メインメニューを開く

奈良 康明(なら やすあき、1929年12月2日 - 2017年12月10日)は、日本仏教学者曹洞宗僧侶駒澤大学総長名誉教授文学博士東京大学)。法清寺東堂永平寺西堂

特に、日本におけるインド宗教および仏教研究を文化史的視点から幅広く明らかにした。

目次

来歴編集

千葉県生まれ。開成中学校を経て、1953年東京大学文学部印度哲学梵文学科卒業。1956年東京大学大学院人文科学研究科(現東京大学大学院人文社会系研究科)インド哲学専攻修士課程修了、インドカルカッタ大学大学院人文科学研究科(比較言語学科)博士課程修了(インド宗教文化史専攻)。1973年「古代インド仏教における宗教的表層と基層の研究」で東京大学より博士号を授与される(指導教官:中村元)。

1960年、駒澤大学仏教学部非常勤講師として着任。講師、助教授を経て、教授に就任。1994年学長、2005年総長。のち名誉教授。アルボムッレ・スマナサーラ長老が駒澤大学に在学中の指導教授をつとめた。

2000年、曹洞宗総合研究センター所長。2012年5月6日より、永平寺西堂となる。1992年以来東京都台東区法清寺で毎月2回ほど、檀家向けの講義を行う。

公益財団法人中村元東方研究所常務理事、一般財団法人仏教学術振興会理事長大蔵経データベース化支援募金会事務局長を歴任。インド仏教学の泰斗として知られ、『釈尊との対話』や『仏教と人間』など著書多数。

2017年12月10日午後1時30分、肝臓癌のため東京都台東区下谷の自宅で逝去[1]。89歳没[2]

家族編集

弟に弁護士奈良道博、長男に奈良修一[3]

受賞歴編集

著書編集

共編著編集

辞書編集

論文編集

出典編集

  1. ^ 朝日新聞2017年12月13日朝刊読売新聞2017年12月14日朝刊
  2. ^ 本葬の時配られた略歴には「世寿89歳」とあるが、これは数え年で、曹洞宗では数え年を使う習慣による。なお、新聞報道は、満年齢で「88歳」としている。
  3. ^ 訃報 2017年12月15日付~中外日報
  4. ^ 春の叙勲・褒章 2008.5~日本私立大学協会

外部リンク編集