奈良の鹿

奈良公園とその周囲・山間部に生息するシカ

奈良の鹿(ならのしか)は、奈良県奈良市にある奈良公園とその周囲・山間部[注釈 1]に生息するシカ(偶蹄目シカ科シカ属ニホンジカ亜種[1])。出産直後は3000グラム前後、成獣で雄鹿は60キログラムから100キログラム、雌は40キログラムから60キログラムになる。角は雄鹿だけで毎年生え代わり、生後1年で1本角を1対、成獣では3つに枝分かれした立派な角を1対持つ[2]。1957年(昭和32年)に奈良市一円の鹿が、「奈良のシカ」として国の天然記念物に指定されている。「奈良のシカ」は野生動物であり、所有者はいない[3]。鹿と人との関係には長い歴史の変遷がある。

奈良公園で撮影


歴史編集

 
春日鹿曼荼羅図(部分) 鎌倉時代 奈良国立博物館重要文化財 建御雷命が常陸国鹿島から白鹿に乗って移座したという伝説を表す。

7世紀後半から8世紀後半にかけて編纂された『万葉集』では奈良の鹿の歌が詠まれ、このころは純粋に野生の鹿だった[注釈 3]。同時期の767年天平神護3年/神護景雲元年)には春日神社が創建され、その由来で主神の建御雷命(たけみかづちのみこと)が鹿島神宮から遷る際に白鹿に乗ってきたとされ、神鹿(しんろく)と尊ばれるようになる[5]氏社参詣の藤原氏からも崇拝の対象となり、人間が鹿に出会うと神の使いとして輿から降りて挨拶した。これが続いて、鹿もお辞儀の習慣を覚えたという説がある[6]

藤原氏の氏寺で、春日神社と関係が深く、事実上の大和国守護だった興福寺からも神鹿として厳重に保護され、傷つけた場合は処罰処刑や連座追放の対象となる[7]。しかし、住民とのトラブルが多く、江戸時代初期のあり様では夜間歩くと路地から鹿が飛び出し人に敵対し何人もけがをしている[8]。過去でも鹿の様子は同様で、軋轢があっても、人は手が出せずを投げたりなどで防護したりするが、鹿に当たるとたちまち死傷する状態で、共存が困難で様々の事件が起きた。半割の木の丸い方を道路に向けた鹿に害を与えない奈良格子など町屋の様式にも影響している。天文20年(1551年)10月2日には、10歳の女子が本子守町で鹿に石を投げたら当たり、神鹿を殺害したとして、大人と同じように縄でくくられた上で興福寺周囲の塀を馬で一周させられ(大垣回し)した後に斬首処刑され、家族は連座で家屋を破壊され追放された(『興福寺略年代記』[9][10]

江戸時代に入っても興福寺出身の奈良奉行が続き、興福寺の鹿に対する司法支配が続いていたが、寛文10年(1670年)2月28日に初めて江戸幕府から派遣された溝口信勝が奈良奉行となり、幕府の方針で極端な神鹿保護から厳重な動物保護への転換が図られた。延宝6年(1678年)鹿殺害犯に対して興福寺は処刑請願を奉行所に出したが拒否した[11]。以後は、鹿死傷に対する裁判は奈良奉行所が主体となった。そして人の害となる鹿の角を伐る「鹿の角伐り」を始め、現代まで続く[10]

