メインメニューを開く

奈良競輪場

奈良競輪場(ならけいりんじょう)は奈良県奈良市にある競輪場。施設所有および主催は奈良県で、正式名称は奈良県営競輪場(ならけんえいけいりんじょう)。競技実施はJKA中日本地区本部近畿支部。実況は滝口久が担当。

奈良競輪場
(奈良県営競輪場)
Nara-keirin-1.jpg
基本情報
所在地 奈良県奈良市秋篠町98
座標 北緯34度42分8.3秒 東経135度46分45.1秒 / 北緯34.702306度 東経135.779194度 / 34.702306; 135.779194座標: 北緯34度42分8.3秒 東経135度46分45.1秒 / 北緯34.702306度 東経135.779194度 / 34.702306; 135.779194
電話投票 53#
開設 1950年(昭和25年)5月18日
民間委託 日本トーター(2014年4月 - )[1][2]
施行者 奈良県
走路 333m
重勝式投票 チャリロト(グループC)
公式サイト 奈良競輪
配信サイト 奈良けいりんUSTREAMチャンネル
実況
担当 滝口久
ナイター競走
愛称 ミッドナイト競輪
開催期間 2016年7月6日 -
記念競輪
名称 春日賞争覇戦
開催月 2月
テンプレートを表示

本項では廃止された奈良競馬場(ならけいばじょう)についても記述する。

目次

概要編集

奈良競輪場は1950年に開設され、過去には奈良市も主催していた。1984年からの2月には記念競輪 (GIII) として「春日賞争覇戦」が行われている(2011年は時期移動で9月に開催)。なお2006年2月は初の特別開催である第5回西王座戦を行なったため、記念競輪としては実施せず2日目のシード優秀競走として行なわれた。また2010年10月には共同通信社杯秋本番が行われた。

2004年7月からA級ツイントーナメントで前半戦「イーストステージ」・後半戦「ウエストステージ」を実施していたが、2005年12月16日をもって終了している。

トータリゼータシステム日本トーターを採用している。

2016年7月6日からミッドナイト競輪が開催されている。

チャリロト編集

2009年8月4日より重勝式投票「チャリロト」の発売が開始され、2012年12月10日からの開催よりキャリーオーバーを共有する『グループC』としての発売となり、玉野競輪場高松競輪場高知競輪場広島競輪場と共有している。なおキャリーオーバーの対象外であるチャリロト3は奈良単独で発売される。

2017年9月28日より場内に「チャリロトプラザ」がオープンし、会員登録により重勝式の購入が現地でも可能となった[3]

バンク・スタンド編集

1周333mを使用している。「コーナー上にゴールがある」と言われる程極端にゴール前の直線が短いバンクで、スピードを維持しやすく又出しやすいので圧倒的に先行・捲り選手有利。後方に置かれると手も足も出なくなるので、展開の移り変わりが激しい。

バンク全体を観客席で囲まれており、建物の合間から風が入り込み渦巻く事がある。長年一般席のみであったが一部を改造し特別観覧席が設置された。近年は観客席の観戦エリアを限定しており、1センター〜バックストレッチ〜2センターにかけての一般席は閉鎖し、ホームストレッチのメインスタンド周辺のみとなっている。なお、特別観覧席はバックストレッチ側にある。また同様に車券購入窓口・払戻も限定しており、ほぼ機械化されている。

場内には大型モニターを備えたホールがあり、ここのステージで時折イベントが行われる(奈良支部所属新人選手紹介や三谷竜生ダービー優勝報告会など)。

2コーナーと4コーナーの両方に同じ着順表示板が設置されている。

堅く収まる(低配当)レースが多いが波乱時の額も大きく、競輪三連単史上最高額配当金である4,760,700円(2006年9月21日の第10競走)が出たバンクでもある。

アクセス編集

FI以上の本場開催では昼間から夕方にかけて急行が臨時停車する。
途中の道がよく渋滞するため、便によっては10 - 15分かかる場合もある。近隣に大型ショッピングセンター(ならファミリー)があり、特に休日には混雑するため、平城駅利用のほうが早いことが多い。なお多くは平日開催なので、バス利用でもさほど時間はかからない。ただし、場外発売日に関しては平城駅に急行の臨時停車がないため、その場合は普通電車で平城駅で下車するか、大和西大寺駅からの無料バスの利用となる。

奈良競馬場編集

  • 敷地内から北東隣接地にかけて、かつて奈良競馬場があった。奈良県馬匹畜産組合によって地方競馬で運営され、1929年奈良市尼ヶ辻、当時の都跡村に開設されたが、規模が小さいため、1939年にここに移転してきた。元の尼ヶ辻競馬場(通称)は積水化学の工場のところであったらしい。1950年休止、1954年廃場。阪神競馬場内回りコースに似たおむすび型のコースで、秋篠川沿いにホームストレッチがあり、平城駅駅前付近は3コーナーであったと考えられる。現在の道路形状に当時のコースの名残が残されており、航空写真でも一目でわかるため、文化財関係機関に年に数回遺跡ではないかといった問い合わせがあるという。地方競馬としては最大クラスの一周1600m、スタンドは元の京都競馬場(JRA)の木造スタンドを移築したものであった。廃止後奈良県吉野町津風呂ダム水没地の代替地として供与された。
     
    特徴的な「おむすび型」をしている奈良競馬場。右下が近鉄平城駅。

エピソード編集

マスコットキャラクター編集

マスコットキャラクターは奈良をイメージした天女をモチーフにしている「飛天ちゃん」[4]。飛天としての飛行能力を活かし姿で描かれるほか、着ぐるみも用意されている。広告としてスポーツ新聞に描かれていることもあるほか、奈良交通バスに描かれたこともある(いわゆるラッピングバス)。

勝者投票券購入のためのマークシートなどに描かれている。また、年に一度、「飛天ちゃん杯金魚すくい大会」があり、奈良市民および奈良県民には大変親しまれている存在である。

なお、時折奈良テレビ放送で奈良競輪場テレビCMが放映されており、飛天ちゃんが登場する。それにちなんで記念競輪の2日目のシード優秀競走は「奈良テレビ放送杯 飛天ちゃん賞」(2009年度(2010年2月開催)の開催では「はきもの杯 飛天ちゃん賞」)の名称で行なわれる。

歴代記念競輪優勝者編集

脚注編集

外部リンク編集