奥さまは魔女 (映画)

奥さまは魔女』(おくさまはまじょ、Bewitched)は、2005年製作のアメリカ映画である。ノーラ・エフロン監督のロマンティック・コメディ。同名のテレビシリーズの映画化。ただし、テレビシリーズのリメイクではなく、そのリメイクを演じる俳優を主役にした作品である。

奥さまは魔女
Bewitched
監督 ノーラ・エフロン
脚本 ノーラ・エフロン
デリア・エフロン
アダム・マッケイ
製作 ペニー・マーシャル
ノーラ・エフロン
ダグラス・ウィック
ルーシー・フィッシャー
製作総指揮 ジェームズ・W・スコッチドポール
スティーヴン・H・バーマン
ボビー・コーエン
出演者 ニコール・キッドマン
ウィル・フェレル
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 ジョン・リンドリー
編集 スティーヴン・A・ロッター
ティア・ノーラン
配給 アメリカ合衆国の旗 SPE/コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年6月25日
日本の旗 2005年8月27日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $85,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $63,313,159[1]
世界の旗 $131,426,169[1]
日本の旗 6億2,000万円[要出典]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

元ビッグスターで現在は落ちぶれ気味の俳優ジャック(ウィル・フェレル)に、テレビドラマ『奥さまは魔女』リメイク版のダーリン役としての出演依頼がくる。ジャックは主役である魔女「サマンサ」より自分が目立つことで復活を図ろうと、偶然本屋で出逢った素人のイザベル(ニコール・キッドマン)をサマンサ役として抜擢する。しかし、イザベルは普通の恋に憧れ人間界にやってきた本物の魔女であった。

初めはジャックの傍若無人振りに反発し怒りすら覚えたイザベルだが、やがてジャックと恋に落ちる。好きになればなるほど、自分が魔女であることを隠したままでいるのに耐えられなくなったイザベルは、ジャックに秘密を打ち明ける。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

配役編集

ジャック役は元々ジム・キャリーを予定していた。

評価編集

映画批評サイトのRotten Tomatoesには183件のレビューがあり、批評家支持率は25%、平均点は10点満点中4.6点となっている。[2]一方で、キッドマン、マクレーン、ケインら俳優陣の演技に対しては好意的評価もみられた。

トリビア編集

  • 日本語吹き替え版でアイリス(劇中劇でサマンサの母エンドラ)の声を当てた北浜は、テレビシリーズではサマンサの吹き替えを、イザベルの父の声の中村はテレビシリーズのナレーション(日本語版のみ)を担当している。
  • 飽くまで、本作では「奥さまは魔女」は架空の作品ということになっているが、一部人物は作品内現実で実在しており、イザベルの叔母としてクララおばさんがほぼそのまま登場(ドラマに似た人がいたと作中で言及される)し、ラストのイザベルの新居の隣人はクラビッツ夫妻に酷似しており、更に同一人物として現実世界に具現化するかたちでアーサーおじさんが登場する。

脚注編集

  1. ^ a b c Bewitched (2005)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年1月1日閲覧。
  2. ^ Bewitched (2005)”. 2013年9月27日閲覧。

外部リンク編集