明治時代には、1871年明治4年)中央派遣の四条隆平県令が、鹿による農作物被害軽減だと放し飼いを停止し、鹿苑を造り鹿を収容した。だが野生の鹿が狭い場所に慣れず、餌不足と、野犬侵入、病気などで死に38頭に激減する。奈良県の堺県への合併により、1876年明治9年)に再度開放し、1878年(明治11年)12月2日奈良町と高畑、水門、雑司、川上、中ノ川、白毫寺、鹿野園など周囲8カ村と春日奥山に殺傷禁止区域が設定され、旧興福寺領を中心に1880年(明治13年)2月14日に奈良公園となる。だが、1890年(明治23年)には周囲の食害が大きくなり、周囲村の要望で禁止区域が、奈良町と奈良公園(春日奥山含む)と春日大社境内に縮小される。そのため区域外へのおびき出しによる密猟などが横行し、1891年(明治24年)に鹿の状態を憂いた現在の「奈良の鹿愛護会」の前身となる「春日神鹿保護会」が設立された。以後、「公園の中の鹿」として増加し、親しまれるようになる。第二次世界大戦末期と戦後の混乱期の食糧難による密猟で79頭まで激減し、奈良公園に行っても鹿の姿がほとんど見られないという深刻な状態になる。その後の社会の安定で再び増加し、1000頭前後に安定する[12]。市民の鹿への愛着と共存意識が深くなり、修学旅行の実施と観光の復活とともに、全国的に知られたマスコット的な存在となる。

奈良の鹿にまつわる伝説編集

 
三作石子詰之旧跡

三作石子詰め(さんさくいしこづめ)という伝説がある[13]。その昔、興福寺の寺子屋で三作という名前の小僧が習字をしていた、そこに鹿が現れ半紙を食べられそうになったため、小僧はとっさに文鎮を鹿に投げつけた、ところが急所に当たったためか、鹿は死んでしまった。神鹿殺害の罪は穴に石で埋められる石子詰め刑罰と定められており、三作もこの刑で死罪となった。嘆き悲しんだ母親は三作の霊を弔うため、毎日明け7つ(午前4時)暮れ6つ(午後6時)に菩提院大御堂の鐘をついて供養に努めたという。現在、興福寺菩提院大御堂の前庭には三作の塚がある[14]

鹿との共存と人気編集

 
「しかせんべい」とシカ
 
「しかせんべい」十文字の証紙、製造業者が愛護会公認の証紙を購入している
 
奈良公園周辺の鹿の注意表示

市街地に野生の鹿が人と共存している場所は日本では奈良以外にはない[15][注釈 4]。そのため、大変親しまれている。ビニール製の車輪付き人形や鹿の角カチューシャなどが土産物として売られている[16][17]明石家さんまが歌謡曲『奈良の春日野』に「鹿のフン」の踊りをしてヒットして「鹿のふん」というお菓子も土産に加わった[18]

鹿へ愛玩用に食べさせる鹿せんべいが売られていて、貼付の証紙が奈良の鹿愛護会の財源の一つとなっている。鹿の主食はで、せんべいはおやつである。せんべいを持っていると奈良の鹿はおじぎする。しかし、いつまでも食べさせないと怒ったシカに噛まれたりすることがある。奈良の鹿愛護会では、24時間体制で鹿の救助・救出を行っている[19]。また、同会では、江戸時代に始まった鹿の角切りを継続させ開催している。角切りで切られた角は、加工業者に売却され、過去には帯留め・箸などの生活用具や、置物等の鹿角細工にされ、奈良土産で人気があったが、職人の減少で衰退。最近は、軸に角を使った高級筆ペンや角キャップの高級万年筆、持ち手に使用のステッキなど新たな使用方法で奈良らしさや高級品の象徴となっている[20]

奈良の鹿は絶えず栄養不良だが、保護されていることで長生きするという微妙なバランスの中で生息しているのが特徴である。一般の野性鹿より体格は小さく、成獣雄鹿の体重は通常50キロほどだが、奈良の鹿は30キロ程度で体長も小さく体格も劣る。大腿骨骨髄の色の検査でも栄養不足を示している。しかし人の与える鹿せんべいはあくまでもおやつであるためそればかり食べていると栄養が偏り、他の物を給餌すれば自然の鹿のエサとは違うため体格は大きくなっても健康を害したり、味を覚えれば鹿害獣と化す可能性がある。自然のエサであるシバや草やドングリも集めるには限界があり、この問題は未解決のままとなっている[21]

