奥島 孝康(おくしま たかやす、1939年4月16日 - )は、日本法学者愛媛県出身。専門は会社法大野實雄(早稲田大学名誉教授)門下。

白鴎大学学長。早稲田大学名誉教授。早稲田大学第14代総長(1994年11月 - 2002年11月)。日本高等学校野球連盟第6代会長。公益財団法人ボーイスカウト日本連盟理事長。元埼玉県公安委員会委員長。法学博士(早稲田大学、1976年)(学位論文『現代会社法における支配と参加-現代フランス会社法研究』)。大京社外取締役、日本インターネット新聞株式会社取締役、フジ・メディア・ホールディングス監査役、構造計画研究所監査役。公益財団法人朝鮮奨学会評議員。アナウンサーの下平さやか菊間千乃は教え子。  

略歴編集

早大幹部として編集

労務・教育雇用編集

早稲田大学教務部長時代に助手の任期制を全学に導入し[1]、早稲田大学図書館長時代は図書館業務のアウトソーシングを積極的に進めた[2]

対革マル派編集

早稲田大学が革マル派の拠点校となり、年額約2億円が大学から革マル派にながれ、反対の声が封殺されていることに危機感を抱いた奥島は、法学部長・総長としての任期中の計12年にわたり、革マル派をキャンパスから追放することに尽力した[3]

超高額寄付金の要求編集

2001年から2003年に行われた早稲田実業学校初等部の入試面接で、奥島は300万円~350万円の寄付金を要求した。これは募集要項記載の6~7倍の金額だった[4]。この問題で、東京都は早稲田実業学校に対して2003年度経常費補助金の20%(約1億242万円)の返還を請求し[5]、奥島は文部科学省の中央教育審議会委員などを辞職した[6]

高野連会長として編集

  • 学生野球憲章を改定し、元プロ野球選手の学生野球指導資格回復制度を作った。
  • 第94回全国高等学校野球選手権大会の閉会式の挨拶で「とりわけ残念なのは、花巻東大谷投手をこの甲子園で見られなかったことでした」と発言。その直後「(岩手大会予選決勝戦で花巻東に勝利した)岩手県代表の盛岡大付を侮辱し、大変失礼ではないか」という批判の電話やメールが寄せられた[7]

研究者として編集

専門編集

著書編集

単著編集

  • 『フランスの利益参加制度 西独との対比』関西経済研究センター〈関西経済研究センター資料 74-15〉、1974年10月。
  • 『現代会社法における支配と参加 現代フランス会社法研究』成文堂、1976年1月。
  • 『会社法』法学書院〈演習ノート〉、1981年11月。
  • 『プレップ会社法』弘文堂〈弘文堂プレップ法学〉、1987年2月。
  • 会社法の基礎 事件に学ぶ会社法入門日本評論社、1994年2月。ISBN 978-4535581616
  • 西北風』成文堂、1995年4月。ISBN 978-4792390501
  • 私の大学論早稲田大学出版部、1995年6月。ISBN 978-4657955289
  • 『21世紀への私立大学の課題 沖縄国際大学公開講座』沖縄国際大学公開講座委員会〈沖国大ブックレット No.2〉、1996年12月。ISBN 978-4938923907
  • 『進取の精神』早稲田大学出版部、1997年5月。ISBN 978-4657975188
  • 『大隈の夢と早稲田大学の責務』早稲田大学後援会事務局〈早稲田講義録 第4巻 第6号〉、1998年2月。
  • フランス企業法の理論と動態』成文堂〈企業法研究 第1巻〉、1999年12月。ISBN 978-4792323615
  • 現代企業法の理論と動態』成文堂〈企業法研究 第2巻〉、2000年4月。ISBN 978-4792323660
  • フランス競争法の形成過程』成文堂〈企業法研究 第3巻〉、2001年1月。ISBN 978-4792323813
  • 『早稲田大学新世紀への挑戦 原点は「現世を忘れぬ久遠の理想』東洋経済新報社、2001年12月。
  • ユニバーシティ・ガバナンス』早稲田大学出版部〈早稲田大学の改革〉、2002年5月。ISBN 978-4657025135
  • 『「梓立大学」早稲田の実現』早稲田大学後援会事務局〈早稲田講義録 第9巻 第1号〉、2002年9月。
  • グローカル・ユニバーシティ』早稲田大学出版部〈早稲田大学の改革 2〉、2002年11月。ISBN 978-4657029317
  • 西北への旅人』成文堂、2002年11月。ISBN 978-4792391126
  • 志立大学早稲田の実現』早稲田大学出版部、2004年9月。
  • 『企業の統治と社会的責任』金融財政事情研究会、2007年6月。ISBN 978-4657049209
  • 『志立大学早稲田の人づくり』早稲田大学総長室〈早稲田講義録 第14巻 第2号〉、2007年12月。
  • 『小野梓先生の栄光と復権・特別寄稿 高野連会長に就任して』早稲田大学総長室〈早稲田講義録 第16巻 第1号〉、2009年10月。
  • 企業法学の歳月』早稲田大学出版部、2010年1月。ISBN 978-4657101105
  • 西北からの旅人』成文堂、2010年4月。ISBN 978-4792391966
  • 「痛い目」に遭いながら人生を学べ 日本再生のための奥島流「青少年育成論」光文社、2012年7月。ISBN 978-4334977023
  • 『備えよ常に 平和を欲するのであれば、戦いに備えよ』財界研究所、2014年6月。ISBN 978-4879321022
  • 『君は決して一人ではない! 共生・共創のすすめ』財界研究所、2017年6月。ISBN 978-4879321244

