メインメニューを開く

奥只見レクリェーション都市公園

新潟県の公園群

新潟県立奥只見レクリェーション都市公園(にいがたけんりつおくただみレクリェーションとしこうえん)は、新潟県魚沼市南魚沼市(旧大和町)に整備された県立公園群。6つの公園から成る。

概要編集

指定管理者制度によりむつみグループが管理・運営を行っている[1]

沿革編集

広大な奥只見地域の中から、重点的に整備を進める地域(奥只見レクリェーション地域)として7拠点が定められ、国定公園の特別地区にかかる奥只見・銀山平地域と浅草岳の一部を除き、国土交通省都市公園事業(奥只見レクリェーション都市公園事業)を中核として、1985年度から7拠点のうち6拠点において事業が進められてきた[2]

年表編集

  • 1980年昭和55年):奥只見地域総合開発計画調査(建設省、1982年まで)[3]
  • 1982年(昭和57年)奥只見レクリェーション都市基本計画調査(新潟県、1984年まで)[3]
  • 1985年(昭和60年):第1次公園整備5ヵ年計画策定・事業着手[3]
  • 1989年平成1年)8月:浅草岳地域供用開始[3]
  • 1991年(平成3年)2月:大湯地域供有開始[3]
  • 1992年(平成4年)4月:須原地域供有開始[3]
  • 1996年(平成8年)6月:小出地域供有開始[3]
  • 1998年(平成10年)10月:浦佐地域供有開始[3]

各公園の概説編集

八色の森公園編集

南魚沼市(旧大和町)、国道17号浦佐バイパス沿いに位置する。園内には、越後ワイナリーとその直営レストラン、池田記念美術館があり、池越しに八海山を拝むことができる[4]

アクセス

響きの森公園編集

魚沼市(旧小出町)、小出インターチェンジに隣接して位置する。園内には、「小出郷文化会館」やイベントで利用される「雪のコロシアム」、里山生態園などがある[5]。冬のイベント、魚沼国際雪合戦大会の会場ともなっている。

アクセス
  • JR小出駅前から約3.5 km。南越後観光バス「浦佐駅東口行」または「六日町行」により近隣までのアクセスが可能。
  • 駐車場400台[5]。小出ICから車で1分[5]

花と緑と雪の里編集

「魚沼芝桜まつり」の空撮映像

魚沼市(旧堀之内町)、堀之内インターチェンジに隣接して位置する。「魚沼の里山公園の創出」をテーマとし、約20万株の芝桜広場や自然観察遊歩道が特徴的である[6]

アクセス

大湯公園編集

魚沼市(旧湯之谷村)、大湯温泉の玄関口に位置しており、広場や庭園が設けられているほか、日帰り温泉施設や屋内運動場、アリーナなどを備えた「交流センターユピオ」がある[7]

アクセス

須原公園編集

魚沼市(旧守門村)に位置する。国の重要文化財目黒邸と一体で「ふるさと空間」を創造する公園として整備された[8]。目黒邸などの歴史や昔のくらしに触れられるエリア、上ノ山植物園やホタル池などの自然を感じるエリア、遊具や広場で遊べるエリアの3つから構成される[8]

公園に隣接して須原スキー場が位置する。

アクセス

浅草岳公園編集

魚沼市(旧入広瀬村)に位置する。守門岳浅草岳の麓、破間川ダムの湖畔に位置しており、国民宿舎 浅草山荘の周囲に広がっている[9]

アクセス

脚注編集

  1. ^ 公園管理者について - 奥只見レクリェーション都市公園.2019年4月13日閲覧。
  2. ^ 地域整備部 公園の完了済み事業について紹介します - 新潟県南魚沼地域振興局地域整備部 - WayBack Machineによるアーカイブ
  3. ^ a b c d e f g h 総合案内 - 奥只見レクリェーション都市公園 - WayBack Machineによるアーカイブ
  4. ^ a b c d 八色の森公園 - 奥只見レクリェーション都市公園.2019年4月13日閲覧。
  5. ^ a b c 響きの森公園 - 奥只見レクリェーション都市公園.2019年4月13日閲覧。
  6. ^ a b c 花と緑と雪の里 - 奥只見レクリェーション都市公園.2019年4月13日閲覧。
  7. ^ a b c 大湯公園 - 奥只見レクリェーション都市公園.2019年4月13日閲覧。
  8. ^ a b c d e 須原公園 - 奥只見レクリェーション都市公園.2019年4月13日閲覧。
  9. ^ a b c 浅草岳公園 - 奥只見レクリェーション都市公園.2019年4月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集