前記の通り鹿せんべいを見せるとおじぎをするなど、通常は人に危害を加えることはないが、出産直後の子連れのメスや発情期のオスはこの限りではなく、注意が必要となる[22]。特に外国人観光客の増加に伴い、鹿に噛まれるなどして怪我をする被害が、2018年(平成30年)度は200件(奈良県の調査、2019年平成31年)1月時点の数字)と過去最多になった。これは集計を開始した2013年(平成25年)度の4倍の数である。怪我人の多くは中国人などの外国人観光客であった。骨折などの大けがをした人は年間最多の8人で、うち5人は外国人観光客だった。2017年(平成29年)度までの8年間で10人がシカに突き飛ばされるなどで骨折しており、近年重傷者が激増している。2017年(平成29年)の怪我人は186人で、いずれも鹿せんべいを与える時に写真を撮るなどして、その際に焦らして鹿を怒らせ攻撃的にさせたのが主な原因とされている。こうした外国人観光客と鹿の間で発生するトラブルの増加に伴い、奈良県は2018年(平成30年)4月から中国語英語日本語の「鹿せんべいを与える際の注意看板」を公園と鹿せんべい販売所周辺に設置した[23]

奈良公園の鹿で特に有名な個体は、1954年(昭和29年)8月20日に生まれた頭の中央に冠状に白い毛が生えた「白ちゃん」である。白ちゃんは奈良国立博物館敷地とその周辺をテリトリーにしていた。9歳の時に一度だけ出産した子供が車に轢かれて死に、それ以後白ちゃんは、怒りを表し車に突進していくようになった。心配した近所の人たちが奈良の鹿愛護会に相談し、白ちゃんの思う通りにさせるため、1台1台車を止めて、「この先で鹿が飛び出してくるので注意してほしい」と運転者に依頼した[24]が、1週間で突進を止めた。しかし、1972年(昭和47年)、白ちゃん自身も交通事故死んだ[25]

1994年(平成6年)6月には、春日大社の由来にあるような白鹿が実際に誕生したが、注目を浴びすぎて人に追われ道路に走り出て、車にはねられ右前脚を骨折。鹿苑内で保護し、2003年(平成15年)6月に奈良公園に戻した。しかし、また観光客らに追い回され、後ろ両足を疲労骨折、2003年(平成15年)7月下旬から鹿苑内で再保護していたが、2004年(平成16年)2月11日に肝臓病で9歳で死亡した。通常、12から15年の寿命の雄鹿が10年未満で死んだことに、奈良の鹿愛護会は「注目されすぎ公園に出たのにすぐに骨折して戻り、不憫な生涯だった」と嘆いた[26]

鹿の生態編集

日の出から動き始め、宿泊する場所の泊り場から採食場へ移動する。その後は休息する場所へと移動し、朝から夕方まで滞在する。夕方ごろ、採食しながら泊まり場へと移動する。日没後は泊まり場で食べたり、寝たりして過ごす。メスは母系グループで生活し、メスの子は生涯そのグループに属するが、オスの子は2才ごろに誕生した群れから独立する。移動の際には他のオスとグループを作ることが多いが、基本は雌雄別々の群れで1頭の行動範囲は10~20ヘクタール。公園全体では1105頭(オス鹿217頭、メス鹿806頭、子鹿82頭)がいる(2021年令和3年))[27]

一番遠方へ放浪した例は、1948年(昭和23年)大阪府大阪市御堂筋で雄鹿が当時の占領軍に発見されたことがある。最近では生駒市鹿ノ畑から四条畷市へ遊行しているのが見つかったこともある[28]

