が統合された場(記憶や感情の「ホログラム」)を持っているという(科学的)推定から出発し、失恋についての物質的・非物質的な遺産を保存するために、『安全な記憶』や『保護された記憶』の空間を作ろうと意図されたレイアウトをもつ、芸術的コンセプトである」と説明されている[16]

プロジェクトは以下の通り区分されている[16]

  • 遺品展示 - 写真、手紙、メッセージなどの物品や文書。展示品には、匿名の寄贈者による日付・場所などの注釈が添えられている[17][18]。物理的なスペースの制約から、古い展示物はアーカイブされ、バーチャル展示されることがある。
  • バーチャルウェブ展示 - 画像や文書をアップロードすることで、展示品を寄贈することができる。寄贈者は自身の寄贈品を他の利用者に公開するかどうか選択することができる。
  • 告解場 - 来場者が制限された親密な空間の中で、自分の物品やメッセージを保管したり、告白を記録したりできる相互交流スペース。

移動展示編集

現在までに、以下の都市で移動展示が行われた。

ロサンゼルス失恋博物館編集

2016年にザグレブの本館に加え、アメリカ合衆国ロサンゼルスに失恋博物館の第2館がオープンした。

著名な弁護士であるジョン・B・クイン英語版がザグレブ滞在中に失恋博物館を訪れ、その展示を大変気に入ったため、創設者と関係を結んだ。ロサンゼルス失恋博物館は2016年6月4日に、アレクシス・ハイド館長の下でハリウッドの中心部にオープンした[19]。展示面積は約1000平方メートルほどであり、ほとんどの展示品はロサンゼルスで収集され、ザグレブから移管されたものはわずかだった。ロサンゼルス館は新しい展示場所を探し、2017年11月現在閉鎖されている[20]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c Muzej prekinutih veza” (クロアチア語). hvm.mdc.hr. Museum Documentation Center. 2011年6月12日閲覧。
  2. ^ a b Posjećenost hrvatskih muzeja u 2017. godini” (クロアチア語). mdc.hr. Zagreb: Museum Documentation Center. 2019年10月1日閲覧。
  3. ^ Museum of Broken Relationships”. タイムアウト. 2011年7月2日閲覧。
  4. ^ Kiš, Patricia (2010年10月4日). “'Kupio mi je tange od bombona. Kada me prevario sa kolegicom s posla, poslao mi je mail. Kakav jeftini škrtac!'” (クロアチア語). Jutarnji list. 2011年6月15日閲覧。
  5. ^ a b c Art of remembering: That was then”. The Economist (2010年11月25日). 2011年6月12日閲覧。
  6. ^ Stipetić, Ines (2010年2月26日). “Olinka Vištica i Dražen Grubišić u Muzeju prekinutih veza” (クロアチア語). Gloria. 2012年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月16日閲覧。
  7. ^ a b c Balkan Heartbreak a Hit in Berlin”. news.bbc.co.uk. BBC News (2007年10月25日). 2011年6月12日閲覧。
  8. ^ The Museum of Broken Relationships on Oddity Central”. The Huffington Post (2010年11月26日). 2011年6月27日閲覧。
  9. ^ Ota, Rina (2009年1月7日). “Museum of failed love offers balm for heartbreak”. reuters.com. ロイター. https://www.reuters.com/article/us-relationships-idUSTRE50623G20090107 2011年6月27日閲覧。 
  10. ^ “Blaffer to Exhibit Ephemera from Failed Loves” (プレスリリース), Blaffer Gallery, (2011年5月11日), http://www.class.uh.edu/blaffer/PDFs/Press/2011/Blaffer_MBR.pdf 2012年7月25日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ Gaćarić, Kristina (2010年10月7日). “Otvoreno prvo 'skladište' za ljubavne boli” [The first 'storage' of love pains opens] (クロアチア語). Nacional. 2012年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月19日閲覧。
  12. ^ Sutlić, Korana (2010年3月5日). “Muzej prekinutih veza konačno u Zagrebu” (クロアチア語). Globus. 2012年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月2日閲覧。
  13. ^ Museum of Broken Relationships returns home”. Croatian Times (2010年10月5日). 2011年7月2日閲覧。
  14. ^ Mandić-Mušćet, Jelena (2011年4月8日). “Građani nedjeljom ne mogu u razgledavanje kulturnog sadržaja” (クロアチア語). Vjesnik. 2012年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月2日閲覧。
  15. ^ “The Gallo-Roman Museum in Tongeren, Belgium, won the European Museum of the Year Award 2011” (プレスリリース), European Museum Forum, (2011年5月21日), オリジナルの2015年9月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150924003746/http://www.europeanmuseumforum.ru/images/documents/emya2011en.pdf 2011年6月19日閲覧。 
  16. ^ a b Museum of Broken Relationships: More about the concept”. Museum of Broken Relationships. 2009年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月28日閲覧。
  17. ^ Mueller, Andrew (2011年2月12日). “Display of affection”. The Guardian. 2011年7月2日閲覧。
  18. ^ Kopun, Francine (2010年10月8日). “A night at the Museum of Broken Relationships”. Toronto Star. 2011年7月2日閲覧。
  19. ^ A Museum for Healing Broken Hearts”. psmag.com. Pacific Standard Magazine. 2017年1月17日閲覧。
  20. ^ Museum of Broken Relationships”. AtlasObscura.com. Atlas Obscura. 2022年2月1日閲覧。

参考文献編集

  • Vištica, Olinka; Grubišić, Dražen (2009). Museum of Broken Relationships. Hulahop. ISBN 978-953-552-382-6 

外部リンク編集