奥中惇夫

奥中 惇夫(おくなか あつお、1930年9月28日[1][2] - 2012年2月17日)は、日本の映画監督寺森満名義で脚本家としても活動。奈良県出身[1]

目次

来歴編集

東京大学文学部美学美術史学科卒業[1][2]1953年新東宝に助監督として入社[1][3][2]渡辺邦男に師事した後、1961年東映東京撮影所の助監督契約をする。1963年に東映テレビプロに移籍[3][2]1964年の『鉄道公安36号』で監督デビュー[1][4][3][2]。『特別機動捜査隊』などを演出したのち、1967年よりフリーとなる。1969年、自ら希望して『柔道一直線』に途中参加、最終的に40話分を監督した[2]。その後もキャラクター作品を中心に活躍した[2]1990年代以降は主に教育用ビデオを手がけた。 1986年、新東宝の助監督仲間だった青野暉の紹介で二院クラブに参加した。 1987年から1995年東映撮影所ゆかりの練馬区中央美術学園講師を務めた。

2012年2月17日に心不全で死去。81歳没[5]

人物・エピソード編集

俳優の中庸助は旧制中学時代の同級生である[2]。東映プロデューサーの平山亨は大学時代の同級生であったが、在学時は面識はなく奥中が東映作品に参加してから知り合った[2]

旧制中学3年生の時に柔道部主将を務めていた[3][2]。映画・テレビドラマ監督として富田常雄原作作品を多く手掛けているが、この頃にも富田の小説『姿三四郎』を愛読して技の真似をしていたという[3]。『柔道一直線』は作品を観てスタッフが柔道のことを知らないと感じ、自ら志願して参加した[3]

仮面ライダー』へは、当初『柔道一直線』からの流れでそのまま参加する予定であったが、平山亨からの要請でテレビドラマ『太陽の恋人』を担当することとなった[2]。その後も『刑事くん』や『熱血猿飛佐助』を歴任したため、『仮面ライダー』への参加は終盤になってからであった[2]。『熱血猿飛佐助』では視聴率の悪さからクビになったと言い、東映生田スタジオ所長の内田有作に声をかけられ参加に至った[2]

仮面ライダーV3』『ロボット刑事』を担当した後は、自身の守備範囲を広げるため東映作品を一時離れた[2]。その後は時代劇・青春もの・昼メロと多岐に渡り活動したが、ピー・プロダクションの特撮テレビ番組『電人ザボーガー』を担当していた時に東映の渡邊亮徳から「他社で似たようなものを撮っているなら、うち(東映)でやったらいい」と言われ、『がんばれ!!ロボコン』で東映作品に復帰した[2]

『ザボーガー』第1話では、30分番組でありながら1時間分のフィルムを使用した[6]。完成作品はこれを短縮したためテンポ感の良いものとなったが、中野刑事役兼殺陣師のきくち英一(菊池英一)は予算面で問題になっただろうと推測している[6]

殺陣師のきくちが技の説明で見せ方についても言及したところ、奥中は「監督は俺だ」と一喝したこともあったという[6]

監督作品編集

テレビ映画編集

業務、教育用作品編集

  • 工務店商談の話法(1989年)
  • 俳聖芭蕉は隠密か?(1989年)
  • 日本で観る世界の名画(1989年)
  • 絵画散歩(1993年) 
  • ふるさと歩道(1996年)
  • 北の国(ふるさと)へ~仙台育英学園創始者加藤利吉物語~(教育用ビデオドラマ・1996年)

ほか

著書編集

  • 『テレビ映画監督一代記 仮面ライダーがエントツの上に立った日』(2004年、筑摩書房
  • 『ほえろ!ライオン先生』(仙台育英学園教育振興会)

脚注編集

  1. ^ a b c d e 変身ヒーロー大全集 1995, p. 171, 「INTERVIEW 奥中惇夫」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o OFM仮面ライダー8 2004, p. 30, 和智正喜「仮面ライダー監督紳士録 第2回 奥中惇夫」
  3. ^ a b c d e f 破李拳竜「紘道館サーガ弐 奥中惇夫監督インタビュー」、『宇宙船』Vol.112(2004年5月号)、朝日ソノラマ2004年5月1日、 117-118頁、 雑誌コード:01843-05。
  4. ^ 『仮面ライダーV3大全』 双葉社、2001年、22頁。ISBN 4-575-29235-4
  5. ^ “訃報:奥中惇夫さん81歳=テレビ映画監督”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/person/news/20120217k0000e060184000c.html 2012年2月17日閲覧。 
  6. ^ a b c 友井健人 「きくち英一 中野刑事役ほか」『別冊映画秘宝電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年11月14日、pp.21-25。ISBN 978-4-86248-805-3

参考文献編集