奈良のシカの範囲と天然記念物指定編集

1957年(昭和32年)9月の天然記念物指定は、春日大社が所有者として「天然記念物指定申請書」を、奈良市長と市観光協会会長は「要望書」を提出して主導し、県・市教育委員会は「副申書」を書いた。春日大社と奈良市は、農業被害補償特定のためと指摘されるが、具体的な指定範囲と面積を記入していたが、現実の指定は「奈良市一円」だった。県は、その地域から出たシカが保護されなくなるという弊害防止のためと言い、文化庁は、「『奈良のシカ』とは、主に春日大社境内、奈良公園及びその周辺に生息し、古来、神鹿として春日大社と密接にかかわり、人によく馴れている等の…シカという意味である。その生息する場所(地域)を特定して制限を加えたものではない。また、『奈良のシカ』は分類学上、本州に広く生息しているホンシュウジカであり、『奈良のシカ』という特別の『種』が存在するわけではない」としている。また、地域指定のためには、当該地域の全ての地権者の同意が必要だが、困難で実現できてないため、という理由もある[29]。文化財保護委員会の規定では、「奈良公園及びその周辺に生息している人馴れしたシカ」となるが、範囲指定のない天然記念物指定は多くの問題や論議となる。

1981年(昭和56年)2月、奈良市民2人が、高円山頂上付近の山林で、角伐り跡のある鹿1頭を銃殺し、奈良地方検察庁文化財保護法違反で起訴した。1983年(昭和58年)6月の判決で「奈良のシカ」を生息範囲は「公園を中心に周辺、直線距離で数キロ以内」で、公園に棲む「公園ジカ」だけでなく、通常は周辺山中に棲むが公園ジカとも交流のある「山ジカ」も存在し、いずれも人に馴化する特性を示す鹿が天然記念物の「奈良のシカ」だ」と規定し認定の上で有罪としたが、まだ曖昧で、今後に論議となる指摘もあった[29]

だが、これも1979年(昭和54年)4月、1981年(昭和56年)9月の二次にわたる鹿害訴訟の和解で変更された。農家側は、天然記念物の指定で捕獲できないのだから、「地域指定」に変更を要望したが、それは退けたが1985年(昭和60年)2月和解で、「シカの捕獲に関する文化財保護法第80条の運用の基準等」が制定され、鹿の生息域を、平坦部を中心とする奈良公園(A)、春日山原始林など公園山林部(B)、その双方の周辺地域(C)、その他地域(D)の4つに区分した。A・B地区のシカは保護するが、農地のあるC・D地区では天然記念物であっても、一定のルールの下、C・D地区のシカは捕獲(駆除を含む)ができるとした。さらに、A・B・C地区のシカには、同指導基準等が適用され、この地区のシカは、文化財保護委員会の規定や判例の旧来の人馴れ基準に関係なく全ての鹿が、保護管理される対象となる天然記念物だとされ、D地区は従来のまま公園周辺に生息する人馴れした鹿が対象である[29]

自動車が鹿と衝突する交通事故が起きた場合、天然記念物であるため、処罰されると誤解して運転手が通報せず走り去るひき逃げも多いが、意図しない衝突は処罰の対象にならない[30]

農業被害編集

奈良での農作物被害をめぐる鹿との攻防の歴史は古い。江戸時代には鹿の侵入を防ぐ「鹿垣」が作られたとされる。1878年(明治11年)には保護を目的に「神鹿殺傷禁止区域」が設定されたが、農作物被害を理由に、1923年大正12年)には区域が春日大社境内と奈良公園内に縮小されている[31]

明治時代以後も、鹿の農食害が問題になるが、神鹿として所有権を春日大社が主張した。1916年大正5年)、奈良公園外の畑で死んでいた鹿を食べた住民に対し、大審院において春日大社所有の神鹿を窃盗したとの有罪判決が出て大社側の所有権が認められた結果、捕獲ができなくなり、深刻化した。これに対し奈良県と神鹿保護会と春日大社が合わせて保護会から被害補償を配給し、今も奈良の鹿愛護会から見舞金として支給している[32]

だが、戦後になり、1964年(昭和39年)に周辺農家は「奈良市鹿害阻止農家組合」を結成し被害防止のため交渉したが、進展がないと一部農家が1979年(昭和54年)と1981年(昭和56年)に国、奈良県、奈良市、春日大社、奈良の鹿愛護会を提訴した。それで春日大社は所有権を取り下げ法的責任はないとして、奈良県は法的な責任は認めず、やがて1985年(昭和60年)に奈良の鹿愛護会との和解となり、春日大社は和解書にも名前は直接避けて「利害関係人」と記され県と奈良市とともに農業被害の防止に協力する形となった[33][34][29]

