奥村 勝彦(おくむら かつひこ、1961年 - )は、漫画編集者。元『コミックビーム』編集総長兼『コミックビーズログ』編集長。

経歴編集

大学卒業後、秋田書店に入社。『週刊少年チャンピオン』等の各漫画編集部を歴任し「Let'sダチ公」(作:積木爆 画:木村知夫)、「ブロイラーおやじFX」(作画:桜玉吉)などを担当する。1994年、『グランドチャンピオン』休刊を機に秋田書店を退社しアスキーに入社。コミックビーム編集部にて桜玉吉等を担当し、1998年7月より編集長を務める。2000年エンターブレインの独立分社化にともない移籍、2013年4月からコミックビーズログ編集部にて編集長[1]を兼任する関係で、コミックビーム編集部では役職が編集総長となり2019年3月まで務めた[2]

漫画内での登場編集

鈴木みその『オールナイトライブ』『』他では本人役、桜玉吉の日記漫画には「O村」という名前で本人役、須藤真澄の『おさんぽ大王』では「O村パパ」、立原あゆみの『本気!』では「奥村」というヤクザ役、「まかでみ・WAっしょい!」では「O村」など他にも数多くの作品にキャラクターとして登場する漫画俳優でもある。

漫画内ではがっちりした体格に薄い眉というイカツいやくざ風の風貌で荒い言葉遣いをする人物として描写されている。ちなみに桜玉吉には初対面の席で「もしかして元ヤンキー?」と言われている。

親交編集

桜玉吉との親交が深く漫玉日記シリーズの初期から頻繁に登場し欠かせない登場人物になっている。玉吉の半生記である『桜玉吉のかたち』を出版した時は、玉吉を「アミーゴ」と呼び、自分が死んだらこの本を自らの棺に入れて欲しいと発言している。

関連項目編集

  • 壁村耐三 - 少年チャンピオン在籍時代の上司。退職時に奥村を怒鳴らなかったが、同日に壁村も退職届を提出していたからであった。
  • 桜玉吉 - 桜の漫画活動を支えるための有限会社「玉屋」設立時に役員となった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ えんため大賞 第17回 ガールズコミック部門 後期”. 2019年5月28日閲覧。選考委員に編集長記載あり。
  2. ^ コミックビーム2019年4月号掲載の自身の連載コラム「ハッスルO村のエレクトNo.1」最終回にて、配置転換による異動に伴い辞任することを発表。コミックビーズログ編集長も恐らく交代されたと思われる。なお、異動先の部署・役職は不明。

外部リンク編集