奥山真司 (戦略学者)

日本の地政学者

奥山 真司(おくやま まさし、1972年9月5日 - )は、日本地政学者戦略学者。国際地政学研究所上席研究員、戦略研究学会編集委員。戦後の日本で批判的に扱われた地政学や戦略学を紹介したことで知られる[1]レディング大学Ph.D.KAZUYA竹田恒泰らと並んで株式会社オンザボードで動画を配信している[2]

奥山 真司
(おくやま まさし)
人物情報
生誕 (1972-09-05) 1972年9月5日(50歳)
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
出身校 ブリティッシュコロンビア大学
レディング大学大学院
学問
研究分野 地政学、戦略研究学
研究機関 国際地政学研究所
学位 戦略研究学博士
学会 戦略研究学会
日本クラウゼヴィッツ学会
公式サイト
リアリスト評議会
テンプレートを表示

略歴編集

横浜市出身。幼少期、父の転勤によりカタール(アクラ)に1年間在住。横須賀市立横須賀高等学校を卒業後、音楽系の専門学校を経て、カナダブリティッシュコロンビア大学に入学し、地理学科および哲学科を卒業。英国レディング大学大学院戦略学科で修士号及び博士号[3](2011年)を取得。コリン・グレイに師事した。国際地政学研究所上級研究員。戦略研究学会理事・企画委員。日本クラウゼヴィッツ学会理事、副会長代理。

人生の師はコリン・グレイエドワード・ルトワック

社会活動編集

  • 2019年4月より、戦略研究学会企画会委員[4]
  • 青山学院大学、東京大学大学院、自衛隊幹部学校、防衛研究所などの講師をつとめる。
  • 2011年、幸福の科学のセミナー動画に出演[5]
  • ニコニコ動画YouTubeにて毎週火曜日「奥山真司のアメリカ通信」をONTHEBOARD社長 和田憲治と共に放送。

地政学リアリズムプロパガンダの視点をベースに、欧米の英字新聞・雑誌・ニュースから欧米各国の首脳、政治家、軍人の思考方法・戦略的思考を分析、紹介している。『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』の翻訳後は、欧米の政治関係者、軍事関係者による対中政策についての解説を自メディア以外でも行っている[6]

著作編集

著書編集

  • 『地政学――アメリカの世界戦略地図』五月書房、2004年1月 ISBN 4-7727-0401-9
  • 『“悪の論理”で世界は動く! 地政学――日本属国化を狙う中国、捨てる米国』フォレスト出版、2010年2月 ISBN 978-4894519176
  • 『世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう』フォレスト出版、2012年7月 ISBN 978-4-8945-1518-5
  • 『ビジネス教養 地政学 (サクッとわかるビジネス教養) 』新星出版社、2020年6月 ISBN 978-4405120099

情報商材音声コンテンツ編集

  • 奥山理論において最重要な入門講座 "奴隷"人生脱却の大戦略「戦略の階層 3.0〜理論と実践〜」30,000円[7]

訳書編集

監訳編集

雑誌連載編集

  • 週刊ダイヤモンド』誌上において書評コーナー「私のイチオシ収穫本」を隔月で担当
  • ザ・リバティ』サバイバルの国際政治講座 日本人のための「戦略格言」2011年11月号まで連載

番組出演編集

ラジオ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 庄司潤一郎「戦後日本の地政学に関する一考察」『年報戦略研究第4号』2006年12月、戦略研究学会刊。
  2. ^ 株式会社オンザボード” (日本語). 株式会社オンザボード. 2022年7月17日閲覧。
  3. ^ "Classical geopolitics and the strategic history of sea power in Japan" EThOS uk.bl.ethos.542258、2015年5月27日閲覧
  4. ^ 戦略研究学会ホームページ、2012年6月19日閲覧。
  5. ^ 日本人のための戦略の格言【第25回】─地政学者 奥山真司 サバイバルの国際政治講座 | ザ・リバティWeb/The Liberty Web” (日本語). The Liberty Web. 2022年7月17日閲覧。
  6. ^ “中国の国有企業グループが欧米の政治、軍事関係者240万人の情報を収集~日本の政治家の情報も記載”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2020年9月30日). https://news.1242.com/article/247147 2021年8月21日閲覧。 
  7. ^ 戦略の階層 3.0”. www.realist.jp. 2022年7月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

テキスト編集

動画編集