捕獲事業編集

奈良公園外の都祁地区、月ヶ瀬地区以外の奈良市山間部にも約4000頭が生息しているが[33]、その後、被害が公園外の周囲山間に拡大し、奈良市は1987年(昭和62年)から農家設置の防鹿柵の補助事業を始め約3億円、総延長46キロの柵が設けられた[35]。しかし、奈良県の2014年(平成26年)調査報告で、2013年(平成25年)度までの5年間で、鹿による農業被害が「増えた」と感じている集落が72.5%に増えた[36]。食害は水田に植えたばかりの稲被害のほか椎茸など多種にわたり、農家側では追い払うしか方法がなく、地元農家は以前に行政を相手取り損害賠償請求を提訴した後に和解したが、被害が続き、2000年 (平成12年)7月、県知事に「鹿害に伴う要望書」を提出していたが、いっそう広域化した[33][34]

奈良県は2008年(平成20年)12月からの「鹿のあり方検討会」を経て2013年(平成25年)に「奈良のシカ保護管理計画検討委員会」を設立して鹿の保護管理計画を協議していたが、この被害広域化は深刻なものだと、これまでの「奈良市一円」に生息するシカ保護管理方針を修正し東部山間地区の頭数抑制を検討[37]。文化庁は奈良公園中心部、その少し外側、外縁部などの4地区を設定し鹿の保護と管理の目安を示した。2016年(平成28年)、県は奈良公園から離れた地域の鹿を保護対象外とする管理計画を策定し従来の奈良市全域という保護指定から[注釈 5]、方針変更した。

2017年(平成29年)5月に文化庁から文化財保護法の「現状変更」の許可を受け、8月1日から120頭を目標に猟友会に委託し、田原地区と東里地区で6カ所に箱わなを設置し捕獲事業を開始し、捕獲したシカは解体し、研究機関で年齢や栄養状態など生態を調べる[36]。観光客などの餌付けが問題視され、鹿せんべい以外は与えないことを盛り込んだ条例化も検討されている。この捕獲に、「奈良市鹿害阻止農家組合」は歓迎を表明したが[38]、同年8月3日自然保護団体「一般財団法人 日本熊森協会」(兵庫県西宮市)は、「奈良の神鹿文化を壊すな」と中止するよう要望書[39]を提出した[40][41]。8月17日に1頭が初捕獲され、解体して胃の内容物や遺伝子検査で農作物被害対策に活用する[42]