編集編集

  • 『法学部創立百周年記念論文集 3』早稲田大学法学会〈早稲田法学 第58巻第3号〉、1983年10月。
  • 『商法 Ⅰ 〔総則・会社法〕』法学書院〈争点ノート〉、1989年7月。ISBN 978-4587316501
  • 『商法 Ⅱ 〔商行為法・手形法・小切手法〕』法学書院〈争点ノート〉、1989年11月。ISBN 978-4587316600
  • 『新しい危機管理の研究』金融財政事情研究会〈コーポレートガバナンス〉、1996年3月。ISBN 978-4322221916
  • 『会社はだれのものか』金融財政事情研究会〈コーポレートガバナンス 2〉、1997年5月。ISBN 978-4322210118
  • 『遵法経営』金融財政事情研究会〈コーポレートガバナンス 3〉、1998年7月。ISBN 978-4322160215

監修編集

  • 『エピソード 大隈重信 125話』エピソード大隈重信編集委員会編、奥島孝康・中村尚美監修、早稲田大学出版部、1989年7月。ISBN 978-4657897213
  • 『エピソード 早稲田大学 125話』エピソード早稲田大学編集委員会編、奥島孝康・木村時夫監修、早稲田大学出版部、1990年5月。ISBN 978-4657903211
  • エピソード 稲門の群像 125話』エピソード稲門の群像編集委員会編、奥島孝康・中村尚美監修、早稲田大学出版部、1992年3月。ISBN 978-4657924230
  • 小野田照子写真・文『鐘の鳴る街早稲田』奥島孝康監修、文芸社、2009年6月。ISBN 978-4286068770

共編著編集

記念論文集編集

奥島孝康教授還暦記念編集

奥島孝康先生古稀記念論文集編集

作詞編集

特許編集

役職歴編集

学会・審議編集

  • 日仏法学会 理事
  • 日中法学会 会長
  • 日韓法学会 会長
  • 日本スポーツ産業学会 副会長
  • 消費者金融サービス研究学会 常任理事
  • 日本コーポレート・ガバナンス・フォーラム 共同理事長
  • 日本私立大学連盟 顧問
  • 文部科学省中央教育審議会 委員
  • 文部科学省科学技術・学術審議 会員
  • 法科大学院協会 会長

その他編集

  • 日本私立大学連盟 会長
  • 早稲田大学 学事顧問
  • 内閣府司法改革推進本部 顧問
  • 法科大学院協会 理事長
  • 財団法人学生サポートセンター
  • 財団法人野村国際文化財団 理事
  • 財団法人共立国際交流奨学財団 理事
  • 財団法人大川情報通信基金 理事長
  • 財団法人イオン環境財団 理事
  • 財団法人朝鮮奨学会 評議員
  • 財団法人旭硝子奨学会 理事
  • 財団法人本庄国際リサーチパーク研究推進機構 評議員
  • 財団法人日弁連法務研究財団 理事
  • 財団法人環日本海経済研究所 理事
  • 財団法人電力中央研究所 評議員
  • 特定非営利活動法人自然体験活動推進協議会 会長
  • 財団法人国際民商事法センター 学術評議員
  • 財団法人日本ボーイスカウト東京連盟維持財団理事
  • 日本ボーイスカウト東京連盟 連盟長
  • 財団法人水と緑の惑星保全機構 理事
  • 財団法人文化財保護・芸術研究助成財団 理事
  • 公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 理事長
  • 財団法人ロッテ国際奨学財団 評議員
  • 学校法人実践女子学園 理事
  • 特定非営利法人日本ライフサポーター協会 理事
  • 社団法人全国大学体育連合会 会長
  • 財団法人早稲田奉仕園 理事長
  • 特定非営利活動法人日本自動車 殿堂顧問
  • 特定非営利活動法人富士山クラブ 理事長
  • ジャパンタッチ協会 会長

脚注編集

  1. ^ 奥島孝康 「<事例紹介>早稲田大学における助手の任期制」大学と学生391号(1997年)pp.25-30
  2. ^ 奥島孝康「事例 早稲田大学図書館管理システム コスト減とスピードアップを果たす」カレッジマネジメント18巻5号(2000年)pp.19-21
  3. ^ 産経新聞 【さらば革命的世代】第4部キャンパスはいま(3)早大当局VS革マル派 元総長の12年戦争 2009年5月30日付朝刊 Archived 2009年7月2日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 毎日新聞 2004年1月23日付夕刊、2004年3月5日付朝刊
  5. ^ (学)早稲田実業学校に対する平成15年度経常費補助金交付決定の一部取消について、「毎日新聞」2004年1月23日付夕刊
  6. ^ 奥島氏、文科省役職を辞任 多額寄付金で引責、「毎日新聞」2004年3月12日付夕刊
  7. ^ 高野連会長の「大谷見たかった」に抗議

外部リンク編集

先代:
嶋田久仁彦
埼玉県公安委員会委員長
2006年1月 - 2006年10月
次代:
由木義文
先代:
森山眞弓
白鴎大学学長
2013年4月 -
次代:
現職