メインメニューを開く

奥南落穂集(おうなんおちぼしゅう)は、南部領の中世から近世の文書および記録類が散逸しているため使用される中世以来の伝承資料。江戸時代中葉元禄15年(1702年)頃の成立という[1]

出典編集

  1. ^ 「近世こもんじょ館」HP内きろく読解館

関連項目編集

外部リンク編集