メインメニューを開く

奥村 展征(おくむら のぶゆき、1995年5月26日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属する滋賀県湖南市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。

奥村 展征
東京ヤクルトスワローズ #00
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県湖南市
生年月日 (1995-05-26) 1995年5月26日(24歳)
身長
体重
178 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2013年 ドラフト4位
初出場 2016年7月9日
年俸 950万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

小学校1年生の時に「三雲東スポーツ少年団」で野球を始め、中学校時代には「リトルシニアパンサーズ」に所属していた[2][3]

中学校からの卒業を機に、地元の滋賀県を離れて、日本大学山形高校へ入学。1年生の春から、正二塁手に起用された[3]。主将を務めた3年夏[2]には、選手権全国大会へ出場すると、準決勝にまで進出[4]。自身は全4試合で4番・遊撃手で先発出場、11打数3安打3打点、打率.273という通算成績を残した[5][6][7][8]ほか、日大三高との2回戦では本塁打を放っている。さらに、大会後の8月に開かれた第26回18Uワールドカップにも日本代表の一員として出場する[9]と、対台湾戦とチェコ戦で適時打を記録[10][11]。日大山形高校の選手として最後に出場した東京国体では、対前橋育英戦で迎えた高校最後の打席で本塁打を放った[12]

2013年のNPBドラフト会議読売ジャイアンツ(巨人)に4巡目で指名[13]。契約金4,000万円、年俸540万円(金額は推定)という条件で[14]入団した。背番号は91

巨人時代編集

2014年には、イースタン・リーグ公式戦86試合に出場。主に二塁を守りながら[15]、打率.212、本塁打2本という成績を残した[16]7月17日には、長崎ビッグNスタジアムで催されたフレッシュオールスターゲーム静岡県草薙総合運動場硬式野球場)に、同リーグ選抜の一員として試合の途中から出場している[17]

ヤクルト時代編集

2015年1月に、国内FA権の行使によって東京ヤクルトスワローズから巨人へ移籍した相川亮二の人的補償選手としてヤクルトへ移籍した。移籍当初の背番号は56[18][19]。NPBのFA制度で人的補償措置の対象になった選手では最年少(19歳)で、この措置によるプロ2年目での移籍はNPB史上最短(当時)[注 1]であった[20]。ちなみに、奥村が移籍を知らされたのは、自主トレーニング先の熊本県内であった[21]

東北楽天ゴールデンイーグルスとのイースタン・リーグ公式戦(天童市スポーツセンター野球場)を控えていた4月26日に腰痛を発症した。当日は、高校時代を過ごした山形県内での試合だったため、痛みを押して出場。この試合を境に、立位や座臥にも支障を来すほど腰痛が悪化したため、以降は二軍を含めて公式戦出場の機会がなかった。病院で検査を繰り返しても正式な診断名が出ないほどの重症だった[21]。なお、イースタン・リーグ公式戦には26試合へ出場。打率.211、0本塁打、4打点という成績であった[22]

2016年には、7月9日の対中日ドラゴンズ戦(明治神宮野球場)9回裏に、中島彰吾代打として一軍公式戦にデビュー[23]。一軍公式戦には4試合の出場で無安打に終わったが、8月20日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)には、「7番・二塁手」として初めてスタメンに起用された。

2017年には、7月11日の対巨人戦(東京ドーム)2回表の第1打席に、菅野智之から一軍公式戦初安打を記録[24]。後半戦に一軍へ定着した。一軍公式戦では、通算で44試合に出場。本塁打を放つまでには至らなかったものの、打率.239、4打点、1盗塁を記録した。その一方で、7月13日静岡県草薙総合運動場硬式野球場で催された[フレッシュオールスターゲームには、イースタン・リーグ選抜の一員として自身2度目の出場を果たしている[25]。シーズン終了後には、台湾で開かれたアジアウインターベースボールリーグで、NPBイースタン選抜の一員として出場[26]。主に遊撃を守った。

2018年には、プロ入り後初めて、公式戦を一軍でスタート。一軍公式戦には主に代打で起用されたが、前年を下回る32試合の出場で、通算打率も.220にとどまった[27]。しかし、「7番・二塁手」としてスタメンに起用された10月4日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)では、同点の9回表2死で迎えた打席でラファエル・ドリスから一軍公式戦初本塁打を記録。この本塁打でチームを勝利へ導くとともに、チームとしては6年振りの阪神戦シーズン勝ち越しを確定させた[28]。また、イースタン・リーグ公式戦では、75試合の出場で打率.281、チーム2位タイの9本塁打をマーク[29]。シーズン終了後の11月には、翌2019年から背番号を00に変更することが球団から発表された[30]

選手としての特徴・人物編集

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2016 ヤクルト 4 8 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 1 .000 .250 .000 .250
2017 44 125 113 12 27 4 0 0 31 5 1 1 1 1 9 0 1 33 3 .239 .298 .274 .573
2018 32 46 41 6 9 1 0 1 13 4 0 0 1 1 3 0 0 10 0 .220 .267 .317 .584
NPB:3年 80 179 160 18 36 5 0 1 44 9 1 1 2 2 14 0 1 45 4 .225 .288 .275 .563
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2016 ヤクルト - 2 7 3 0 0 1.000 - -
2017 1 7 0 0 1 1.000 - 7 2 4 0 2 1.000 32 36 69 3 11 .972
2018 1 0 0 0 0 ---- 6 3 12 0 2 1.000 10 3 6 0 2 1.000 1 0 0 0 0 ----
通算 2 7 0 0 1 1.000 8 10 15 0 2 1.000 17 5 10 0 4 1.000 33 36 69 3 11 .972
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

