奥中山高原駅

日本の岩手県二戸郡一戸町にあるIGRいわて銀河鉄道の駅

奥中山高原駅(おくなかやまこうげんえき)は、岩手県二戸郡一戸町中山字大塚にある、IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線である。

奥中山高原駅
Okunakayamakogen-Sta01.JPG
駅舎
おくなかやまこうげん
Oku-nakayama kōgen
御堂 (7.1 km)
(7.8 km) 小繋
所在地 岩手県二戸郡一戸町中山字大塚76-3
北緯40度3分57.91秒 東経141度13分42.65秒 / 北緯40.0660861度 東経141.2285139度 / 40.0660861; 141.2285139座標: 北緯40度3分57.91秒 東経141度13分42.65秒 / 北緯40.0660861度 東経141.2285139度 / 40.0660861; 141.2285139
所属事業者 IGRいわて銀河鉄道
所属路線 いわて銀河鉄道線
キロ程 44.4km(盛岡起点)
東京から579.7 km
電報略号 ナヤ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
[IGR 1]295人/日
-2021年-
開業年月日 1891年明治24年)9月1日[1]
備考 社員配置駅
* 改称経歴
- 1915年 中山駅→奥中山駅
- 2002年 奥中山駅→奥中山高原駅
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを有する地上駅である。

2番線は待避線で旅客列車はそのまま発車するが、貨物列車の場合、駅構外は勾配のため有効長が短く、2番線には加速線があった。このため貨物列車は入線して特急列車を待避後、一旦後退してから出発していた。現行ダイヤでは列車待避を必要とする貨物列車はないため、このような運用は見られなくなった。

二戸駅管理の社員配置駅。駅舎には出札窓口があり、硬券入場券・乗車券が常備されている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 いわて銀河鉄道線 上り 盛岡方面[9]
2 (上下ともに一部の列車)
3 下り 八戸方面[9]

2番線を使用する列車は、2022年3月時点では10時33分発盛岡行きと10時59発金田一温泉行きの上下各一本ずつだが、冬季間は2番線の使用を停止している。

利用状況編集

IGRいわて銀河鉄道によると、2021年度(令和3年度)の1日平均乗降人員は295人である[IGR 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗降人員推移
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
出典
2000年(平成12年) 246(*1) [JR 1]
2001年(平成13年) 250(*1) [JR 2]
2002年(平成14年)(JR) 274(*1) [JR 3]
2002年(平成14年)(IGR) 481 [IGR 2]
2003年(平成15年) 452 [IGR 3]
2004年(平成16年) 466 [IGR 4]
2005年(平成17年) 441 [IGR 5]
2006年(平成18年) 458 [IGR 6]
2007年(平成19年) 413 [IGR 7]
2008年(平成20年) 418 [IGR 8]
2009年(平成21年) 412 [IGR 9]
2010年(平成22年) 405 [IGR 10]
2011年(平成23年) 361 [IGR 11]
2012年(平成24年) 353 [IGR 12]
2013年(平成25年) 377 [IGR 13]
2014年(平成26年) 340 [IGR 14]
2015年(平成27年) 355 [IGR 15]
2016年(平成28年) 365 [IGR 16]
2017年(平成29年) 368 [IGR 17]
2018年(平成30年) 365 [IGR 18]
2019年(令和元年) 329 [IGR 19]
2020年(令和02年) 304 [IGR 20]
2021年(令和03年) 295 [IGR 1]
*1…算出時、駅名は奥中山だった。

駅周辺編集

犬の駅長「マロン」編集

2008年(平成20年)6月24日、犬(ヨークシャー・テリア)のマロン(2001年(平成13年)8月19日 - 2009年(平成21年)8月29日)が名誉駅長に就任した。マロンは同駅の委託駅員に飼われていて、生後45日頃から飼い主と一緒に駅に出勤していた。和歌山電鐵貴志駅の「たま駅長」や会津鉄道芦ノ牧温泉駅の「ばす駅長」といった「動物駅長」が話題を呼ぶ中での就任となった。たまなどと同様の制帽に加え、マロンには特製の制服も支給されていた。

また、マロンの顔写真入り携帯ストラップも当駅で販売されていたほか[注釈 1]、2008年(平成20年)11月6日には写真集『駅長マロン』が全国発売されている《講談社刊、書店店頭およびネット販売のみの扱いで駅では販売せず》。

更に、マロンをテーマにした菓子も「結カフェ」(二戸郡一戸町)により製造され、二戸駅などで販売されている[注釈 2]

2009年(平成21年)春頃から体調を崩し同年8月29日、気管支炎のため、飼い主や近所の住人に看取られて9歳で死去した[10]。駅舎内には、在りし日のマロン駅長に纏わる写真などが展示されている[11]

