メインメニューを開く
奈良県立橿原考古学研究所

奈良県立橿原考古学研究所(ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうしょ)は、奈良県橿原市畝傍町に設置された県立の埋蔵文化財調査研究機関。奈良県に属する機関である。現在まで存続している公的な埋蔵文化財研究機関としては最も古い歴史を持つ。橿考研(かしこうけん)と略されることもある。主に奈良県内の遺跡発掘調査を手がけ、初期の纒向遺跡をはじめ、ホケノ山古墳黒塚古墳桜井茶臼山古墳メスリ山古墳藤ノ木古墳高松塚古墳などの学史に残る著名な古墳や、飛鳥京跡東大寺唐招提寺などの発掘で全国に名を知られる。附属博物館を併設するほか、宇陀市に室生埋蔵文化財整理収蔵センターを設置している。

附属博物館は、2018年12月24日から空調設備更新のため休館中である[1]

目次

沿革編集

組織編集

  • 所長の下に副所長と博物館長を置き、副所長は企画部と調査部、総務課を管轄する。企画部には企画課と資料課を置き、調査部は調査課を置く。
  • 博物館長の下には副館長が置かれ、学芸課を管轄する。

附属博物館編集

  奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
 
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
 
 
奈良県内の位置
施設情報
正式名称 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
前身 大和国史館
専門分野 考古学埋蔵文化財
所在地 奈良県橿原市畝傍町
アクセス 近鉄橿原線南大阪線吉野線 橿原神宮前駅下車 徒歩15分
近鉄橿原線 畝傍御陵前駅下車 徒歩5分
外部リンク 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
プロジェクト:GLAM

博物館沿革編集

  • 附属博物館は1940年(昭和15年)に原田積善会により設立された大和国史館が前身。
  • 1949年(昭和24年) - 大和歴史館に改称。
  • 1968年(昭和43年) - 博物館法による博物館として登録。
  • 1970年(昭和45年) - 橿原公苑考古博物館に改称。
  • 1973年(昭和48年) - 奈良県立考古博物館に改称。
  • 1974年(昭和49年) - 橿原考古学研究所附属考古博物館に改称。
  • 1980年(昭和55年) - 現在名称の橿原考古学研究所附属博物館に改称。

歴代所長編集

交通編集

利用情報編集

  • 開館時間:午前9時から午後5時まで(入館受付は午後4時30分まで)。
  • 休館日:毎週月曜日。月曜日が祝祭日の場合は開館し、その翌日を休館とする。 年末年始(12月28日から1月4日)。

料金編集

入り口付近の一部は無料展示がある。括弧内は20名以上の団体料金。

  • 大人:400円(350円)
  • 大学・高校生:300円(250円)
  • 中小学生:200円(150円)

その他編集

附属博物館は、老朽化した空調設備の改修のため、2018年から休館することになった。また、藤ノ木古墳から出土の重要文化財を収納している展示ケース内に、などを引き起こす有害物質が検出され、原因は合板に使用した接着剤が原因の可能性があるとして、休館中に対策を検討することにしている[2]

文化財編集

 
太安万侶墓誌

(*)印の文化財は国(文化庁)所有、橿原考古学研究所附属博物館保管

国宝編集

  • (*)藤ノ木古墳出土品 生駒郡斑鳩町出土
    • 石棺外出土品
      • 金銅鞍金具 1背
      • 鉄地金銅張鞍金具 残欠共 2背分
      • 金属製品 一括(馬具類、挂甲小札、刀身、鉄、鉄製模造品など)
      • 土師器須恵器(蓋3箇共)46箇(須恵器蓋3箇共37箇、土師器9箇)
    • 石棺内出土品
      • 銅鏡 4面(獣帯鏡1、画文帯神獣鏡2、神獣鏡1)
      • 金属製品 一括(金銅、金銅履、金銅製・銀製装飾品類、刀剣類など)
      • ガラス製品 一括(ガラス玉類)
      • 附 繊維類 一括

重要文化財(国指定)編集

奈良県指定文化財編集

  • 有形文化財[3][4]
    • 圭頭大刀(考古資料) - 昭和34年2月5日指定。
    • 銅鐸(考古資料) - 平成17年3月29日指定。
    • 下池山古墳出土品(考古資料) - 平成18年3月31日指定。
    • 大和天神山古墳出土木棺(考古資料) - 平成20年3月28日指定。
    • ホケノ山古墳出土品(考古資料) - 平成25年3月29日指定。
  • 天然記念物[3]
    • 馬見丘陵出土シガゾウ化石 馬見丘陵出土シカマシフゾウ化石 - 昭和61年3月18日指定。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集