背番号編集

  • 91 (2014年)
  • 56 (2015年 - 2018年)
  • 00 (2019年 - )

代表歴編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2017年のシーズン終了後に阪神の大和が国内FA権の行使によって横浜DeNAベイスターズへ移籍した際には、この年にDeNAへ入団したばかりの尾仲祐哉(当時22歳)が、阪神への人的補償措置によって移籍した。厳密に記せば、奥村のヤクルトへの移籍が巨人への入団の翌年(2015年1月9日)に発表されたの対して、尾仲の移籍が発表されたのはDeNAへの入団年内(2017年12月10日)である(参考)。

出典編集

  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年1月6日閲覧。
  2. ^ a b c ヤクルト、FA相川補償に巨人19歳奥村 日刊スポーツ 2015年1月9日紙面から
  3. ^ a b 【ヤクルト】巨人・奥村を相川FAの人的補償で獲得へ スポーツ報知 2015年1月9日
  4. ^ 第95回高校野球選手権日程 スポニチ Sponichi Annex
  5. ^ 第95回高校野球選手権 8月13日第2試合・2回戦(日大三対日大山形)結果
  6. ^ 第95回高校野球選手権 8月17日第4試合・3回戦(日大山形対作新学院)結果
  7. ^ 第95回高校野球選手権 8月19日第2試合・準々決勝(明徳義塾対日大山形)結果
  8. ^ 第95回高校野球選手権 8月21日第1試合・準決勝(前橋育英対日大山形)結果
  9. ^ 井、森ら20人/高校日本代表選手一覧 日刊スポーツ 2013年8月22日掲載
  10. ^ 日本1勝目 松井8回12K力投/詳細 日刊スポーツ 2013年9月1日掲載
  11. ^ 日本15点圧勝 4連勝で2次Rへ/詳細 日刊スポーツ 2013年9月3日掲載
  12. ^ a b 日大山形・奥村“有終弾”/国体 日刊スポーツ 2013年10月2日紙面から
  13. ^ 2013年 読売ジャイアンツ 日本野球機構オフィシャルサイト
  14. ^ a b ドラ4奥村、4000万円で仮契約「宮本さんのように」 スポーツ報知 2013年11月21日掲載
  15. ^ 2014年度 読売ジャイアンツ個人守備成績(イースタン・リーグ)
  16. ^ 2014年度 読売ジャイアンツ個人打撃成績(イースタン・リーグ)
  17. ^ 2014年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果”. 日本野球機構 (2014年7月17日). 2018年12月9日閲覧。
  18. ^ 奥村選手が入団会見! 「やってやろうという気持ち」 東京ヤクルトスワローズ公式サイト 2015年01月09日掲載
  19. ^ 人的補償でヤクルト移籍の奥村が会見「最初は驚きましたが…」 スポニチ Sponichi Annex 2015年1月9日掲載
  20. ^ 人的補償移籍 今季2年目20歳シーズンの奥村は最速かつ最年少 スポニチ Sponichi Annex 2015年1月9日掲載
  21. ^ a b FA補償で巨人→ヤクルト 苦しんだ奥村が迎える勝負の3年目 スポニチ Sponichi Annex 2015年12月2日掲載
  22. ^ 2015年度 東京ヤクルトスワローズ個人打撃成績(イースタン・リーグ)
  23. ^ ヤクルト奥村「緊張」プロ初スタメンは2打数無安打日刊スポーツ 2016年8月20日掲載
  24. ^ ヤクルト・奥村が今季初スタメンで有言実行 菅野からプロ初安打 サンスポ 2017年7月11日掲載
  25. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2017 出場者一覧”. NPB.jp (2017年7月11日). 2017年11月20日閲覧。
  26. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月19日閲覧。
  27. ^ ヤクルト奥村は現状維持 初本塁打も出場数減を反省”. 日刊スポーツ (2018年12月13日). 2018年12月13日閲覧。
  28. ^ ヤクルト奥村、宮本刺激に父子アーチの地でプロ初弾”. 日刊スポーツ (2018年10月4日). 2018年12月9日閲覧。
  29. ^ 2018年度 東京ヤクルトスワローズ個人打撃成績(イースタン・リーグ)
  30. ^ 背番号変更のお知らせ”. 東京ヤクルトスワローズ (2018年11月19日). 2018年12月9日閲覧。
  31. ^ プロ野球:ドラフト会議 親子3代の夢かなう 湖南市出身の日大山形高・奥村選手、巨人が4位指名 家族ら感無量 毎日新聞 2013年10月25日(滋賀県版)
  32. ^ a b c 巨人ドラ4奥村は華麗なる一族の系譜 日刊スポーツ 2013年11月22日紙面から
  33. ^ ヤクルト奥村、宮本ヘッドコーチとの不思議な縁”. 日刊スポーツ (2018年2月11日). 2018年12月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集