メインメニューを開く

奥原 崇(おくはら たかし、1972年7月31日 - )は、東京都稲城市出身のサッカー指導者、元サッカー選手フットサル選手。

奥原 崇 Football pictogram.svg
名前
愛称 オク、オックン
カタカナ オクハラ タカシ
ラテン文字 OKUHARA Takashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-07-31) 1972年7月31日(47歳)
出身地 東京都稲城市[1]
身長 172cm[1]
体重 65kg[1]
選手情報
ポジション MF[2]FW[3]
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1999 東京ガス / FC東京 55 (9)
2000-2002 エリースFC東京
2000 青梅FC
代表歴
2001  日本 フットサル
監督歴
2012-2016 FC東京U-15深川
2013 東京都選抜
1. 国内リーグ戦に限る。2006年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

選手時代編集

堀越高校中央大学を経て、1995年東京ガスサッカー部(現 FC東京)に加入。高いテクニック[4]と創造性のあふれるプレーで[2]ファンタジスタとして活躍し[4][5]、FC東京の初代背番号10を背負った[2][6]。スルーパスやボレーシュートに代表される攻撃センス溢れるプレーと、ポニーテールをなびかせた外見から[5]「ロベルト・オク」、「東京のバッジョ」と呼ばれ愛された[7]

しかし、大学時代にファウルを受けた際に膝を負傷して以来、この怪我との戦いが続いた[8]。髪型をバッジョに肖ったのも、バッジョが重傷からの復活を遂げた選手だからだった[9]。チームがFC東京としてJリーグ(J2)に加盟した1999年も、膝をかばう影響で腰などの状態も悪く、開幕からシーズン中盤戦を過ぎてもプレーできる状態にならなかったが[8]9月25日駒沢陸上競技場での大分トリニータ戦にて先発で10か月ぶりに復帰を果たし[5]、以後J1昇格をかけて戦うチームで奮闘。等々力での天王山となった川崎フロンターレ戦ではボレーシュートで先制点を決めるなど[8]結果を残したが、リーグ戦は年間7試合の出場にとどまり、膝の状態も考慮して翌年のJ1を戦うチームの構想に入らなかったことがフロントから伝えられ、同年限りで現役を引退した[2]西が丘での天皇杯初芝橋本高校との試合後の場内インタビューでサポーターに向け正式に引退表明し、天皇杯ジュビロ磐田戦が最後の試合となった。その試合でも怪我の影響もあり途中交代となったが攻撃のアクセントとなり、観戦していた磐田OBのドゥンガはこの試合の磐田の勝因に「東京の10番(奥原)が途中でベンチに下がった」ことを挙げた[10]

その後は東京ガス本社で営業担当として勤務しながら[9]、アマチュアとして関東リーグのクラブでプレーし[6][2]、かつてのチームメイトである岡元勇人とともに国体の東京都代表に選ばれ、2000年の同大会で優勝[11][9]。また2001年にはフットサル選手として日本代表にも選出され、AFC選手権に出場した[12]

指導者時代編集

2003年からはFC東京に復帰し[2]、普及部コーチのクリニックマスターとして子供達の指導にあたり[4]、指導者としてスタート。城福浩監督が就任し新体制となった2008年からトップチームコーチに就任[1]。城福の補佐、選手とのパイプ役として尽力した。この間にA級ジェネラルライセンスを取得[13]2010年9月、城福監督解任に伴い退任し[14] U-12育成担当となった。2011年よりFC東京U-15深川でコーチ、2012年より監督を務め、2013年のU-15クラブユース選手権では準優勝、2014年のU-15高円宮杯では優勝。

FC東京での活動に加えて国民体育大会に臨む東京都選抜(少年男子)の指導も任されており[8]2013年には監督として地元開催となった同大会で優勝を果たした[15]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 中大 0 0 - 2 0 2 0
1995 東京ガス 10 旧JFL 0 0 - 1 0 1 0
1996 18 2 - 0 0 18 2
1997 18 1 - 6 6 24 7
1998 12 5 - 3 0 15 5
1999 FC東京 J2 7 1 1 0 3 1 11 2
2000 A東京 8 関東 8 - - 8
青梅 - -
2001 A東京 8 7 - - 7
2002 3 - - 3
通算 日本 J2 7 1 1 0 3 1 11 2
日本 旧JFL 48 8 - 10 6 58 14
日本 関東 - -
日本 - - 2 0 2 0
総通算 1 0 15 7

指導歴編集

監督成績編集

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2012 FC東京U-15深川 U-15関東1部 7位 27 22 7 6 9 - -
2013 10位 17 22 5 2 15 - -
2014 2位 42 22 12 6 4 - -
2015 6位 30 22 8 6 8 - -
2016 6位 27 22 7 6 9 - -
通算 日本 U-15関東1部 - - 110 39 26 45 - -
総通算 - - 110 39 26 45 - -

タイトル編集

選手編集

監督編集

東京都国体選抜
  • 国民体育大会サッカー競技 少年男子 (2013年)
FC東京U-15深川
FC東京U-15混合チーム
  • U15足校联盟杯 (2016年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f トップチームスタッフ 新任のお知らせ”. 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月9日閲覧。 FC東京 2008.01.20
  2. ^ a b c d e f 奥原氏がコーチ就任 - ウェイバックマシン(2008年1月9日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2008年1月6日)
  3. ^ エリースフットボールクラブ東京 選手一覧”. 2002年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月6日閲覧。 関東サッカーリーグ (2002年9月7日)
  4. ^ a b c 『FC東京ファンブック2010』アサヒオリジナル、2010年、94頁。
  5. ^ a b c 荒川裕治『FC東京の挑戦』小学館、2001年、22頁。
  6. ^ a b フットサル日本代表候補「奥原崇」を応援して”. 2001年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月14日閲覧。 東京中日スポーツ (2001年4月20日)
  7. ^ 後藤勝『トーキョーワッショイ! F.C.TOKYO 99-04 REPLAY』双葉社、2005年、33頁。
  8. ^ a b c d [負けられない「多摩川クラシコ」共に切磋琢磨し、伝統の一戦へ]OBコメント(東京編)【第6回 FC東京 OB 奥原崇】 Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2007年4月26日)
  9. ^ a b c けがに泣いたエース 奥原崇さん(J1初挑戦 FC東京)『朝日新聞』 2000年11月23日 朝刊 東京2版
  10. ^ 週刊サッカーダイジェスト』1999年12月xx号
  11. ^ a b 第68回国民体育大会サッカー競技 東京選抜 監督対談 東京都サッカー協会
  12. ^ 奥原がフットサルでアジア王者挑戦”. 2001年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月7日閲覧。 東京中日スポーツ (2001年7月20日)
  13. ^ 2008(平成20)年度 公認A級コーチジェネラル 認定者【83名】 (PDF) 日本サッカー協会 (2009年4月9日)
  14. ^ 城福監督 解任 後任は大熊氏 東京中日スポーツ (2010年9月20日)
  15. ^ スポーツ祭東京2013 第68回国民体育大会 サッカー競技 -東京都がサッカー競技で総合優勝- 東京都サッカー協会
  16. ^ a b c 奥原崇氏プロフィール (PDF) 稲城市立第三稲城小学校
  17. ^ メンバー紹介”. 2004年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月23日閲覧。 エリースFC東京

関連項目編集

外部リンク編集