奈良仏師(ならぶっし)は、平安時代末期(11世紀末期)頃から、興福寺に拠点を置いて活動した仏師集団。御寺仏師南都仏師南京仏師などともいう。

概要編集

天平彫刻定朝様の伝統を身につけつつ、京都とは異なる独自の作風を生み出した。平家没落後は武士に敬遠された京都の仏師たちとは異なり、鎌倉幕府の庇護を受けて発展し、定朝の孫とされる頼助を始祖として康助康朝成朝と父子相承したが、成朝以降は直系が途絶え、慶派康慶善派善慶に継承された。

参考文献編集

関連項目編集