後継「マック」編集

マロン駅長の死から4年余り経過した2013年12月、「マロン」の飼い主でもあった当駅の委託駅員が「マロン」によく似たヨークシャー・テリア犬を見つけて引き取り、「マック」と名付けた[11]
「マック」は、他界した「マロン」と同じくオスであり、引き取られた時点で4歳だった。「マロン」と比べて頭一つ分程度体が大きいものの、性格は「マロン」に似ているとのこと[11]

前出の委託駅員に引き取られた「マック」は、以後、「マロン」の後継を目指して、委託駅員と共に駅での接客にあたるようになる。そして、2015年6月に開かれたIGRいわて銀河鉄道株主総会に於いて、「マック」が“駅長見習い”中であることが報告されると共に、「駅長席に座っていられなかったのが、かなり座れるようになってきた」とその「マック」自身の成長ぶりも併せて報告された[11][12][7]

前記株主総会で”駅長見習い”として認知されてから約2年経過した2017年6月21日の午前中、「マック」は交通事故に遭い亡くなった[8]

隣の駅編集

IGRいわて銀河鉄道
いわて銀河鉄道線
御堂駅 - 奥中山高原駅 - 小繋駅

脚注編集

[脚注の使い方]

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ 数量限定・当駅とIGRいわて銀河鉄道盛岡駅の窓口のみで販売。マロンの死後しばらくは発売を見合わせていたが、販売を再開した。
  2. ^ 「結カフェ」Webサイト内、「カフェ・スイーツ」頁の2015年2月2日更新時点に於いて、マロン駅長の顔が焼き入れされたと思われる大判焼きの製造模様を捉えた写真画像が掲載されているのが見える《但し、現在でも販売されているか否かについては不明》

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、414頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ 杉崎行恭 『木造駅舎紀行200選』 025巻、山と渓谷社〈旅鉄BOOKS〉、2020年3月10日、24頁。ISBN 978-4-635-82209-1 
  3. ^ 「通報 ●福知山線石生駅ほか147駅の駅員無配置について(旅客局)」『鉄道公報号外』日本国有鉄道総裁室文書課、1985年3月12日、15-16面。
  4. ^ “奥中山駅→奥中山高原駅 沼宮内駅→いわて沼宮内駅 IGRが駅名変更”. 岩手日報 (岩手日報社): p. 22. (2002年8月7日) 
  5. ^ “犬の駅長 会いに来て 一戸・奥中山高原駅 委嘱状を交付”. 岩手日報 (岩手日報社): p. 18. (2008年6月25日) 
  6. ^ “犬の名誉駅長マロン天国に IGR奥中山高原駅 9歳 愛らしい姿に別れ”. 岩手日報 (岩手日報社): p. 25. (2009年9月1日) 
  7. ^ a b IGRいわて銀河鉄道の株主総会。…”. 達増拓也 TASSO 希望郷いわて(twitter). 達増拓也岩手県知事) (2015年6月29日). 2016年1月27日閲覧。
  8. ^ a b “奥中山高原駅の「マック」につきまして” (プレスリリース), IGRいわて銀河鉄道, (2017年6月21日), オリジナルの2017年6月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170623140743/http://www.igr.jp/wp/topics/2017/06211545.html 2017年7月14日閲覧。 
  9. ^ a b 金田一温泉駅”. IGRいわて銀河鉄道. 2021年4月11日閲覧。
  10. ^ “岩手の犬の駅長「マロン」死ぬ”. MSN産経ニュース. (2009年8月31日). オリジナルの2009年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090903124804/http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090831/trd0908311728003-n1.htm 
  11. ^ a b c d 中継 『奥中山高原駅』から”. いちのへドッキドキFM. エフエム岩手 (2013年12月6日). 2015年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月25日閲覧。
  12. ^ 中継は奥中山高原駅から!”. いちのへドッキドキFM. エフエム岩手 (2015年12月25日). 2016年1月27日閲覧。

利用状況編集

JR東日本編集

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月3日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月3日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月3日閲覧。

IGRいわて銀河鉄道編集

  1. ^ a b c 2021年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2022年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月26日閲覧。
  2. ^ 平成14年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  3. ^ 平成15年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  4. ^ 平成16年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  5. ^ 平成17年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  6. ^ 平成18年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  7. ^ 平成19年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  8. ^ 平成20年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  9. ^ 平成21年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  10. ^ 平成22年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  11. ^ 平成23年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  12. ^ 平成24年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  13. ^ 平成25年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  14. ^ 平成26年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  15. ^ 平成27年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  16. ^ 平成28年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  17. ^ 平成29年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  18. ^ 平成30年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月20日閲覧。
  19. ^ 令和元年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2020年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月9日閲覧。
  20. ^ 2020年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2020年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集