奥サマは魔女』(おくさまはまじょ、Un amour de sorcière)は1997年フランスファンタジーロマンティック・コメディ映画。監督はルネ・マンゾールフランス語版、出演はヴァネッサ・パラディジャン・レノなど。ビデオ・DVDの邦題は『奥サマは魔女/魔王の陰謀[1]

奥サマは魔女
Un amour de sorcière
監督 ルネ・マンゾールフランス語版
脚本 ルネ・マンゾール
製作 クリスチャン・フェシュネールフランス語版
モンティ・ダイアモンド
製作総指揮 エルヴェ・トリュフォー
ディディエ・パンフランス語版
出演者 ヴァネッサ・パラディ
ジャン・レノ
ギル・ベローズ
ジャンヌ・モロー
音楽 ジャン=フェリックス・ラランフランス語版
撮影 パル・ギュレー
編集 クリスティーヌ・カプサンベリス・パンシュ
製作会社 Urania Film
配給 フランスの旗 UGC-Fox Distribution (UFD)
日本の旗 シネマパリジャン
公開 フランスの旗 1997年3月19日
日本の旗 1999年5月8日
上映時間 102分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

1960年代から1970年代にかけて放送されたテレビシリーズ『奥さまは魔女』と直接の関係はない。

ストーリー編集

魔女のモーガンは人間との間に生んだ息子アルチュールを普通の人間にするために、アルチュールの1歳の誕生日に、アルチュールと同じ6月14日午前6時生まれの人間の男を代理父にして儀式を行おうとしていた。 一方、アルチュールの代理父になって、アルチュールを自分の後継者にしようと考えている悪い魔法使いモロクは、代理父の候補である人間の男たちを次々に抹殺して行く。

最後に残ったのはニューヨークの天才発明家で青年実業家のマイケル。彼がフランスに仕事でやって来ると、モーガンはマイケルを誘拐し、惚れ薬を使って彼と肉体関係を結び、儀式の前段階を済ませる。ところが、マイケルとともに過ごすうち、モーガンはマイケルを本気で好きになってしまう。代理父になった人間はIQがゼロになってしまうことから、モーガンはマイケルを救うために代理父を使わずに自分の命と引き換えにアルチュールを人間にする儀式を執り行う。しかし、そこにモロクが現れ、アルチュールをさらっていく。モーガンはそのまま昏睡状態に陥る。

モーガンの正体を知り、それでもモーガンを愛しているというマイケルは、モーガンの祖母らからのアドバイスで、モロクからアルチュールを奪い返す。追って来るモロクの魔の手から、モーガンの祖母やアルチュールの魔法などで何とか切り抜けたマイケルは、モロクに火を放つ。炎によって液状化したモロクをマイケルらは洗剤の容器に閉じ込める。

既に心肺停止状態にあったモーガンにマイケルが愛を告げると、モーガンは息を吹き返す。かくして、マイケルは魔女であるモーガンとめでたく結ばれる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

トリビア編集

  • フランス語版の他に英語版を制作するために、2回撮影が行なわれた[2]
  • ルネ・マンゾール監督は他の作品と異なり、この作品ではカメオ出演していない。

出典編集

  1. ^ 映画 奥サマは魔女”. allcinema. 2019年12月25日閲覧。
  2. ^ Un amour de sorcière (1997) - Trivia” (英語). IMDb. 2013年3月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集