メインメニューを開く

奥田 真理子(おくだ まりこ、1972年 - )は、日本小説家

奥田 真理子
(おくだ まりこ)
誕生 1972年????
日本の旗 大阪府大阪市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 大阪芸術大学短期大学部通信教育部広報学科
ジャンル 小説
主な受賞歴 文學界新人賞(2009年)
デビュー作 「ディヴィジョン」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

大阪府大阪市生まれ。大阪府大阪市在住。京都府立木津高等学校普通科を卒業する。大阪芸術大学短期大学部通信教育部広報学科に在籍。2008年、「静寂の耳」(筆名:響堂コウ)が第106回文學界新人賞の最終候補作に選ばれる。2009年、「カルテル」が第108回文學界新人賞の最終候補作に選ばれる。同年、「ディヴィジョン」で第109回文學界新人賞を受賞する[1]。選考委員の角田光代は、「回を追うごとにうまくなっている」との旨を述べている[2]

作品リスト編集

  • 「ディヴィジョン」(『文學界』2009年12月号)

脚注編集