奥平 貞守(おくだいら さだもり、慶長19年(1614年) - 貞享元年12月21日1685年1月25日))は、伊予松山藩家老奥平藤左衛門家2代当主。

父は奥平貞由。伯母は松平定勝室(二之丸殿)。子は奥平貞虎通称は長七郎、源兵衛、藤左衛門。

生涯編集

慶長19年(1614年)、遠江掛川で、久松松平家家臣奥平貞由の子として生まれる。寛永12年(1635年)、家中の席次の争いから、備前下津井に退去する。寛永14年(1637年)、従兄の伊予今治藩松平定房の招きで今治に赴く。寛永18年(1641年)、伯母二之丸殿の仲裁で、伊予松山藩に帰参する。寛永19年(1642年)、江戸詰となり、新知300石を賜り大名分となる。後100石の加増を受け家老となる。明暦元年(1655年)、父の死去により家督と知行1800石を相続する。寛文元年(1662年)、200石の加増を受ける。寛文2年(1663年)、藩主松平定長の家督相続御礼言上の際に、江戸城で将軍徳川家綱に拝謁する。寛文5年(1665年)、300石の加増を受ける。寛文8年(1668年)、200石の加増を受け知行2500石となる。延宝7年(1679年)、の商人西九郎兵衛より大名物北野茄子茶入を購入して、藩主松平定直に献上する。貞享元年(1685年)、家老職を辞職し隠居、家督を嫡男貞虎に譲る。

貞享元年(1685年)12月21日死去。享年72。

参考文献編集

  • 『松山叢談』
  • 『大正名器鑑』