奥島 貞雄(おくしま さだお、1936年 - 2017年9月2日)は、元自由民主党職員、元自由民主党幹事長室長。

おくしま さだお
奥島 貞雄
生誕 1936年
福井県
死没 2017年9月2日
国籍 日本の旗 日本
出身校 中央大学法学部夜間部
職業 自由民主党職員
政党 自由民主党

来歴編集

福井県生まれ。その後、一家は兵庫県に移る。中学校を卒業した1952年、衆議院医務室看護師をしていた姉を頼って上京。当時赤坂にあった日本大学第三高等学校に入学。姉の紹介で衆議院でアルバイトすることとなった。衆院内自由党控え室で使い走りの日々を送る。女性の上司にすすめられ、1954年自由党本部に就職[1]。高校を卒業し、中央大学法学部夜間部に入学。1955年保守合同により自由民主党総務局勤務。1961年、中央大学法学部夜間部卒業。

1965年から幹事長室勤務となる。1992年、自民党事務局次長兼幹事長室長に就任。

1996年第41回衆議院議員総選挙で比例代表北陸信越ブロックから単独立候補(25位)するが落選。24位は、塩野谷晶(元坂井隆憲衆議院議員秘書)。1998年第18回参議院議員通常選挙で比例区から立候補(28位)したが落選した。

1999年、自民党を定年退職。

2017年9月2日、死去[2]。80歳没。

著書編集

  • 『自民党幹事長室の30年』中央公論新社、2002年12月。ISBN 978-4120033438
  • 『自民党総裁選―権力に憑かれた亡者たち』中央公論新社、2006年8月10日。ISBN 978-4120037597
    • ※改題『自民党抗争史―権力に憑かれた亡者たち』中公文庫、2009年5月29日。ISBN 978-4122051522

脚注編集

  1. ^ 奥島貞雄『自民党幹事長室の30年』中公文庫、2005年9月25日、347-348頁。
  2. ^ 奥島貞雄氏 元自民党幹事長室長”. 東京新聞 (2017年9月8日). 2017年9月8日閲覧。

関連項目編集