メインメニューを開く

奥山 義行(おくやま よしゆき、1970年5月3日 - )は、日本の元陸上競技選手、1991年世界陸上の元200m走日本代表。TBSSASUKE』の有力選手でもある。身長168cm、体重58kg。山形県出身。日本大学卒業。

人物編集

かつては陸上競技の短距離の選手で、1989年の日本陸上競技選手権大会では、200m優勝、100m2位という成績を残す。世界陸上の代表選考を兼ねた1991年の日本選手権で優勝し[1]、世界陸上200m日本代表となる。

陸上競技引退後はバイクのロードレーサーだったが、SASUKEに専念するため転職をし、現在はジムのインストラクターを勤めている。

上述の陸上競技での実績と落ち着いた雰囲気から、SASUKE内での通称は『孤高の天才スプリンター』である。SASUKEは自分にとってのオリンピックだと語る。SASUKE挑戦者としては珍しくステージクリア後もあまり表情を変えない為、実況等では「冷静沈着、常にクール」と称されるも、本人は「実はクールではないんです」と否定しており、[2]事実第24回大会の3rdステージクリア時には、ゴールの床に突っ伏し歓喜する姿を見せていた。第26回大会前には地元山形県に念願のマイホームを設立し、庭に作ったセットで練習に取り組む姿を見せていた。また、他の選手が脱落していき、全体的にクリア者の少ない大会に強い。[3]30代後半での初挑戦でありながら、後述の通り数多くの大会で好成績をおさめている。ゼッケンは、90番台前半から半ばが基本であるが、50番台、20番台、80番台をそれぞれ1度ずつ付けた経験を持っている。

既婚者であり、2児の父でもある。

SASUKEでの戦歴編集

第19回~第23回編集

初の出場となった第19回はそり立つ壁でタイムアップ(全カット、ゼッケン39)。第20回では1stを7.31秒残しで突破して1stクリア者3人のうちの1人となる。2ndではサーモンラダーをハイテンポでクリアするが、スティックスライダー突入直後にバーが傾き、脱線して落下した(ゼッケン1924)。第21回は、そり立つ壁でタイムアップ(全カット、ゼッケン95)。第22回は、SASUKE専用のシューズを作って出場した。1stを2大会ぶりに突破し、2ndを24.83秒残しの最速クリア。3rd最後の挑戦者となり、新クリフハンガー下り段差でリタイア(ゼッケン84)。第23回は1st、2ndを危なげなくクリアして、3rdでは前回リタイアした新クリフハンガーを見事突破するも、スパイダーフリップで子供の声を合図に飛び移るが左足が枠外から外れそのまま滑り落ちリタイア(ゼッケン92)。

第24回編集

第24回は1st、2ndを突破して3rdでは前回リタイアしたスパイダーフリップを攻略し、39歳の史上最年長ファイナリストとなる。Finalでは残り4メートルの所でタイムアップ(ゼッケン95)。

第25回~第27回編集

第25回は1st、2ndを突破して3rdでは新エリア、フローティングボードに苦戦。何とか耐え抜きクリアするがアルティメットクリフハンガー1本目で落下した(ゼッケン50)。第26回は、1stを危なげなく突破。2ndのウォールリフティングで残り5秒というところまで追い詰められたが、3枚の壁を圧倒的なスピードで持ち上げ、わずか0.30秒残しでクリアし、史上初の40代での3rd進出を達成。3rdへと進んだ6人中ただ1人の日本人であった。3rdではアルティメットクリフハンガーでリタイアした(ゼッケン97)。第27回は、1st、2ndを突破して3rdではフライングバーでバーが脱線し落下(ゼッケン96)。なお第22回から第27回まで、6大会連続3rd進出という記録は、ドリュー・ドレッシェルと並んで、竹田敏浩の7大会連続に次ぐ歴代2位タイの記録である。

第28回~編集

第28回はオーディションに参加したものの落選し、出場できなかった。予選を4位で通過し2大会ぶりの出場となった第29回は、1stを突破するも2ndバックストリームでタイムアップ(ダイジェスト、ゼッケン89)。第30回からは出場していない。

大会別成績編集

大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第19回大会 39 1st そり立つ壁 タイムアップ
第20回大会 1924 2nd スティックスライダー 脱線
第21回大会 95 1st そり立つ壁 タイムアップ
第22回大会 84 3rd 新クリフハンガー(2→3本目)
第23回大会 92 3rd スパイダーフリップ 飛び移り失敗
第24回大会 95 FINAL Gロープ 残り約4m
第25回大会 50 3rd アルティメットクリフハンガー(1本目)
第26回大会 97 3rd アルティメットクリフハンガー(4本目)
第27回大会 96 3rd フライングバー 1回目
第29回大会 89 2nd バックストリーム タイムアップ

通算成績編集

出場数 2nd進出 3rd進出 FINAL進出 最優秀成績
10回 8回 6回 1回 0回
  • 2013年 第29回大会終了時

最速タイム編集

大会 STAGE 制限時間 残りタイム クリア人数 備考
第22回大会 2nd 80秒 24.83秒 4人

本大会以外での出来事編集

  • 2010年8月、アメリカ版SASUKE、「Ninja warrior」のSASUKE予選会に、長野誠漆原裕治と共にゲスト出場。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 過去の優勝者・記録(男子200m)第103回 日本陸上競技選手権大会 - The 103rd JAAF Athletics Championships
  2. ^ SASUKE第26回大会実況より
  3. ^ SASUKE第27回大会VTRより