メインメニューを開く

奪取』(だっしゅ)は、真保裕一の長編小説。

東京中日スポーツ』他に『夢の工房』(後に発売する同名のエッセイ集とは異なる)のタイトルで1994年11月7日から1995年8月2日まで連載されたものを加筆訂正・改題し、講談社から1996年8月に単行本として発表された(後に講談社文庫版が上下巻で刊行された)。

友人が作った1260万円の借金を返すため、偽札作りに挑む主人公を描く。

新聞連載版と単行本化されたものとでは、話が変わっている。

受賞編集

あらすじ編集

全3部構成で、各部ごとに主人公の名前が変わっている。

第1部 手塚道郎編編集

手塚道郎、22歳。無職。友人の西嶋雅人がヤクザにはめられ作ってしまった1260万の借金を返済するために、2人は偽札作りに挑む。ATMから紙幣判別機を奪取し、機械にのみ通用する偽札を作りあげるが、その一部始終をヤクザに嗅ぎつかれてしまう。途中で知り合った水田鉱一という老人に道郎は助けられるが、雅人を警察に売る。

第2部 保坂仁史編編集

裏の手段で保坂仁史という名前に変えた道郎は、水田とその知り合いの女子中学生・幸緒に本格的な偽札作りのノウハウを教え込まれる。印刷会社に就職した仁史は偽札作りを進めていくうち、幸緒の印刷会社の乗っ取りや突如消えた水田の消息に、雅人の借金相手のヤクザが関わっていることを知る。ヤクザとの受け渡しの際、水田の救出に失敗する。

第3部 鶴見良輔編編集

再び名前を変えた鶴見良輔こと道郎は、刑期を終えた真鍋宏英こと雅人、大学に進学した幸緒と再会し、ともに帝都銀行と東建興業への復讐を誓い、完璧な偽札を作る。

エピローグ編集

著者の真保裕一を絡めたエピソードが収録されている。