関連作品編集

 
芭蕉句碑「びいと啼く 尻聲悲し 夜乃鹿」
  • 松尾芭蕉の俳句: 元禄7年(1694年)9月8日、最晩年の芭蕉が、奈良を訪れ宿泊している[45]。その晩、猿沢池のほとりの宿で「びいと啼く 尻聲悲し 夜乃鹿」の句を詠んだ。この句碑が、鹿の角きりが行われる鹿苑入口に設置されている[46]
  • 正岡子規の俳句: 1895年(明治28年)10月26 ~ 29日、子規は松山での療養後、東京へ戻る途中で奈良観光をおこなっている[47]。この期間に有名な「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」以外にも多数の俳句を詠んでおり、鹿に関する句も「鹿聞いて 淋しき奈良の 宿屋哉」、「煎餅を くふて鳴きけり 神の鹿」など多く残っている[48]。なお、これが人生最後の旅行となり、その後7年にわたる闘病後に死没した[49]
  • 会津八一短歌: 新潟出身の八一は奈良の美術文化を愛した歌人で、1908年(明治41年)に初めての奈良旅行をして以降、たびたび訪問し、「鹿鳴集」などの歌集を著わしている[50]。奈良県内には八一の歌碑が20基ある[51]が、そのうち奈良公園内の飛鳥園に鹿を詠み込んだ歌碑「かすがの の よ を さむみ かも さをしか の まち の ちまた を なき わたり ゆく」が建てられている[52]
  • 以下のようにほかにも多くの歌や句が詠まれている[53]
和歌
  • をみなへし 秋萩しのぎ さを鹿の 露別け鳴かむ  高円の野ぞ(大伴家持
  • いまぞこれ いのりしかひよ かすがやま おもへばうれし さをしかのこゑ(九条道家
  • 三笠山 月さしのぼる 影さえて 鹿鳴きそむる 春日野の原(西行
  • かすがやま 森のしたみち 踏み分けて いくたび馴れぬ さを鹿のこゑ(藤原良経
  • 春日山 松のあらしに こゑそへて 鹿も千歳の 秋と告ぐなり(藤原良経)
  • 春日山 みやこの南 鹿ぞおもふ 北の藤浪 春にあへとは(藤原良経)
  • かすがやま やまたかからし あきぎりの うへにぞしかの こゑはきこゆる(行意
  • かすが山 ふもとの芝生 踏ありく しかのどかなる 神やしろかな(橘曙覧
短歌
  • 春日山 神の御前に ぬかづきて 帰らんとすれば さを鹿の聲(正岡子規)
  • 青丹よし 奈良の都に 着きにけり 牡鹿鳴てふ 奈良の都に(正岡子規)
  • 後夜の鐘 三笠の山に 月出でて 南大門前 雄鹿群れて行く(正岡子規)
  • 伽藍すぎ 宮をとほりて 鹿吹きぬ 伶人めきし 奈良の秋かぜ(与謝野晶子
  • しか なきて かかる さびしき ゆふべ とも しらで ひともす なら の まちびと(会津八一
  • しか なきて なら は さびし と しる ひと も わが もふ ごとく しる と いはめ や も(会津八一)
  • 三笠山 さ青の尾上に 立つ鹿の かぼそき姿 天にして見つ(北原白秋
俳句
  • 鹿の音の 糸引はへて 月夜哉(各務支考
  • まだ鹿の 爪もかくれず ならの麦(志太野坡
  • 町へ来て 紅葉ふるふや 奈良の鹿(正岡子規
  • 奈良の宿 御所柿くへば 鹿が鳴く(正岡子規)
  • 角落ちて 首傾けて 奈良の鹿(夏目漱石

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 都祁地区、月ヶ瀬地区を除く。
  2. ^ 「社」は春日大社ではなく神を祭る聖なる土地「神地」だと推定するが、ここでは赤麻呂の正妻の比喩として使用されている[4]
  3. ^
    • 春日野に粟蒔けりせば鹿待ちに継ぎて行かましを社し恨めし[注釈 2] - 佐伯赤麻呂
    • 高円の秋野のうえの朝霧に妻呼ぶ牡鹿出で立つらむか - 大伴家持
  4. ^ 宮島のシカは奈良から移入したと春日大社は記録があるとするが、嚴島神社は認めていない。当初は市街地の拡大を見込み餌等でシカを誘導し、奈良と同様の共存での生息の形を目指したが失敗し、短期間で共存策を中止した[15]宮島には土産物屋やホテル、厳島神社参道や、少数の住宅しかない。
  5. ^ エリアで段階的に、奈良公園など主要地域は「重点保護地区」、付近の若草山や春日山原始林は行動エリア「準重点保護地区」、その周辺は予備行動エリアで鹿が迷い込めば生け捕りにする「保護管理地区」、それ以外は山間部で「管理地区」で被害状況などで頭数管理をする

