奥州仙臺七福神(おうしゅうせんだいしちふくじん)は、宮城県仙台市の7つの寺社からなる七福神巡礼札所。スタンプラリーが行われている。「仙臺」は「仙台」の旧字体

沿革編集

各寺社の七福神は江戸時代かそれ以前に遡ることが出来、各々信仰を集めていたようであるが、「奥州仙臺七福神」という名称は1983年昭和58年)に設定された[1]

1985年(昭和60年)より、各寺社の七福神が勢揃いする出開帳が、正月藤崎で開催されている[2]

1987年(昭和62年)、河北新報創刊90周年記念の「みやぎ新観光名所100選」の1つに選ばれてから観光名所として賑わうようになったという。特に正月には、バスに乗った団体客が隣県からも訪れるとされる[1]

一覧編集

全て仙台市内にある。北から列挙。

社寺 画像 宗派 所在地 地図
大黒天 喜伝山秀林寺 曹洞宗 青葉区北山一丁目3-1 地図
壽老尊 喜福山玄光庵 曹洞宗 青葉区通町一丁目3-16 地図
えびす神 藤崎えびす神社 西宮神社 青葉区一番町三丁目2-17
藤崎屋上
地図
弁才天 天総山林香院 曹洞宗 若林区新寺五丁目1-1 地図
毘沙門天 金光山満福寺 真言宗智山派 若林区荒町206 地図
布袋尊 南谷山福聚院 曹洞宗 太白区門前町8-22 地図
福禄寿 医王山鉤取寺 曹洞宗 太白区鈎取四丁目1-21 地図

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集