奇跡の人

ウィリアム・ギブソンによる戯曲

奇跡の人』(きせきのひと、The Miracle Workerアニー・サリバンを描いた、ウィリアム・ギブソン同名のSF作家とは別人)による戯曲アン・バンクロフトタイトル・ロールであるアニー・サリバン)とパティ・デューク(ヘレン・ケラー)が演じて1959年に初演された。

この『奇跡の人』はアン・サリヴァンの記録をもとに書かれたものである[1]が、有名な井戸水を手にかけて「ウォーター」という言葉を理解し発した、というエピソードはこの戯曲における創作である(実際にはサリバンの著作では、ケラーはこの時"water"と綴っている。ケラーが発声できるようになるのはもっと後のことである)。

オリジナルのアメリカ舞台編集

  • 1959年舞台
    • アニー・サリバン役(タイトルロール):アン・バンクロフト
    • ヘレン・ケラー役 : パティ・デューク

映画編集

舞台で好評を博したため、3年後には同じキャストで映画化された。1980年にはヘレン・ケラー役のパティ・デュークが、アニー・ サリバン役でテレビ映画化されている。

日本での公演編集

日本での公演は、近年では額田やえ子の翻訳版がテキストとして使われている。アマチュアにおいても多く演じられている。歴代の主演者の内、鈴木杏高畑充希はヘレン役とサリバン役の双方を演じている。鈴木:ヘレン・ケラー(2003年)→アニー・サリバン(2009年)、高畑:ヘレン・ケラー(2009・14年)→アニー・サリバン(2019・22年)

その他、漫画『ガラスの仮面』でも劇中劇として利用されており、「奇跡の人」のシーンがテレビアニメ、ドラマ化され放映されている。2010年には、この漫画版を原作として音楽劇『ガラスの仮面〜二人のヘレン〜』が公演されている。

  • 音楽劇『ガラスの仮面〜二人のヘレン〜』 2010年 彩の国さいたま芸術劇場大ホール 他

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 芸能関係者や少数の一般客を対象とした試演会であり、商業目的の公演ではない。プロフィール上の初舞台はミュージカル『王様と私』とされている。

出典編集

  1. ^ クレジットには書いてないが、ウィキペディア英語版ほかはすべてヘレン・ケラーの『自伝』(en:The Story of My Life (biography))に基づいているとなっている。(フランス語版、ロシア語版、アルメニア語版はそうでもない)
  2. ^ 樋口尚文 『「昭和」の子役: もうひとつの日本映画史』国書刊行会、2017年8月、367頁。ISBN 978-4-336-06198-0https://books.google.com/books?id=QRW1tAEACAAJ 
  3. ^ 伊藤俊也監督インタビュー2018”. アクターズ・ヴィジョン (2018年11月13日). 2019年5月27日閲覧。 “1979年に市原悦子さんのサリヴァン先生で「奇跡の人」の演出を芸術座でやっているのですが、ヘレン・ケラー役の少女をこれも児童劇団でオーディションをして。(中略)それらしい子がいると言って連れて来たのが14歳の荻野目慶子だったんです。”
  4. ^ “TMA-Extra 「奇跡の人」”. 箕輪菜穂江公式ブログ はなつづり。。。。. (2011年7月22日). オリジナルの2017年3月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170331210702/http://ameblo.jp/yellowbrickroad/entry-10961191246.html 2019年4月24日閲覧。 
  5. ^ “9月☆”. 木内健人オフィシャルブログ. (2011年9月4日). http://ameblo.jp/nb-kinouchikento/entry-11007524385.html 2017年3月31日閲覧。 
  6. ^ “ヘレン・ケラー演じた高畑充希が念願サリバン先生役”. 日刊スポーツ. (2018年10月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810280001008.html 2018年10月29日閲覧。 
  7. ^ “高畑充希、舞台初出演の平祐奈と奇跡呼ぶタッグ「最後には光をつかめる作品」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年11月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/11/30/kiji/20211130s00041000090000c.html 2021年11月30日閲覧。 

外部リンク編集