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 一般財団法人奈良の鹿愛護会HP
  2. ^ 一般財団法人奈良の鹿愛護会HP「奈良のシカについて」 - 2017年平成29年)8月8日閲覧
  3. ^ 奈良公園及びその周辺で生息するシカ(ニホンジカ)について - 2017年(平成29年)8月19日閲覧
  4. ^ 佐竹昭広山田英雄工藤力男大谷雅夫山崎福之校注「新日本古典文学大系」『万葉集』解説、岩波書店、 1999年(平成11年)
  5. ^ 奈良の鹿愛護会(監修)2010, pp. 105–107、第5章「神鹿の誕生と角切り」播鎌一弘
  6. ^ 朝日新聞』大阪本社版、1998年(平成10年)1月4日付
  7. ^ 奈良の鹿愛護会(監修)2010, pp. 107–110.
  8. ^ 奈良市史』通史3巻、p.239 史料『橋本家文書』「角伐濫觴」
  9. ^ 続群書類従』第二十九輯下
  10. ^ a b 大石慎三郎(監修)、石川松太郎(編集)『江戸時代人づくり風土記―ふるさとの人と知恵 29 奈良』農山漁村文化協会、1998年(平成10年)、p.45 - 46、245 - 246
  11. ^ 田中 2018, p. 82.
  12. ^ 奈良の鹿愛護会(監修)2010, pp. 178–186、第6章「近代における奈良の鹿」
  13. ^ a b 三作石子詰め解題、2020年5月5日閲覧
  14. ^ a b 奈良まちあるき風景紀行、【伝説三作石子詰之旧跡】 - 2020年(令和2年)5月5日閲覧
  15. ^ a b 田中 2018, pp. 151–158.
  16. ^ kyoami《子供達への奈良土産。静かなロングセラー『鹿コロコロ』》訪日観光客向けジャパンガイドブック「Tadaima Japan」2016年12月1日 2019年9月15日閲覧
  17. ^ 森林ジャーナリスト田中淳夫「思いつき」ブログ 2013年(平成25年)7月18日《奈良のシカ商法》 2019年9月15日閲覧
  18. ^ 《調査ファイル6:奈良のお土産「鹿のふん」は、いつ頃から誰が作ったのですか?》「マイ大阪ガス - 関西の疑問調べます!炎の探偵社」 2019年9月15日閲覧
  19. ^ 一般財団法人奈良の鹿愛護会HP「奈良の鹿が抱える問題」2017年8月8日閲覧
  20. ^ 2015年(平成27年)6月5日『日本経済新聞』「奈良とシカの物語」(4) 2017年8月8日閲覧
  21. ^ 田中淳夫・森林ジャーナリスト2018年(平成30年)7月4日「奈良の鹿は栄養失調? 鹿せんべい食えたらイイわけじゃない」Yahooニュース個人
  22. ^ 「奈良のシカ」について - 奈良の鹿愛護会
  23. ^ 2019年(平成31年)2月19日共同通信「奈良のシカでけが、最多5年で4倍、8割外国人」 2019年(平成31年)2月28日閲覧
  24. ^ 奈良の鹿愛護会(監修)2010, pp. 28–31.
  25. ^ 奈良県図書情報館HP「鹿の角切り」<鹿の白ちゃん>で生死年月日出産齢・交通事故原因死を補記。2017年(平成29年)8月21日閲覧
  26. ^ 奈良新聞2004年(平成16年)2月17日「白い鹿死ぬ - 注目されストレスたまり死期早める」 - 2019年(令和元年)9月15日閲覧、同日・朝日新聞「白鹿「シロちゃん」天国へ 9歳、肝臓患い」
  27. ^ 2021年(令和3年)7月16日 – 一般財団法人奈良の鹿愛護会ブログ|イベント情報と日々のこと (naradeer.com)
  28. ^ 奈良の鹿愛護会(監修)2010, pp. 19–20.
  29. ^ a b c d 渡辺伸一「<半野生>動物の規定と捕獲をめぐる問題史 - なぜ「奈良のシカ」の規定は二つあるのか? - 渡辺伸一 奈良教育大学社会科教育講座(社会学)」『奈良教育大学附属自然環境教育センター紀要』第1号、2012年5月、 111-118頁。
