メインメニューを開く

奈良市鴻ノ池陸上競技場

日本の陸上競技場

奈良市鴻ノ池陸上競技場(ならしこうのいけりくじょうきょうぎじょう)は、奈良県奈良市奈良市鴻ノ池運動公園内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は奈良市が所有し2015年4月から長谷川体育施設・キタイ設計が指定管理者として運営管理を行っている。

奈良市鴻ノ池陸上競技場
"ならでんフィールド"
Konoike-ath02.jpg
奈良市鴻ノ池陸上競技場の位置(奈良市内)
奈良市鴻ノ池陸上競技場
奈良市鴻ノ池陸上競技場の位置(奈良県内)
奈良市鴻ノ池陸上競技場
奈良市鴻ノ池陸上競技場の位置(日本内)
奈良市鴻ノ池陸上競技場
施設情報
所在地 奈良県奈良市法蓮佐保山四丁目5番1号
位置 北緯34度41分54.63秒 東経135度49分45.1秒 / 北緯34.6985083度 東経135.829194度 / 34.6985083; 135.829194座標: 北緯34度41分54.63秒 東経135度49分45.1秒 / 北緯34.6985083度 東経135.829194度 / 34.6985083; 135.829194
開場 1983年3月31日
修繕 2009年
所有者 奈良市
運用者 一般財団法人奈良市総合財団
グラウンド 9レーン
ピッチサイズ 34,863m2(トラック:12,100m2、フィールド:8,770m2
使用チーム、大会
第39回国民体育大会(1984年)
平成21年度全国高等学校総合体育大会(2009年)
奈良クラブJFL
収容能力
芝生:25,000人、メインスタンド:5,600人
アクセス
近鉄奈良線近鉄奈良駅より奈良交通加茂駅行・高の原駅行バスに乗車、「市営球場前」下車

奈良県御所市に本社を置く奈良電力命名権を取得しており、2016年10月1日から「ならでんフィールド」の名称を用いている(後述)。

概要編集

2009年平成21年)に全国高等学校総合体育大会に備えて座席改修やトラックの9レーンやタータンの張替えなどの整備が行われた。

同年5月、奈良市民体育大会でこけら落しが行われ、朝原宣治が招待された。

2013年、当時関西サッカーリーグ所属の奈良クラブJ3リーグへの加盟に向けて、当競技場をホームスタジアムとして申請したが、当競技場はピッチの縦サイズがJリーグ規定の105mに満たない100mしかないことなどから、スタジアム要件未充足となり申請が認められなかった。奈良市は改修を検討し、2014年のシーズン末に改修された[1]

設備編集

  • 日本陸上競技連盟第1種公認
  • トラック:9レーン(トップエース・ブルートラック)
  • 天然芝フィールド
  • 3万人収容のスタンド(うちメインスタンド5600人分は座席。他25000人分は芝生席)
  • ナイター照明なし

命名権編集

奈良市は2016年3月から命名権を公募し、同年9月27日に奈良電力が命名権を取得する契約を奈良市と締結した。2016年10月1日からの2021年3月31日までの契約(年額1,000万円(税込))で、「ならでんフィールド」の呼称を使用している[2]

主な開催イベント編集

奈良市鴻ノ池陸上競技場のパノラマ。

周辺編集

  • 奈良市鴻ノ池球場 - 鴻ノ池運動公園内にある野球場
  • 奈良市中央体育館 - 同公園内にある体育館
  • スターバックスコーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店
  • ココス 奈良鴻ノ池店
  • ローソン ドリームランド前店
  • 奈良テレビ

脚注編集

外部リンク編集