メインメニューを開く

奥戸街道(おくどかいどう)は、東京都道60号市川四ツ木線のうち、蔵前橋通り交点(東京都江戸川区西小岩2丁目)から平和橋通り交点(奥戸街道入口交差点・東京都葛飾区立石1丁目)まで区間の愛称として用いられる。

概要編集

1927年 (昭和2年) 8月の東京府の都市計画の中に「補助線道路86号」(現在の都道60号市川四ツ木線の一部)があり、これが奥戸街道のうち本奥戸橋以東にあたる[1]。本奥戸橋より西は江戸時代以前よりある「立石道」の一部にあたる。1984年(昭和59年)5月に東京都建設局によって新たに愛称が設定された60路線のうちの一つである[2]

交差・接続している道路編集

橋梁編集

その他の情報編集

京成立石駅周辺では、立石大通りと呼ばれることがある。

脚注編集