メインメニューを開く

奥原晴湖

日本の幕末から明治期の画家
奥原晴湖肖像

奥原 晴湖(おくはら せいこ、天保8年8月15日1837年9月14日)- 大正2年(1913年7月28日)は、幕末から明治期の画家野口小蘋とともに明治の女流南画家の双璧といわれ、また安田老山と関東南画壇の人気を二分した。

本名は池田せつ(節)、通称せい子。はじめ石芳とするが、のちに秋琴・珠琴・蘭瑛・雲錦・静古・星古等とした。堂号(居宅・画室)に墨吐煙雲楼・繍水草堂など。下総古河町茨城県古河市)の人。

目次

略歴編集

 
「芦雁図」(1880年)

古河藩大番頭の池田繁右衛門政明の4女に生まれる。母はきく。蘭学者の鷹見泉石は伯父にあたる。経学茅根一鴎小山霞外小山悟岡に就いて修めた。画は嘉永6年(1853年)、16歳で谷文晁門の枚田水石に南北合体の画風を学ぶが、やがて渡辺崋山に私淑し南画に転向。

慶応元年(1865年)、母方の親戚奥原源左衛門の養女となり下江して上野摩利支天横丁に住んだ。の古画を研究して鄭板橋、来舶清人の費晴湖に私淑。画号の晴湖は通称とこの費晴湖に因んだ。また画室を墨吐煙雲楼と称し堂号とした。

木戸孝允山内容堂の庇護を得て多くの文人と交流。画家を生業とするお披露目会に大沼枕山鱸松塘関雪江福島柳圃上村蘆洲高斎單山山内香溪松岡環翠坂田鴎客福島柳圃服部波山など25名もの画家・書家を招いた。このとき「不忍池集」とした合筆を贈られている。

明治3年(1870年)、家塾を開くが最盛期には門人は300人を超えたといわれる。翌年発令された「断髪脱刀令」に応じて断髪。明治7年(1874年)に鷲津毅堂小長井小舟市河萬庵川上冬崖らと雅会「半間社」を結成。文人画隆盛に尽力する。明治9年(1876年)に当時学生だった岡倉覚三(天心)が晴湖に入門している。

明治15年(1882年)のフェノロサの講演「美術真説」以降文人画の人気が低迷。明治24年(1891年)、55歳のときに東京を払って成田村上川上(埼玉県熊谷市)へ隠棲。豪放磊落な画風から謹厳精緻な画風に変わった。この頃「繍仏草堂」・「繍水草堂」・「寸馬豆人楼」などの堂号を用いている。

大正2年(1913年)7月28日、77歳の生涯を閉じる。養女に奥原晴翠がいる。

代表作編集

参考文献編集

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、奥原晴湖に関するカテゴリがあります。