女の暦』(おんなのこよみ)は、壺井栄の短編集『暦』をもとに、1954年に公開された久松静児監督の日本映画である[1]

女の暦
Onna no Koyomi
監督 久松静児
脚本 井手俊郎
中河百々代
原作 壺井栄 短編集『暦』
出演者 田中絹代
音楽 斎藤一郎
撮影 鈴木博
製作会社 新東宝[1]
配給 新東宝[1]
公開 日本の旗1954年6月8日[1]
上映時間 100分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

第8回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で上映された。[2][3]

あらすじ編集

小豆島に日向家の末娘クニ子と実枝の姉妹が住んでいる[1]

両親は数年前に亡くなり、十人の兄姉も女ばかり五人に減ってしまった[1]

姉のミチ(長女)、カヤノ(次女)、高子(五女)は結婚し、現在はそれぞれ広島、大阪、東京で暮らしている[1]

家族の法事で三人の姉が小豆島に帰ってきた[1]

スタッフ編集

以下のスタッフ名等はKINENOTEに従った[1]

  • 監督 - 久松静児
  • 脚色 - 井手俊郎、中河百々代
  • 原作 - 壷井栄 短編集『暦』
  • 製作 - 坂上静翁
  • 撮影 - 鈴木博
  • 美術 - 下河原友雄
  • 音楽 - 斎藤一郎
  • 録音 - 片岡造
  • 照明 - 小山正治

キャスト編集

以下の出演者名と役名はKINENOTEに従った[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k kinenote.
  2. ^ Festival de Cannes: Onna no Koyomi”. festival-cannes.com. 2021年12月22日閲覧。
  3. ^ Onna no koyomi - Awards”. IMDb. 2021年12月22日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集