  30. ^ 「奈良のシカ ひき逃げ続発/通報半数止まり/天然記念物はねたら厳罰 誤解」産経新聞』朝刊 2019年(平成31年)2月27日(社会面)2019年(平成31年)2月28日閲覧。
  31. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年11月15日). “【関西の議論】“神の使い”「奈良のシカ」捕殺に賛否…増えすぎて獣害、人との共生の境界は” (日本語). 産経WEST. 2020年5月21日閲覧。
  32. ^ 奈良の鹿愛護会(監修)2010, pp. 195–198.
  33. ^ a b c 『日本農業新聞』新聞IA 2017年(平成29年)8月7日「奈良のシカ 捕獲開始 農業被害に歯止め 市東部2地区」 - 2017年(平成29年)8月8日閲覧
  34. ^ a b 渡辺伸一 「「奈良のシカ」による農業被害対策の理念と現実 奈良公園周辺農家へのアンケート調査をふまえて」『奈良教育大学附属自然環境教育センター紀要』第8号、2007年(平成19年)3月、p.23 - 41
  35. ^ 『朝日新聞』2017年(平成29年)7月31日「天然記念物「奈良のシカ」、県が捕獲開始 その理由とは」 - 2017年(平成29年)8月8日閲覧
  36. ^ a b 2017年7月31日 時事通信「奈良のシカ初めて捕獲=天然記念物、食害抑制で」 - 2017年(平成29年)8月8日閲覧
  37. ^ 『朝日新聞』2012年(平成24年)11月12日「奈良のシカ、県が駆除検討 公園外の食害絶えず」 - 2017年(平成29年)8月21日閲覧
  38. ^ 『日本農業新聞』2017年2017年(平成29年)5月31日「農家悩ます「奈良のシカ」訴え50年超 捕獲へ やっと - 2017年(平成29年)8月21日閲覧
  39. ^ 要望書「奈良市D地区のシカ捕殺を中止し、予算は被害防除に使うべき」
  40. ^ 共同通信 2017年(平成29年)8月3日IA「奈良のシカ捕獲中止を要望 自然保護団体」 - 2017年(平成29年)8月20日閲覧
  41. ^ 2017年(平成29年)7月13日 くまもりNEWS「殺しても鹿害は減らない 予算は防除柵強化に!奈良市D地区訪問 - 2017年(平成29年)8月8日閲覧
  42. ^ 『読売新聞』2017年(平成29年)8月17日「国の天然記念物「奈良のシカ」初捕獲…食害軽減」 2017年8月19日閲覧
  43. ^ 十三鐘、2020年(令和2年)5月15日閲覧
  44. ^ 落語「鹿政談」の舞台を行く、2020年(令和2年)5月8日閲覧
  45. ^ 杉山杉風宛書簡(元禄7年(1694年)9月10日)、2020年(令和2年)5月5日閲覧
  46. ^ 芭蕉の句碑~奈良~、2020年(令和2年)5月5日閲覧
  47. ^ JAFナビ、「明治28年 正岡子規 奈良の旅 「柿くへば・・・」」、2020年5月15日閲覧
  48. ^ 松山市立 子規記念博物館、正岡子規の俳句検索、2020年(令和2年)5月15日閲覧
  49. ^ NHK「動画で見るニッポン みちしる」、「東大寺 正岡子規 最後の旅」、2020年(令和2年)5月15日閲覧
  50. ^ 飛鳥園、「飛鳥園関連人物 會津 八一」、2020年(令和2年)5月15日閲覧
  51. ^ 「会津八一 奈良の歌碑」、2020年(令和2年)5月15日閲覧
  52. ^ 「会津八一の南京」 歌碑を訪ねて、飛鳥園(旧・日吉館)、2020年(令和2年)5月15日閲覧
  53. ^ 和歌と俳句、2020年(令和2年)5月11日閲覧

参考文献編集

  • 永野春樹(編集)、奈良の鹿愛護会(監修)『奈良の鹿「鹿の国」の初めての本』京阪奈情報教育出版〈あおによし文庫〉、2010年。ISBN 978-4-87806-502-6
  • 田中淳夫『鹿と日本人 - 野生との共生 100年の知恵』築地書館、2018年。ISBN 978-4-8067-1565-8

関連項目編集

外部リンク編集