メインメニューを開く

女の勲章』(おんなのくんしょう)は、1961年に発表された山崎豊子による小説。「毎日新聞」に連載された。同年、中央公論社にて単行本が2巻で刊行され、翌年に新装版が刊行された。1962年には同社で文庫化され、1965年には新潮文庫版が全1冊で刊行された(のち、2005年に上下2分冊で再刊された)。

女の勲章
著者 山崎豊子
発行日 1961年
発行元 中央公論社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 336
公式サイト www.shinchosha.co.jp
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

1961年には大映(東京撮影所)製作で映画化された。

1962年と1976年2017年に、いずれもフジテレビ系でテレビドラマ化された。

概要編集

ファッション界を舞台に、服飾デザイナーを目指す大庭式子が虚栄心をもつ3人の女弟子達と欲望をめぐる八代銀四郎との中で、女の生き方を描く。

原作者・山崎豊子の作品としては、初の新聞連載小説である。必ず取材をしてから小説に取り掛かる山崎だが、本作では連載中に体調不良であったため、パリポルトガルの取材に行くことが出来ず、パリの描写は畳2帖大の地図のみで書いたという(実際にパリに出かけた所、町並みの描写が殆ど相違がないくらいだったという)。ただ、初版ではサンタ・マリア僧院では、シトー派修道院であるにも関わらず、ステンドグラスという間違った描写をしてしまったため、加筆、訂正を加えて刊行から翌年に新装版が刊行された。著者の作品で唯一取材をせずに書いた小説である。

参考にしたのは、戦後の関西ファション界を牽引した二人のファッション・デザイナー、上田安子服飾専門学校創設者の上田安子(1906年 - 1996年)と大阪・船場生まれで大阪・東京で店舗展開した近藤年子(1920年 - 2018年)と言われるが、話そのものは創作[1][2]で、山崎は足しげく近藤の元に通い、取材を重ねたという[2]

書籍情報編集

  • 単行本
    • 『女の勲章』上・下(1961年、中央公論社)
    • 『女の勲章(新装版)』上・下(1962年、中央公論社)
  • 文庫
    • 『女の勲章』上・下(1962年、中央公論社)
    • 『女の勲章』(1965年、新潮社)
    • 『女の勲章』上・下(2005年、新潮社)※2冊にまとめたもの。活字が大幅に拡大。
  • 全集
    • 『山崎豊子全作品』第3巻(1985年、新潮社)
    • 『山崎豊子全集』第3巻(2004年、新潮社)

映画編集

女の勲章
監督 吉村公三郎
脚本 新藤兼人
製作 永田雅一
出演者 京マチ子
若尾文子
音楽 池野成
撮影 小原譲治
編集 鈴木東陽
製作会社 大映
配給 大映
公開   1961年6月28日
上映時間 110分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト編集

スタッフ編集

テレビドラマ編集

1962年版編集

1962年4月4日から8月29日の毎週水曜20時30分 - 21時に、フジテレビ系にて放送された。日清紡績(現:日清紡ホールディングス)一社提供。歴代では唯一、在阪準キー局関西テレビが制作している。

キャスト(1962年版)編集

スタッフ(1962年版)編集


フジテレビ 水曜20時台後半枠
前番組 番組名 次番組
ザ・ヒットパレード
【30分繰上げ】
女の勲章
【当番組のみ関西テレビ制作】
クライム13
(20:00 - 21:00)

1976年版編集

1976年8月4日から12月1日水曜ドラマシリーズ枠で、1962年版と同じくフジテレビにて放送された。全18回。

キャスト(1976年版)編集

スタッフ(1976年版)編集

  • 脚本:鈴木尚之
  • 演出:大野木直之、河村雄太郎


フジテレビ 水曜ドラマシリーズ
前番組 番組名 次番組
女の勲章

2017年版編集

女の勲章
ジャンル テレビドラマ
原作 山崎豊子
脚本 浅野妙子
演出 西浦正記
出演者 松嶋菜々子
玉木宏
ミムラ
相武紗季
木南晴夏
駿河太郎
江波杏子
小澤征悦
浅野ゆう子
長塚京三
プロデューサー 太田大
中山ケイ子
制作 フジテレビ
放送
音声形式 解説放送
放送国・地域   日本
公式サイト
第1夜
放送期間 2017年4月15日
放送時間 土曜日 21:00 - 23:25
放送枠 土曜プレミアム
放送分 145分
回数 1
第2夜
放送期間 2017年4月16日
放送時間 日曜日 21:00 - 23:24
放送分 144分
回数 1
テンプレートを表示

2017年4月15・16日にフジテレビ系でスペシャルドラマとして2夜連続放送された(第1夜は『土曜プレミアム』枠を15分後拡大して放送された)。主演は松嶋菜々子[3]。視聴率は第1夜に8.1%、第2夜に6.2%をそれぞれ記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[4]

キャスト(2017年版)編集

スタッフ(2017年版)編集

脚注編集

外部リンク編集