奥野 信太郎(おくの しんたろう、1899年〈明治32年〉11月11日 - 1968年〈昭和43年〉1月15日)は、日本中国文学者随筆家与謝野晶子門下の歌人子爵橋本綱常の孫。

奥野 信太郎
1963年
人物情報
生誕 (1899-11-11) 1899年11月11日
日本の旗 日本東京都
死没 1968年1月15日(1968-01-15)(68歳)
出身校 慶應義塾大学
学問
研究分野 中国文学東洋学
研究機関 慶應義塾大学北京輔仁大学文化学院
テンプレートを表示

経歴編集

1899年、東京都生まれ。父は陸軍大尉。母政子は子爵橋本綱常の娘[1]。したがって橋本左内は奥野信太郎の大伯父にあたる。

13歳のころ浅草の叔母の家に預けられて芝居に熱中、永井荷風に心酔する。父の命で陸軍士官学校を受けたがわざと失敗、浅草オペラに耽溺する。続いて第一高等学校も受験するが失敗し、荷風を慕って慶應義塾に入るが、荷風は既に退職していた。慶應義塾大学文学部を卒業。

卒業後は同学予科講師となり、次いで外務省北京在勤特別研究員として北京に留学した。戦時中は北京で北京輔仁大学教授を兼任した。戦後、慶應義塾大学文学部教授。研究のかたわら数多くの軽妙な随筆を記した。テレビ出演も多く軽妙洒脱な話術で人気があった[2]

研究内容・業績編集

家族編集

  • 父・奥野幸吉(1920年没) - 陸軍大尉
  • 母・政子(1878-1923) - 子爵橋本綱常の娘。橋本左内の姪。
  • 前妻・智恵子(1936年没) - 旧姓・坂東。孝宮和子内親王の乳人。
  • 長女・檀(まゆみ、1925年生)
  • 長男・正哉(1929年生)
  • 後妻・薫 - 北京三条胡同東亜病院長八木繁雄の妹。先妻が没した翌1937年に婚約、翌年戸川秋骨の媒酌で結婚。
  • 二男・燕児(1938年生)

[4]

著書編集

  • 『随筆北京』 第一書房、1940。平凡社東洋文庫、1990
  • 『北京襍記』 二見書房、1944
  • 『幻亭雑記』 世界文庫、1947
  • 『日時計のある風景』 文藝春秋新社、1947
  • 『随筆東京』 東和社、1951
  • 『北京留学』 読売新聞社、1952
  • 『柘榴の庭』 筑摩書房、1952
  • 『こんにゃく横丁』 文藝春秋新社、1953
  • 『竜の横顔』 要書房、1954
  • 『花寂しくして』 河出書房、1955
  • 『福沢諭吉』 金子書房「少年少女新伝記文庫」、1955、新版1975
  • 『亭主の月給袋』 新潮社、1956
  • 『文学みちしるべ』 新潮社、1956
  • 『随筆 かじけ猫』 章文社、1957
  • 『藝文おりおり草』 春秋社、1958。平凡社東洋文庫、1992
  • 『女妖啼笑-はるかな女たち』 講談社、1959。講談社文芸文庫、2002
  • 『浮世くずかご』 講談社、1960
  • 『紅豆集』 桃源社、1962
  • 『中国艶ばなし』 文藝春秋新社、1963
  • 『おもちゃの風景』 三月書房、1964
  • 『町恋いの記』 三月書房、1967
  • 『現代交際論 円満な人間関係』 オリオン出版社、1967
  • 『詠物女情』 新潮社、1968
  • 『中国文学十二話』 日本放送出版協会NHKブックス〉、1968。村松暎編、放送講座での遺稿
  • 『故都芳艸』 論創社、1984
  • 『東京暮色』 論創社、1984。須田正一
  • 『玩具の記憶』 論創社、1996。須田正一編
  • 『荷風文学みちしるべ』 岩波現代文庫、2011。近藤信行編 「荷風論」を集成

作品集編集

  • 『現代知性全集7 奥野信太郎集』 日本書房、1958
    • 復刻 『日本人の知性15 奥野信太郎』 学術出版会、2010
  • 『奥野信太郎 著作と回想』(2分冊)、三田文学編、1971。非売品
  • 『奥野信太郎随想全集』(全6巻別巻1) 福武書店、1984。編集委員は佐藤朔ほか
    1. 随筆北京
    2. 随筆東京
    3. はるかな女たち
    4. 文学みちしるべ
    5. 知友回憶
    6. 浮世くずかご
    別巻. 見たもの聞いたもの
  • 『奥野信太郎中国随筆集』 慶應義塾大学出版会、1998。選書判

翻訳編集

編著編集

  • 『三田にひらめく三色旗 慶應義塾90年』 鱒書房、1955
  • 『世界逸話全集』 全4巻 河盛好蔵共編、東京創元社、1958-59
  • 『酒』 春陽堂書店、1958
  • 『女』 春陽堂書店、1958
  • 『東京味覚地図』 河出書房新社、1958
  • 『おんなの有料道路 竹内寿恵対談』 オリオン社出版部、1961
  • 『酒呑み物語』 柴田書店、1963
  • 『東京うまい店二〇〇店』 柴田書店、1963
  • 『式辞挨拶の事典』 集英社、1968

脚注編集

  1. ^ 中嶋繁雄『日本の名家100家 II』p.83。河出文庫
  2. ^ 【写真に見る戦後の義塾】奥野信太郎君を偲ぶ会(2017年1月1日記事)
  3. ^ 野口冨士男 『感触的昭和文壇史』講談社文芸文庫、2017年、401p頁。 
  4. ^ 奥野信太郎年譜藤田祐賢,慶應義塾大学藝文学会, 藝文研究 27号, (1969. 3)